RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Curren$y「Weekend At Burnie's」
2af2306a.jpeg

南部はNew Orleans出身(一時期No Limit Recordsに在籍していた経緯あり)の新世代MC、Curren$yの通算五作目となる『Weekend At Burnie's』を御紹介。数多く素晴らしい若手が発掘されている(いやむしろ自分から発信している)昨今、しかし皆なかなかメジャー契約はしないので、そうそう公式リリースは無いというのも実状。そんな中でもCurren$yはメジャー契約して公式リリースを順調に重ねています(MixTapeもきっちりこなしている)、しかも本作は大手のWarner Bros.からのリリース。前作や前々作と同様に本作もイラストのジャケット、これがまたCurren$yの魅力全開で大好きです。
それでは内容を御紹介しましょうね・・・・・・まずは本作から先行カットさえていた「#jetsgo」で幕開け、もうこの曲からして一気に昇天してしまう事確実。Rahkiなる人物が制作したこのユラユラメロメロなスムージーなトラックが最高、Curren$yのとろーりほんのり甘いバターの様なヴォーカルにピッタリ合っています。トラックもキラキラ煌めくシンセを舞わせたドリーミーなもので、聴いていて徐々にハイになってしまうまろやかさ。Monsta Beatz制作の「Still」はTrademarkとYoung Roddyが客演参加、キーーーンと耳をつんざめく金切り音がトラックのクールさと鋭利さを光らせているシリアスめな一曲。そのキーーーン音に淡々とキックするビートとベース弦という構成が渋い、三者三様のマイクリレーもすごくキマっていて全員がカッコイイです(迷)。「She Don't Want A Man」はMonsta Beatzが制作を担当、ここではちょっぴりダークに底辺をゆったり流れる様な濁ったシンセが渦巻くトラック。まるで曇天の空をゆったりプカプカ浮いて進む飛行船の様なCurren$yのラップが最高にイル、Curren$yのこの声質だけで僕は鼓膜をガッチリ掴まれて離れられなくなります(虜)。Monsta Beatz制作の「One Life」は低音で響くオルガンの様なメロディラインがヘヴィーで危険な殺伐チューン、暗闇で眼だけ光らせてこちらを見ている様なCurren$yのまったり絡み付くフロウが病的に耳に残ります(褒言葉)。とろとろにまどろんだホーン音が流れてトラックを艶やかにコーティングする「You See It」はMonsta Beatz制作、このホーンループがすごくまどろんだ幻想的な雰囲気を醸し出していて、煙たく燻るCurren$yのフロウをよりハイにしています(失神寸前)。しかしここまで書いて気付きましたが、本作ではあのSki BeatzではなくMonsta Beatzがほぼ全曲を制作していますね(驚)。ここから触れる楽曲も全てMonsta Beatzが制作の模様(詳しいクレジットが無いのできっとそう)、このMonsta Beatzがやっぱり良い仕事していまして。「Televised」ではCurren$yと同等度の注目を浴びる若手Fiendが客演参加、これまたとろりと柔らかくてしなやかなシンセサウンドが靄の様に漂うドリーミーさで、聴いてる内に心地良くなって骨抜きにされてしまいます(脱力)。Curren$yは勿論あのバター声で素敵ですし、Fiendのあのバリトン声での落ち着き払った穏やかフロウも最高にホットで素敵過ぎます。ピアノ鍵盤のキラキラしたスキップする様に跳ねるメロディがキュートな「This Is The Life」、ここではThe Neptunesっっぽいオシャレでハイセンスなメロウシンセが炸裂、フックでの伸びやかなハイヴォーカル(Curren$yではない?)がまた華やか且つドリーミーですごく病み付きになってしまう(溺愛)。ピコポコな電気信号音で宇宙船の中にいるような感覚に陥る「On G's」はYoung RoddyとTrademarkが客演、昔のTLC曲を思い出させるすーっと静かに浸透するシンセサイザーが神秘的で魅力的。「Money Machine」では流麗なピアノ旋律と刺激的なパーカッションとがしっとりと絡み合うミッド、とめどなく溢れ出す様なCurren$yの言葉が心臓にずんずんと沁みてくる一曲でやはり神懸かり的な格好良さ。その肌触りの良さがたまらなく美しいシルキーメロウ「What's What」も、The Neptunesっぽ過ぎる電子鍵盤を鳴らしたプカプカ水平スロウ「JLC」も二分弱の短い曲ながら驚きの満足感をもたらしてくれるんだから凄い(不思議)。最後を締め括るのはYoung RoddyとTrademarkが客演の「Get Paid」、まろやかなシンセを溶けさせながらも癖のあるビートでちょっぴり毒っぽい刺激も生み出す辺りが憎い演出。フックでのCurren$yの“ぺーーい♪げっぺーーい♪”もすごく耳に残る、このまとわりつくようなまろやかさが僕のツボ。

とにかくしっかりとした一枚で、Curren$yの魅力が120%発揮されています(太鼓判)。Ski Beatzの不在はやはり悲しかったですが、それでもMonsta Beatzが創り上げるまどろんだ妖しくも濃厚でドリーミーな電子サウンドが心地良く、物凄く良い仕事していました(賞賛)。曲数こそ少ないEP盤っぽい作りですが、客演も極力抑えてあって聴き易さ(没頭し易さ)抜群で芯のある一枚でした(美味)。Wiz Khalifaがちょっと予想と違っていて落胆しましたが(それでも最近は結構聴いていますが)、Curren$yはいつも通りのプカプカ飛行船サウンドで楽しませてくれて安心。2011年のRap盤の中でもかなり重要だと思います、Curren$yが僕はとにかく好きですね(溺愛)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment