RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chipmunk「Transition」
chipmunktransition.jpeg

英国はLondon出身の弱冠二十歳、Chipmunkの通算二作目となる『Transition』を御紹介。"Chipmunk"とはリスの事(それさえ僕は知らなかった)、それだけあってリス顔があまりに特徴的なChipmunk。英国では人気のあるMCの様で、彼の1st『I Am Chipmunk』は全英アルバムチャートにおいて第二位という好成績を記録しているみたい。僕はChipmunkを知らないし、そんな注目もしていなかったんですが、このジャケットはなかなかイカしているしUSアーティストも結構参加しているので、さらりと購入してみました。
簡単にですが内容を確認してゆくと・・・・・・本作は大半の楽曲をHarmonyことH-Moneyが手掛けています、こういう風に一人のProducerが大幅に任されるのは出来を大きく左右しますね。そんなHarmonyの制作した曲から触れます、まずは表題曲でもある「Transition」で幕開け。オルガンっぽい埃っぽい鍵盤音をグラグラと揺らして鳴らすトラックは結構太めにボトムス、でもChipmunkはちょっとネチッと甲高い声で(でもなかなかシャープ)良い対比を成しています。Eric Bを客演に迎えた「Follow My Lead」も部族っぽいドタドタビートを力強く打ち鳴らすビート先行型なアッパーで、Eric Bの舐め上げる様なヴォーカルも相俟ってすごくハードで攻撃的な原住民族トラックに。ピコポコな電子音が絶えず上下する「Flying High」もすごくトラディショナルな作りで骨太なビートと合いの手が部族の祭りっぽい、そんな中で淡々と突き進めるChipmunkのラップもなかなか。「Champion」はあのChris Brownが客演参加、ピアノの悲しげでマイナーなメロディが敷かれたこの曲はドラマチック、フックで歌うChris Brownも良いですが彼はラップも披露していて、これがなかなか巧くてChipmunkを喰う勢い(笑)。冒頭のキュンキュンと響きかせるストリングスが滑らかな「In The Air」ではKeri Hilsonが客演参加、しかしトラックはバキバキにへし折るロックなブリッジで構成されていてカッコイイ。ChipmunkとKeri Hilsonの二人がきっちり場面分けされていて分かり易い、これだけメリハリ効かせるとマンネリしなくて良い。「White Lies」にはDiddy Dirty MoneyのKalennaが参加、ぼかされたメロウなライティングのシンセがエコー気味に点滅しながら疾走するスピードチューンは華やか。シンセチューンながらもきちっと尖ったビートが全体を骨組みしていてタイト、Kalennaもキュートな声していますね。「Take Off」ではなんとあのTrey Songzが客演参加、ちょっぴりTimbaland風味(いや、Danja風味か)のグドグドと重たくドロっとしたストリングス&シンセが絡み付くドラマチックな一曲。やっぱりTrey Songzのヴォーカルが効いていて、だからこそここだけ思い切り甘いスロウを配しても良かったかも(惜)。Wretch 32なる男性MCが参加した「Armageddon」もずっしりと重たい鉄鋼ビートでハードに攻める、リス顔なのにビートとラップは結構タフで淡々とクールな印象で驚き。「Picture Me」ではAce Youngなる男性シンガーが参加、Ace Youngのまったりとレイドバックしたいなたいヴォーカルがすごく良い味出していますね(賛辞)。ここまでがHarmony制作曲で、あと数曲は他のProducerが担当。「Then And Now」はDreadyが制作、シリアスでクールなメロディで変則的なクラップが効いています。あのMavadoを客演に迎えた「Every Gyal」もDready制作曲、これはちょっぴり宇宙チックな光線シンセの中をスイスイ遊泳しながらも、Mavadoのダラダラと濃くて男臭いタフなヴォーカルが重力を生み出す面白い一曲。最後を締め括る「Play For Me」はElliott "E-Man" FyffeとClaybeatが共同制作、メタリックで鋭利なシンセビートはなかなかクールで好きです。

まったく期待していなかったんですが、僕は好きでしたね(褒)。意外と正統派なMCで淡々と押してくるラップが好印象、変に歌ったりヴォーカルエフェクトに頼ったりせず、あくまで直球勝負だったのは天晴れかなと。全体的にシンセ基本のシャープな攻め姿勢だったので、何曲かは違ったテイストを混ぜ込むともっと面白かったかもしれません、そういう意味では一辺倒だったかもしれません。でも思ったより悪くはない、聴いてみて損は無いです、若者にはお薦めかも。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment