RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

John Legend「Get Lifted」
jlglc.jpg


Kanye West主宰のレーベル“Getting Out Our Dreams(略してG.O.O.D.)”からの第一弾アーティストであるJohn Legendのデビューアルバム『Get Lifted』を御紹介。Kanye West作品ではBackground Vocalを務めたりPian演奏してたり(Lauryn Hill作品にも参加経験有り)で、その存在感は圧倒的だったJohn Legend、鳴り物入りでのデビューとなりました。Kanye West関連作品という事で見逃す事は出来ず、即購入した一枚で御座います。
それでは内容にふわりとね……まず最初に断っておきますとKanye Westが製作しているのは四曲のみ、あとはタッチせず、てな訳でKanye West製作曲から触れます。幕開けを飾るは哀愁漂うピアノフレーズが胸を締めつける「Let's Get Lifted」、こもった音質の良い意味で古臭いトラックにJohn Legendの渋く擦れたバーボン声がたまらなくマッチしています(鳥肌)。これまた生音っぽいソウルフルトラックがなんともKanye趣味の「Used To Love U」も素晴らしい、途中の“はぁ~ら~ら~らぁ~あ♪”なる合いの手も好きだし、詞の“きっとPuffy(P.Diddy)やJay-Zみたく金持ちなら、君をずっと楽しませてあげられるだろうね”なんてのもユニークで好きです。ダークな生音回しでどことなくHip Hopエッセンスも混じる「Alright」、Alicia Keysがやりそうなトラックですね。「Number One」はこれぞKanye Westな真骨頂、Curtis Mayfield「Let's Do It Again」を下敷きにした可愛さ溢れるソウル曲、Kanye Westのラップもこれぐらいの短さならば味が出てて丁度良い、もうちょっとこういう曲(ネタ物)があっても面白かったかも(惜)。「She Don't Have to Know」はBlack Eyed Peasの頭脳ことwill.i.amが製作を担当、ハイハットが鳴り続けるまったり極上グルーヴは正にwill.i.amの仕事(敏腕)、黒さが光る僕も大好きな一曲。ピアノにホーンが悩ましく絡む男の献身曲「I Can Change」はDave Tozer製作、Snoop Doggのまどろんだゆるゆるラップが殊更に揺らめき度を増強します。そして本作のハイライトであり最高のラブバラードがJohn Legend製作の「Ordinary People」、“ありふれた二人には、ありふれた二人だから、ゆっくりと時間をかけて”って恋愛の核心を突いたシンプル過ぎるテーマも僕好みですし、John Legendの奏でる美しくも感傷的なピアノ弾き語りスタイルも素晴らしい(感涙)。誰もが涙しながら聴き惚れる正真正銘のバラード、最近のR&Bではまずお目にかかれないソウルの名曲(絶賛)。ハイで柔らかな歌声に連れてゆかれる「Stay With You」はDave Tozer製作曲、この曲もまた先とは違うブルージーな仕上がりで心揺さぶられます。これまたシンプルにJohn Legendのピアノと歌声で彩られる神々しくさえも感じる「So High」と、爪弾くギターが輝かしい木漏れ日の様な柔らかさの「Refuge(When It's Cold Outside)」はDeVon "Devo" Harrisによる製作曲。最後は皆で指を鳴らしながら合唱するThe Stephens Familyをゲストに迎えた「It Don't Have To Change」も素敵、これはもうGospelといって良いですね、John Legend家族って皆が素敵なんですね。あとは国内盤のボーナストラックとして、Miri Ben-Ariをゲストに迎えた「Live It Up」、子供のコーラスが可愛らしい「Johnny's Gonna Go」、寂れた音がすこぶる物悲しい「Money Blowin」が収録されています。

古き良きソウルマナーを持った男がまた一人出現しました(祝福)、今のR&Bが嫌いな訳ではけしてないけど、こういうシンガーがいないと引き締まらないのも事実だと思います。あまりにJohn Legendが濃い味だからHip Hop曲には向かないっぽいのが難点だけど(コンシャスMC以外にfeat.されるのは難しいかな)、彼の喉は素晴らしいですね(感嘆)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment