RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Destiny's Child「Destiny Fulfilled」
desfulls.jpg


Destiny's Childの通算四作目にして最後のアルバムとなった『Destiny Fulfilled』を御紹介。全員がソロアルバムを順調に発表、もしかしたら解散するのではと危惧していましたが、やはり解散してしまいました(涙)。しかし全員が納得しての離別だそうでわだかまりは無い模様、本当に良かった(安心)。Destiny's Child最後の一枚、しかと堪能あれ。
それでは気になるラストアルバムの内容を湿っぽく……は紹介しませんが、これが解散を功を奏したといいますか、(Beyonce以外の)それぞれのメンバーのパートが均等に振り割られた初めてのアルバムとなっています。あと殆ど全曲の製作にBeyonceが関わっているのも注目すべき点、以降はBeyonceを省いたProducer紹介となっていますので御了承を。まずは先行シングルとなった激走息切れ曲「Lose My Breath 」、製作はここ最近でまた息を吹き返したRodney "Darkchild" Jerkins(ソングライティングでSean Garrett、Shawn Carter(Jay-Z)が参加)で御座います。打楽器鳴り回す吐息混じりのこの曲は素晴らしい仕上がり、威風堂々の幕開けですね。続いてはRich Harrisonが製作を担当したサウスなドロっとしたビートが先鋭的な「Soldier」、ゲストにはT.I.とLil Wayneとこれまた南部の実力者二人を招集、これ以上の戦士はいないでしょう(最強)。Rich Harrisonがこういう曲を作るのも意外、Destiny's Child三人のクールな歌い回しもカッコイイし、T.I..の余裕たっぷりのラップもLil Wayneの爬虫類ラップもガッチリ嵌っててグッド。Rodney JerkinsとRic Rudeが共同制作した「Cater 2 U」のキラキラ眩しい美しさといったら溜息が出るばかり、彼への献身的な愛を悩ましく歌い上げる三人がちょっとエロくも感じる悶絶バラード(失神)。「T-Shirt」はAndre HarrisとVidal Davisが製作を担当した官能的なバラード、ふわふわと柔らかいトラック上を囁く様に歌い上げる一曲。「Is She The Reason 」は9th WonderがMelba Moore「I Don't Know No One Else To Turn To」を下敷きにしたこれまたバラード、懐古的な古きソウルを感じさせるトラックは9th Wonderならではの出来栄え。続いても9th WonderがThe Dramatics「Ocean Of Thoughts And Dreams」をサンプリングした「Girl」、女友達に彼氏の事を忠告するという形式もDestiny's Childの三人が本当に話しているみたいで面白い、このトラックもそのままHip Hopに使えそうなメロウ曲で素敵です。「Bad Habit」はBryan-Michael CoxとKendrick Deanによる共同制作、Bryan-Michael Cox毎度の流麗ピアノは出ませんがそれでも素晴らしい、なんというかどこかあっさりなオーケストラっぽい生音の運びがたまらなく心地良いんです。「If」は最近名前を見ない気がするRockwilderが製作を担当、これまたなんとも優しい甘美な天使曲はNatalie Cole「Inseparable」を下敷きにしたメロウ、全員のコーラスワークを今まで以上に感じ取る事が出来ます。続いてもRockwilderが製作を担当した「Free」、Donald Byrd「Night Whistler」をサンプリングした爽快な風吹き抜けるトラック、Rockwilderってこういう曲も作るんですね。「I'm Through With Love」はBad Boy Recordsの美メロ師ことMario Winansが製作を担当、ピアノ鍵盤音にドカドカとバスが絡むシリアスで力強く、ドラマチックな曲展開は流石はMario Winansといった感じ(感嘆)。Michelle Williamsの実兄であるErron Williamsが製作した「Love」もなかなか秀逸で驚き、これは普通にポテンシャル高いです。あとは国内盤にボーナストラックとして、Rodney Jerkins製作のパーカッション鳴るナイスミッド「Gots My Own」、9th Wonder製作のこもった音が素晴らしく色っぽくて滑らかな「Game Over」、Paul "pda" AllenとJ Mossが製作を担当した「Why You Actin'」の三曲が収録されています。どれも絶対に聴き逃すのは勿体無い、国内盤を購入する事をお薦めします。

珠玉のバラードを集めた完全なスロウアルバムに仕上がっていまして、アッパー系統を期待した方には物足らなかったかもしれませんね。でも僕はこのアルバムかなり好きです、これがDestiny's Childの三人としての実力なんだと知れて、凄く感動したし嬉しかったです。本作はBeyonceがきちんとKelly RowlandとMichelle Williamsにも焦点を当て、きちんと全員の魅力を伝えていました。そうなるとやはりこういうバラードチックなものばかりに自然となったんでしょうね、納得です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment