RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Gorilla Zoe「King Kong」
2011060810540626b.jpeg

Young Jeezyと交代にBoyz N Da Hoodに参入した、そのゴツい容姿とリンクした名前が面白いGorilla Zoeの通算三作目となる『King Kong』を御紹介。ATL出身の南部の猛者Gorilla Zoe、昔の僕なら敬遠していただろうMCですが、最近は結構こういうサウス濃厚な輩達も好きです。僕の大好きなYoung Jeezyがいまだ足踏み状態な以上、このGorilla Zoeに僕のストレスを解消してもらわなくてはなりません(期待)。しかもGorilla Zoeはあのbad Boy South所属、それも僕が彼を応援してしまう一因です。がしかし、このサイバーで未来都市っぽいジャケット.........この雰囲気、まさかの流行エレクトロ満開なのでは.........一抹の不安が過るのです。
それではそんな内容を確認してみると・・・・・・まずはChristopher "Drumma Boy" Gholson制作の「King Kong」で幕開け、シャリシャリした細かいシンセが煌めく音スカスカなトラックに、掠れ気味にぐったりと重たいラップとフロウを乗せるGorilla Zoeはいつも通り。Wille "Chuck" ShiversとSaleem "Lazyboi" Assadが共同制作の「I Do It」はゴーストホラーチックなブワブワと奇妙で奇怪なシンセを漂わせ、Gorilla Zoeのモッタリと重たくもソフトな歌う様なフックも面白いサウス使用な横揺れ曲。T-Painばりにオートチューンを駆使して持ち前の威嚇声を歪ませしならせる「Crazy」は、Sonny Digital制作で共演にはGucci Maneが参戦。廃工場みたいな鉄ボルトチューンが黒光りしてカッコイイし、こういう重量のあるメロディで聴くGorilla Zoeのウホウホ声がなかなか良い。しかも援護射撃はこれまた悪どくてドスの効いたGucci Mane、相性は抜群でむしろGucci Maneが喰い気味な気もしてしまう一曲。若手有望株のYo Gottiを客演に迎えた「Nasty」もSonny Digitalが制作を担当、おどろおどろしくて不穏なダークシンセも濃霧の中をのっしりどっしりと伸し歩くGorilla Zoeの縄張り曲。引き続きSonny Digitalが制作の「At All」は思い切りデジタライズされた電気信号の様などっしりヘヴィーチューン、客演にはRay Dineroが参加。カットしてスクリューした様なザクザクデジタル感が面白くも感じる「What's Goin' On」、けして悪くもないのですがSonny Digitalの創るサウンドは一辺倒で捻りが感じられないので単調になってしまう(残念)。やはりそういった意味ではDrumma Boyが再び制作した「Party Over Here」はちょっぴり癖がある、水中にブクブクと沈んでゆく様なヒンヤリしたトリップ感がなかなか面白く、音数が少ないのですがきちんとトラップしている感じはなかなかのもの。またもやSonny Digitalが制作のドカドカとキックするビートと、変則効かせてスピードにメリハリをつけるGorilla Zoeのラップはクールな「Your B****」。旋風を巻き起こす様にGorilla Zoeが早口スピンで捲し立てる「My Shawty」、Sonny Digitalが制作のこの曲も思い切りエレクトロしつつ重めの鉛ビートを落としてバウンスを効かせたアッパー。ピコポコペコポコしたバウンシーな凸凹オフロードチューンを突き進む「Twisted」、制作はDJ Montayが担当。完璧にトランスフォームしたメタリック声のGorilla Zoeを尻目に、阿呆みたいにLil Jonがシャウトするも昔ほどの勢いは無いかも(心配)。スペイシーで滑らかな四つ打ちのダンスチューンに乗せて、フラットなサイボーグGorilla Zoeがラプを滑らす「Turning Me On」、制作はChurch Boiが担当。Nick Baldingのサイバー光線をビガビガと光らせ交錯させるエッヂーなアッパー「Main Thang」、制作はNick Baldingでこのビコビコした近未来ポップ感はBlack Eyed Peasっぽいテクノぶり。悲しげなピアノ旋律に電子ファイバーを緩やかに絡めたダークサイバー「It's Over」はDJ Spinz制作、嫌いではないのですがやはりこの手の音趣向には飽食気味である事は間違いない(残念)。最後を締め括るのはヘロヘロな歌フックがアンニュイに響き渡るセンチメンタルな「I'm Not Perfect」で、制作はDemarcoが担当。これはもろにKanye West『808s & Heartbreak』を意識したオートチューンマイナー曲で、特に斬新さのない一曲で悔いが残ります。

う~~~ん、ちょっとこれは頂けないかな。まあ元々よりGorilla Zoeはこういうデジタル加工を施した音&声を好んでいる傾向はあったけれど、巧くは機能していないという印象。これだけの厳つい体格&ウホウホ声があるのだから、思い切りトラッピーで濃厚バウンスの効いたサウス丸出しのサウンドの方がウケるのでは(疑問)。Young Jeezy、Gucci Mane、T.I.などにはちょっと差を開けられている事を露呈した一枚、かも。ちょっと酷評し過ぎかもしれません、僕の好みの問題であって、こういうのが好きなリスナーも多いかもしれませんね。まあ誰も僕のここでの感想は気にしていないから、問題ないでしょう(笑)。次回作はもっとゴリゴリなサウスな一枚を希望、そしてBad BoyのHitmenの面々が参加する事を期待します。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment