RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bad Meets Evil「Hell: The Sequel」
Bad-Meets-Evil-Eminem-Royce.jpeg

EminemとRoyce Da 5'9"による最狂タッグ、Bad Meets Evilの企画盤『Hell: The Sequel』を御紹介。この場合は“Bad(悪者)”をRoyce Da 5'9''(以降はRoyceと省略)、“Evil(悪魔)”をEminemが担っているそう。このタッグ名はEminemのデビュー盤で二人が共演した時にも曲名に使用されており、地元Detroitで出逢った時に付けたものだとか。その後二人の間にBeefが勃発してからは絶縁状態、しかしD12のProofの死により二人はまた関係を修復し、今回の再結成となった様です。この二人の関係もあってSlaughterhouseもすんなりとShady Records入り出来たのでしょう。やはりEminemが関与というだけでも、本作への世間の期待度はかなり高い様ですね。ちなみに本作は通常盤と豪華盤の二種類があり、僕は豪華版同様となる国内盤を購入しました。
それでは内容を簡単に紹介したいと思います・・・・・・まずは聖堂の中を彷徨う悪霊のような不気味なエコーシンセが雰囲気抜群な「Welcome 2 Hell」で幕開け、制作はMobb Deepの片割れHavocが担当。とにかく二人のスピーディーで切り裂く様なラップが最高にカッコ良く、両者の高低の音程が巧く噛み合っていてグッド。お構い無しにドドドドドドドドと打ち続ける銃弾ビートが凄まじく攻撃的でド迫力な重厚感を生み出している「Fast Lane」、制作はDwayne "Supa Dups" Chin-Queeが担当。派手に撃ちまくる割にはジリジリと迫って来る様な、アクセル踏みっ放しなデンジャラス感がまた絶妙で、Bad Meets Evilの秒殺マシンガンスピットが殺人マシーンとなって襲撃するハード一本な一曲です(痺)。のったりぐったりと這う様な腐敗メロディがEminem仕様な墓場チューン(それもそのはず、Eminem「Bagpipes From Baghdad」をサンプリング)「The Reunion」はSid Roamsが制作、狂気に満ちたサイコチューンで二人のジワジワといたぶる様なラップが極めてサディスティック。Mr.Porterが制作を担当した「Above The Law」、鋭く切り裂く様なこの鋭利なビートはまるで死神が振り回す大鎌ばり、こういうオカルト風なトラックが似合ってしまう二人(というかEminem)。引き続きMr.Porterが制作の「I'm On Everything」はMike Eppsが客演参加、Mike Eppsが参加する事でちょっぴりブルージーで濃厚なビターなテイストが加味されたブバブバ鳴らすトラックも、どこか悪ふざけした様なマヌケ感の漂うビートが悪魔的。金属的な音の連なりに堕落的な太鼓ビートがドス黒く渦巻く幻想(悪夢)曲「A KIss」、制作はShondrae "Mr.Bangladesh" Crawfordが担当という事で、やはり彼の一筋縄ではいかないイカれたグドングドンなビートは中毒性が高くて素晴らしい(賛辞)。EminemとThe SmeeZingtonesとBattle Royが共同制作した「Lighters」は、The SmeeZingtones所属のBruno Marsが客演参加という意外な驚き。これはもうBruno Marsらしい清涼でクリアな流麗チューンでスッキリテイストでお口直し、宵の明星の様に不思議な希望と輝きに満ちたこの曲でのBruno Marsの好演ぶりは言うまでもあらず(褒)。再びMr.Porterが制作を担当した「Take From Me」は、神経質で殺伐とした冷たいピアノ旋律をピーンと張り詰めさせた鋭い一曲で、Bad Meets Evilの毒牙剥き出しの早口ラップが最高にキレキレで震え上がります。身内であるSlaughterhouseを援護射撃に迎えたもはや最強布陣な「Loud Noises」はMr.Porter制作曲、冒頭を飾るEminemのこちらを嘲る様なレロレロフロウが最高にクレイジーでやはりぶっ飛んでいて強烈な残像を残します(目眩)。トラック自体は電子鍵盤の一音をずっと弄び連打する単調ループなだけに、かえって個人々々のアグレシッヴなキャラの目まぐるしい変化が楽しめて(際立って)たまらないアッパーに仕上がっていますね(満足)。Mr.Porter制作でJames Brown「Funky Drummer」をベッタリサンプリング使用した、黒くて骨太でドカドカファンキーな硬質ドラムス&ベース弦をグルーヴさせた「Lilving Proof」も最高にホット。最後を締め括るのはDJ Khalilが制作の「Echo」、これはそんなに面白みもなくエコーもかからないヴィヴィッドダークなロック寄りの一曲で少し退屈かも。

勿論、素晴らしいMCの共演なので高水準の一枚に仕上がっています。しかしこれは好みによって感じ方が変わるかな、僕は元々よりEminemはそんな得意ではないので、普通に聴き流す感じになりました。Royce Da 5'9''もいるのでEminemのサイコキラーぶりも少しは薄まるのですが、やはりそれでもEminemの存在感は異質なので浮き上がって来るんですよね(凄)。Eminem好きは絶対に好きであろう一枚、こういう書き方だとRoyce Da 5'9''が据え置きな感じですが(失礼)。この悪者悪魔にスッキリテイストのBruno Marsを起用し絡めた「Lighters」は面白かった、やはりずっと狂気的に来られると神経やられるというのが凡人な僕個人の感想かな(笑)。想定内に仕上がったのがちょっと残念ですが、やっぱりEminemって強烈だなと再認識しました。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment