RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Random Axe「Random Axe」
random_axe-588x588.jpeg

Guilty Simpson、Sean Price、Black Milkという通の唸る面々で結成された、とにかく濃いスーパーユニットRandom Axeのデビュー盤『Random Axe』を御紹介。Detroit出身のGuilty SimpsonとBlack Milk、N.Y.はBrooklyn出身のSean Price、いずれもアンダーグランドで名を馳せる兵ばかり(垂涎)。そんな彼らが一堂に集結、決起場所に選んだのはDuck Down Music、ここ最近は通なMCの作品を立て続けにドロップするかなり粋なレーベルで御座います(天晴)。僕はメジャー系を聴く事の方が断然多いので、彼らは名前を知るばかりでそんな親近感もなかったのですが、この面々を一度に楽しめる“一粒で三度美味しい”なこのアルバムの発売をすごく楽しみにしていました。
それでは簡単にですが内容に触れますと・・・・・・まず本作で重要なのはあのBlack Milkが全曲の制作を担当している点、これだけでも一聴に値する事必至で御座います。まず冒頭を飾るインスト「Zoo Drugs」からしてヤバい、このズルズルでザクザクした荒涼ビートで鳥肌立ちます。続く「Random Call」は雅楽っぽい緩やかなアジアン風メロディに、ドカドカとどぎつくキックするドラムスビートがタフで荒い一曲。Guilty SimpsonとSean Priceの二人が野太く重たいフロウを聴かせるので激似合う、暗く霞んだ路地裏で眼をぎらつかせながら撃ち放つラップが刺激的。「Black Ops」はFat Rayが客演参加、これも少し曇った重たく圧し掛かる様な太鼓ビートが骨太で容赦無し。いたぶる様な二人のラップは極めてハード、この二人だからこそこの飾り気のないシンプルなビートが余計に映えます。「Chewbacca」にはRoc Marcianoが客演参加、シャアのかかった様に不思議なヴェールのかかった電子音の煌めき音がサラサラ流れるちょっぴりコスモチックな一曲。本作からの先行シングルとなったのが「The Hex」、この黒煙巻き上げる様なデンジャラスでピリピリした殺伐メロディがたまらなく恐ろしい、淡々とラップするRandom Axeは正に手当たり次第に振り下ろす斧(剣ではないのだ、やはり斧という形容が正しい)さながらの破壊力ですね(危険)。ガチガチに固いドラムスパターンをバックに従えて突き進む軍隊的な「Understand This」も野郎の臭いプンプンなハードコアチューン、途中から聴こえて来るグワグワ鳴る不気味な電子音も面白くて耳になんだかこびり付く。墓場はゆらゆら彷徨う霊魂の様なシンセメロディがモンスターチックな「Everybody Nobody Somebody」も、全てをへし折る様なタフで力任せな太鼓ビートがドスドスと鼓膜を叩くハードな一曲で痺れてしまう。Melanie RutherfordとDanny Brownが客演参加した「Jahphy Joe」はドラムスビートこそ荒れ果てたストリートの香り漂う東海岸なビートながらも、ピュイーンピューンと上下し捻れるあの電子音は昔の西海岸を思わせるメロディだったりして。滑らかでちょっぴり幻想的なメロディが流れる「The Karate Kid」も、昔のソウルレコードをぶつ切りにしてループさせた様な継ぎ接ぎ感がたまらない「Never Back Down」も、一分ちょっとの短い曲ながらすごく存在感があってこの尺にするのは惜しい。毒々しいループにどんどん堕落してゆく不思議なマーブルメロディが病み付きになる「Monster Babies」、ちょっぴりJazzyな鍵盤音をあしらったブルージーな「Shirley C」(Fatt Father客演)、なんとなく寺院にこもって読経している様なヘンテコなメロディが面白い「Another One」(Trick TrickとRock客演)、スクラッチに短いループという構成がいかにもBlack Milkっぽい「4 In The Box」、少しファンタジーな揺らめく電子音のまろやかな輝きがすごく良い塩梅な「Outro Smoutro」と、とにかく良い意味でアンダーグラウンド丸出しの濃厚なサウンドの応酬となっております。

Black Milkの創るサウンドが兎に角カッコ良い、僕はBlack Milk目当てで購入した節もあるのでそこが大満足。ただGuilty SimpsonとSean Priceがちょっと似たタイプのMC同士である為に、少し変化に乏しいマイクリレーだったのが惜しかった。そういう意味では一枚通してずっと同じサウンド&ラップという、単調にさえ感じてしまう一枚になったかもしれません(生意気)。英語の分からない僕にとっては声質&サウンドの占める割合が極端に大きくなるので、まったく当てにしないで下さい(陳謝)。ただ各方面では軒並み評価も高い様ですし、すごくカッコイイので押さえておくべき一枚だとは思います(薦)。僕的にはBlack MilkとJack Whiteの共演がかなり楽しみになっています、あと追記しますと国内盤は大したことないので輸入盤の購入で良いと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment