RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nas「Stillmatic」
nastills.jpg


Nas起死回生の通算五作目となる『Stillmatic』を御紹介。今もなお語り継がれる最高水準のBeefといえば、やはりJay-ZとNasのBeef以外に無いですよね(決定)。このBeefは二人のMCとしての魅力を最大限まで惹き出しましたし、その結果両者ともセールス的にも大成功、特にNasにとっては傑作『Illmatic』以来の賞賛を浴びた一枚となります(Beef自体もラジオの公開投票で僅差でNasが勝利)。そしてなによりも誰の血も流れなかったというのが凄く印象的、完全なるRap対決に痺れました。
そんなHip Hopの歴史に名を残す一枚なんですが……まずはHangman 3製作のシリアスながらもキラ光りする「Stillmatic(Intro)」で幕開け、二分程度のIntroで一気にNas世界に嵌ります。そして早くもけたたましい銃声と共に“F**k Jay-Z”のフレーズが入り込むディス曲「Ether」の登場、製作はRon Browzによるもの。ここでのNasは確かに冴えてましたね、Jay-ZがNasと同郷のMobb Deepを槍玉にあげたお返しに、NasはJay-Z率いるRoc-A-Fellaの面々を巻き込んだディスを展開、シンプルに殺伐と鳴る電子音にNasの冷静なラップが映える傑作、レベル高過ぎます(圧巻)。続いては音の鳴りが派手でちょっとNasっぽくない「Got Ur Self A...」、製作はMegahertzが担当でAlabama 3「Woke Up This Morning」をサンプリング、この曲もNas曲の中では好きな一曲。タイトル通りに煙たい空気が流れる「Smokin'」はNas製作、こういう仄暗い(良い意味で)トラックに乗せるNasの真面目ラップはやはり絶品で素敵。旧知の仲であるLarge Professor製作の「You're Da Man」も美しさのなかに悲しさが同居するトラックで素晴らしい、やはり互いを知り尽くしてます。続いてもLarge Professor製作の「Rewind」はT La Rock「It's Yours」をサンプリング、うん良い。そしてNas曲の中でもかなり人気が高いのが“俺に必要なのは一本のマイクだけ”と吐き捨てるNas製作の「One Mic」、静と動が入り乱れるドラマチックなトラックも思わず息を飲む程の格好良さだし、Nasの気迫溢れるMC魂燃やす詞ももう鳥肌モノの格好良さ、こういうMCはもうそうそう居ないですよね、国宝モノですよ。「2nd Childhood」はDJ Premier製作曲、Peabo Bryson「Born To Love」をネタ使いしたスクラッチと埃っぽいソウルトラックが粋な流石の一曲。L.E.S.とStaffの共同製作曲「Flyest」では盟友Azが参加、この二人も相性抜群でAzの結構高音なラップも個人的には好きです。Track Masters製作のいかにも彼ららしいキャッチーな大ネタ使いのR&Bチック曲、「Rule」はTears For Fears「Everybody Wants To Rule The World」が元ネタ。これはもはや反則ではと思うほどの堂々ネタ使いには脱帽、清涼感溢れるエモーショナルなトラックに若きAmerieの歌声を乗せている辺りもなかなか憎い演出、Amerieの歌声が恐ろしい程に似合ってますから。いつも燻し銀なトラックメイクで魅せてくれるSalaam "The Chameleon" Remi製作の「What Goes Around」も独特の雰囲気を醸し出す中毒性の高い一曲。これらに加えて国内盤には、「Every Ghetto」「No Idea's Original」「Everybody's Crazy」「Black Zombies」とどれも聴き逃せないトラックばかりが収録されています。

これぞNasといった楽曲ばかりで、派手さはなくとも燻し銀な格好良さが充分に現れた快作となっております。Jay-Z「Takeover」とNas「Ether」は絶……ッ対に聴いておくべきです、後悔します。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment