RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jagged Edge「The Remedy」
The Remedy

Jermaine Dupriが送り出し多くのヒット曲を放った実力派ヴォーカルグループ、Jagged Edgeの通算七作目となる『The Remedy』を御紹介。男性に限らずR&Bヴォーカルグループ不遇の時代、氷河期がもうここずっと長い間続いていますね(嘆)。そんな中でもコンスタントに作品をドロップ出来ている(唯一の?)ヴォーカルグループが彼らJagged Edge(以降はJ.E.と表記)、一時はJermaine Dupriの元を離れるも地道に活動を続けた彼ら、本作は新天地となるSlip-N-Slide Recordsからのリリースに。この新天地はちょっと意外、Slip-N-Slide RecordsはどちらかといううとRapアーティストに強い印象だったので。このちょっとチープなジャケットがSlip-N-Slideっぽい気がしますね、彼らにはもうちょっとスタイリッシュなジャケットを期待してしまうのですが。とは言いつつも黒地に赤のみ浮き上がらせるこのスタイル、嫌いではないですが(笑)。
それでは簡単に内容を紹介しますと・・・・・・しかし冒頭のピアノ鍵盤を撫でる「Intro」でもう涙腺が緩む、このスベスベとした絹の様なメロディはJ.E.の真骨頂で聴いた途端に鳥肌が立った。そんなイントロに続いてBrandon CaseyとBrian CaseyのCasey双子(言わずもがな、J.E.のリードヴォーカルを執るのがこの兄弟)が制作を担当した「Love On You」、これもキラキラと優しく輝くピアノ旋律にちょっぴりスペイシーで繊細なシンセメロディがするりと絡む滑らかな美曲でウットリ。この伸びやかで柔らかなリフレインフックがすごく色っぽくて、聴きながら思わず身を捩ってしまう。本作から先行カットされたのが「Baby」、制作はCasey兄弟でサンプリングにあのThe Notorious B.I.G.「Juicy」と同ネタを使用した話題の一曲。これはもう原曲の持つトロピカルでライトでキラキラ輝く爽快なメロディがバッチリJ.E.のハーモニーと溶け合っていてグッド、しっとりとムーディーなスロウを歌うJ.E.も勿論好きですが、こういうジゴロに流すドライビンなアップを歌うJ.E.もモロに好みで御座います。そっと触れないとひび割れてしまいそうなアコースティックギターのメロディが胸をキュッと締め付ける「Flow Through My Veins」、制作はJim Jonsinが担当。この曲はすごく温かくてふんわりとしたメロディが緩やかでドリーミー、J.E.のハーモニーもそっと見つめ見守る様な優美で大らかな仕上がりで、ゆっくりと胸の奥底に流れ沁みる一曲。Casey兄弟とDerrick Bakerが共同制作した「My Girl」は、ちょっとザワザワと微振動を起こす宇宙チックなシンセのさざ波メロディに、ひらりと裏返すJ.E.の軽妙なファルセットフックが浸透する一曲。ぐっとこらえる情感が溢れ出してしまう切な過ぎるピアノバラード「I Need A Woman」はLamb制作、これはもう上品でちょっと寂しげな細いピアノ旋律に、そっと寄り添う様なJ.E.の色香たっぷりなハーモニーがすごく胸を打つ、なんというか男の哀愁みたいなものが滲んでいて泣かずにはいられない(涙零)。Bigg Dが制作(Co制作をBrass Knuckles)であのRick Rossが客演参加したカラフルシンセが跳ねるアップ「Lipstick」、単調なんだけれどこの煌めく色彩豊かなシンセの跳ね方がキュート。グロッシーな輝きを放っていて思わずステップ踏んでしまうオシャレチューン、これならRick RossでなくとももっとライトなMCを配しても良かったかも(Fabolousなんかどうだろう)。ほんのちょっぴりエフェクトかけたヴォーカルも含め宇宙船な「Space Ship」はCasey兄弟が制作、といってもそこまでサイケでもなくプカプカとゆっくり進むシンセメロディが心地良いスロウという仕上がり。「Lay You Down」ははなんと久々にCool & Dreが制作を担当(個人的に好きなProducerなので嬉しい)、Cool & Dreらしい非常にスマートでクールな打ち込みサウンドに鼓動っぽいビートのアクセントが効いたミッド。決して派手さも新鮮味もないけれどJ.E.との相性は良いと思う、このスーッと静かに滑走するメロディは嫌いじゃない。じっとりとした吐息の様な膨らみを持つシンセが艶やかで美しい「Let's Make Love」はCasey兄弟が制作を担当、とにかくこういう大人の落ち着きと都会派なスマート美曲はJ.E.のトレードマークとも言うべきトラックで安心して聴き入ってしまいます(大好物)。ちょっぴりエコーのかかったどこか異空間を漂う様なハーモニーフックが病み付きの「When The Bed Shakes」はファンタスジーテイストな色気が充満している、制作はGorilla Tekが担当しています。これはちょっと不思議な感触のシンセ使いで、こういう女性の身体みたいに美しい曲線的なメロディはJ.E.の十八番で骨抜きになってしまう事間違いなし(溺愛)。最後を飾るのはCasey兄弟が制作を担当した「Mr.Wrong」、Casey兄弟がどちらかというと大人のコクや深みのあるしっとりと艶のあるメロディを書く印象が強いけれど、こういうスッキリと透き通るクリアなメロディも書けるんだから素敵過ぎる(賞賛)。どこかThe-DreamやNe-Yoに似た爽やかさだけど、そこにJ.E.の壮大かつ絶妙な神懸かりハーモニーが紡がれることで、彼ららしいオリジナリティが広がる失恋曲に仕上がっています(刹那)。最後を飾るこの曲が一番好きかもしれない、男なんて間違いだらけの生き物なんだ(同感)。

素敵、やっぱりJagged Edgeが大好きです(愛)。やはりヴォーカルグループというのはR&Bには絶対的に必要な要素だと痛感しました、もっと多くのグループに登場してもらってシーンを盛り上げて欲しいです。昔の作品はもうちょっとアップが多かったですが、最近はそんなアップは入れずにスロウを中心に仕上げていて、本作もほぼスロウで固めた珠玉の一枚になっています。この点ではアップがなくて物足らないなんて方もいるかもしれませんが、僕は充分過ぎるぐらいに満足しています(断言)。Casey兄弟のソングライト能力もすごく高いですよね、だからこそ自分達でやりたい音楽をずっと出来ているのかもしれません(支配権)。オシャレでスマートなスロウが好きな紳士淑女の皆様にお勧めしたい、スマートな一枚でたいへん美味でした(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment