RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Theophilus London「Timez Are Weird These Days」
Timez Are Weird These Days

Trinidad生まれでN.Y.はBrooklyn育ちの新鋭(MCでありソングライターでもあるらしい)、Theophilus London『Timez Are Weird These Days』を御紹介。“シンセ・ポップやニューウェーブから派生したチルウェイヴっぽいサウンド......”みたいな記述をどこかで読みましたが、僕はそんなに音楽への造形が深い訳ではないので、そういったジャンルレスな音楽スタイルを提示しているTheophilus London。僕が驚いたのはまずこのジャケット、まるで昔のソウルレコードみたいな色彩とデザインと、Theophilus Londonのこのレトロさ香る懐かしそうな格好(ファッションアイコンとしても注目を集めているらしい)。音楽通の中では結構話題になっていたというTheophilus London、僕は本作を手に取るまでは知りませんでした。ちょっと調べてみたけれど年齢が分からない、若いMCだとは思うんですが違うのかな、詳細不明で御座います(謝罪)。
それでは簡単にですが内容をさらっと・・・・・・まずはあのJohn Hillが制作を担当している「Last Name London」が幕開け、このJohn Hill制作というだけでも彼のジャンルレスな嗜好が伺えますね。この曲はダークでソリッドな電子音のザクザクした斬れ味鋭いサウンドに、バックで絶えず鳴るゴーストっぽいコーラスが無性に心臓の鼓動を早めるダンスアッパー。Theophilus Londonのノンストップで煽るラップもなかなか斬れててグッド、ちょっとRun DMCっぽいノリかなと僕なんかは感じたり。続いてもJohn Hillが制作を担当した「Love Is Real」はHolly Mirandaなる女性シンガーが客演参加、これもまた眩過ぎる程の電光石火なシンセが派手に明滅するディスコ風味のアッパーで聴いているだけでノッてしまう(踊)。Thephilus Londonのクールに斜に構えたフロウと対照的に、フックでの裏声でシャウトする感じの跳ねた歌い口も面白くてカッコイイ。「Wine And Chocolate」ではTV on the RadioのDavid Andrew Sitekが制作を担当、硬質でドタドタと鳴らすドラムスパターンに、ピコポコと無機質なシンセを絡ませる事で不思議なファンタジーを繰り広げるロック風味の一曲。ここでのいなたくべったり歌うTheophilus LondonにちょっぴりKid Cudiの面影を感じてしまう僕、Kid Cudiもロック音楽との融合が盛んなので仕方ないのかな、でもTheophilus Londonのこの歌いながらフロウを吐き出すスタイルも凄く格好良いしオリジナリティ溢れてて好き。これだけエレクトロ色を爆発させながらもどこかブルースさえ感じる、そんなTheophilus Londonのスモーキーなヴォーカルが好きです。Jockoなる人物が制作の「All Around The World」はまたザクザクと奏でるロカビリーなギター弦に、ビカビカとアニメチックなライティングシンセが閃光するアッパーで、フックでのTheophilus Londonの突き抜けた歌声に思わずハイになって踊り跳ねてしまうAndre 3000も驚きのゴチャゴチャ感です(誉)。Ariel Rechtshaidが制作を担当した「Why And Try」はもはや反則技、The Notorious B.I.G.のクラシック「Juciy」と同ネタ使い(つまりはMtume's「Juicy Fruit」使い)のメロウチューンに思わず骨抜き。しかしネタは同じながら巧くエレクトロとレトロを混ぜ込んだTheophilus London仕様になっていてオシャレでライト、TheophilusLondonの甘く優しげなフロウもナイススムースですし、客演のSara Quinも可愛く滑らかな歌声で華を添えていて素敵です。同じくAriel Rechtshaidが制作を担当した「Stop It」は、歪んだゴーストホラーチックな電子音を段階的に下げてゆくエッヂーな一曲で、捻れたダークサイドを彷徨う様なミステリアスなダンスチューン。Jockoが制作の「Girls Girls $」も電子音を連打するテクノとクラブとポップを継ぎ接ぎした様な遊び心溢れるアッパー、とにかくオモチャで遊ぶ様に縦横無尽に溢れ返るシンセの波を器用に泳ぎ抜けるTheophilus Londonがクール、これだけ様々な要素を織り交ぜてもこれがHip Hopとして成立しているのは彼の力量かと思います(推定)。引き続きJockoが制作の「One Last Time」ではヴォーカルエフェクトを多用しながらも、スッキリと爽やかでクリアなテイストを楽しめる青空系のポップソングになっていてやはり面白い、フックで伸び伸びと気持ち良さそうに歌い上げてしまっているTheophilus Londonが憎めないです(微笑)。再びDavid Andrew Sitekが制作を担当した「Lighthouse」は思い切りロックしちゃっていますね、しかもラップ無しでガンガン大空に向かって高らかとソウルフルに歌い上げてしまっています(痛快)。ただこういうラフに歌うTheophilus Londonもすごく魅力的で輝いている、このままロックアルバム作っても違和感がないぐらいイケています。最後を締め括るのはJockoが制作を担当した「Stand Alone」、これはもうエレキなビートとメロディに乗って真っ直ぐ激走するアッパーで最高にホット、このレトロさを感じさせるメロディに安心感も覚えつつ、陽気に軽快にツイストしながらステップ踏んでしまうノリノリな一曲は、OutKastも驚きのビート感覚かも。

おおー、やはり新感覚なHip Hopという感じですね、最近は本当にボーダーレスに世界が広がっています(脅威)。最近は本.........っ当にエレクトロとBlack Musicが融合しまくり、ここまでエレクトロが蔓延していると僕はもはや飽きているのも事実でして。そういう意味ではこのTheophilus Londonもエレクトロ配分が多めなので疲れるかと思いきや、彼のエレクトロは全く嫌になりません(踊)。エレクトロなんだけれどロックやダンスやポップをごちゃ混ぜにした最高に痺れる音楽のオモチャ箱、とにかくハイテンションなのにクールでファッショナブル、キレていますね(斬新)。エレクトロしているけれどレトロで懐かしいメロディが好印象、たまらなく素敵でした。Kid Cudi好きならきっとハマってしまう事間違いないです、それが真似だとかいう意味ではなくてです。Theophilus Londonの粋な音楽センス、僕は結構サックリと楽しめました(太鼓判)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment