RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Timbaland Works Best 12
timbaland-thinking300.jpg


今回はちょっと趣向を変えまして、数あるTimbaland製作曲の中から僕の知っている数少ないTimbaland製作のお気に入り曲を御紹介したいなと思います。

------------------------------------------------------------------
第十二位 Nas「You Won't See Me Tonight f/Aaliyah」
Nasの3rd『I Am...』収録、今は亡き歌姫Aaliyahがフックを担当したちょっぴりミステリアスにも感じる一曲。Timbaland曲でいえばどちらかというと灰汁が無い方の楽曲であっさり風味、ですがやはりTimbalandならではなエッセンスは効いているし(所々でTimbalandの声も入っている)、何よりもAaliyahの透き通る様な艶やかな歌声がたまらなく響くんです(突抜)。Nasはこういう楽曲でもシリアスさを残しつつ十分に映えるし、良い感じで化学反応起こしている一曲だと思います。

第十一位 Ludacris「The Potion」
Ludacrisの4th『The Red Light District』収録、この曲のインパクトもかなり凄まじいんです。まずはやはりTimbalandの中毒性高過ぎるジャングルチックなドンドコトラックからして激しく癖になる、その上あのLudacrisがガッツリとラップしているんだから脅威なのは明らかです。ちょっぴり歪んだビートとこのバウンス、そしてそんなトラックに全く引けを取らない男の中の男Ludacrisに圧倒されるばかり。

第十位 Missy Elliott「Work It(Remix) f/50 Cent」
Missy Elliottの傑作4th『Under Construction』に収録、もはやTimbaland×Missy Elliottでは向かう所敵無しなのは明らかでしょう(断言)。このタッグではお気に入りは多数あるけれど、このトラック(原曲)にも完全ノックアウトされたのを今でも覚えています。あの小気味よくうねるビート、面白く鳴るパーカッション、途中ではさまる象の鳴き声、Missy Elliott蜂が群がるPV(笑)、そのどれもが上手く機能していました。そんな強力チューンにあの50 Centが絡んだこのRemix版も僕はお気に入り、このちょっとふざけたトラックにギャングスタな50 Centのあのボケたラップがかなりはまっててグッド。

第九位 Jay-Z「The Bounce」
この組み合わせももはや間違いないヒットメイク、King Of N.Y.ことJay-ZとTimbalandの化学反応も恐ろしいですな(冷汗)。ていうよりJay-Zはどんなトラックにも器用に合わせられるからですね、魅せ方が上手いってのもそこなんでしょうねぇ。この曲はもうタイトル通りにバウンス物、これ聴いてテンション上がらない奴はまずいません。実はこの曲ではまだMCとしては無名のKanye Westがラップしているんです(青)。これでTimbalandが声で絡んでたらもっと凄い事になってたと思うんです、残念ですねぇ、でも大好きな一曲です。

第八位 Aaliyah「Try Again」
Timbalandを一躍有名にしたのはAaliyahだと思うし、Aaliyahをもっと大物に育てたのはTimbalandだと思う、それぐらいの良いコンビだったと思います。Aaliyah×Timbalandでも好きな曲は多い(かなり相性が良くて、聴いていて純粋にカッコイイ)んですが、やっぱなんだかんだでこの曲が一番好きです僕は。エッジの効いた歪んだビートとTimbalandの口音、Aaliyahの透き通りながらもどこか妖しさ光る艶やかな歌声。本当に惜しいシンガーをR&B界は失ったんですね、僕もたまにAaliyahの作品を一枚通して聴いてます。

第七位 Timbaland & Magoo「Drop f/Fat Man Scoop」
もうこれは無条件に踊り出したくなる昂揚トラック、仕事行きながら愛車CUBEで爆音で掛けながら行けば、その日一日はなんとか働けます(笑)。Timbaland十八番のチキチキ味なトラックは当然に抜群の爆発力だしTimbalandのラップも好き、それに加えて素晴らしいのは相棒MagooとゲストFat Man Scoopで御座いましょう。Magooのあのねっちょりした鼻声ラップは耳にこびりつくし、Fat Man Scoopの血管浮き出るあの煽り方は天下一品、これから闘う貴方にうってつけの一曲です。

第六位 Jay-Z「Big Pimpin' f/UGK」
Jay-Zの4th『Vol.3 ... Life And Times Of S.Carter』収録の大ヒット曲、これもTimbaland趣味が大爆発した実験っぽい一曲ですね。南国風の常夏トラックにピーヒャラ鳴る笛の音、そして極めつけの隠しスパイスに赤ん坊の泣き声をあしらったなんとも変り種のトラック。これをクールに乗りこなす我らがJiggaも超一流ですし、今やサウスの客演王なBun Bと晴れて出所したPimp CのコンビUGKが参加しているのも強み。この夏、海に行く時に聴いて頂きたい一曲。

第五位 Bobby Valentino「Anonymous f/Timbaland」
Bobby Valentinoの2nd『Special Occasion』に収録、これもうつい最近のヒット曲だから記憶に新しいところですよねぇ。Bobby Valentinoイイ歌声してますよねぇ、本当にたまらないですあの上手さ、好きな男性シンガーの上位にランクイン確実です。ここではTimbalandはいつものちょっと重めのビートではなく、どちらかというと軽めでキラキラとした可愛いトラックを提供しています(一流)。突き抜ける様なBobby Valentinoのフック、合いの手を入れる女性の歌声も効果的、歌詞もユニークで引き込まれるしTimbalandのラップも味があって素敵です。ここ最近はTimbaland製作曲が多くてよく耳にしていたけれど、“やっぱりTimbalandって凄いなぁとつくづくスゲエなぁ”と感嘆したのは、この曲だったかもしれません。

第四位 Omarion「Ice Box」
Omarionの2nd『21』に収録、この曲もつい最近だから皆もまだ確実に耳に残っているんではないかと思います。ここではもうTimbalandの重みのあるビートにひんやりと冷たいシンセが混ざり、思わず吐息も白くなりそうな世界観が僕の心をギュッと掴んで離しませんでした。“IceBox(ジュエリーボックス)”というタイトルも、そのIceBox発信の引きずる恋心の残酷さを歌った歌詞もトラックとベストマッチで完成度が非常に高かったです。そして僕はOmarionの歌声がなにより好きなんです、あの独特の歌声は無二だし、あのダンス技術も並大抵の奴では勝てっこないですからねぇ(感心)。ここでもTimbalandが声でちょっぴり参加しているんですが、これがまた素晴らしいエッセンスでこの曲には絶対に欠かせない1ピース、僕は携帯の着信音がこの曲です。

第三位 Justin Timberlake「My Love f/T.I.」
Justin Timberlakeの2nd『FutuerSex/LoveSounds』に収録、もうこれは問答無用の超ヒット曲で聴かない日は無いってぐらいの一曲でしたね。ここでのTimbaland製作のサイケな電子音トラックと、Justinの終始ファルセットなヴァースがもう最高の格好良さで聴いてすぐに痺れ上がりました(眩暈)。それだけでも十分に破壊力抜群だったのにそのうえあのT.I.が参加して男前なラップを聴かせてくれるんだから豪華過ぎ、まさかT.I.が参加するとは夢にも思わなかったんで。しっかしこの曲でのJustinの踊りもかなり見所満載、ああいうダンスってなかなか他の方はしないんじゃないかなぁ、PVも滅茶苦茶カッコよくて芸術的、JustinとT.I.の絡みも素敵です。

第二位 Jay-Z「Dirt Off Your Shoulder」
Jay-Zの8th『The Black Album』に収録、こうこれはTimbalandの媚薬がギッシリ詰まった超必殺な一曲、Jay-Zのこの曲が好きって方も多いんではないでしょうか。かく言う僕も最初この『The Black Album』を購入した時はこの曲ばっかりをリピートで聴き続けていました(惚)、細部の細部まで丁寧に練られていて本当に逸品中の逸品で御座います(輝)。Jay-ZがTimbalandのスタジオを訪れて“何かビートをくれ”と言い、Timbalandは何曲かを聴かせる(その中にはLudacris「The Potion」トラックも入ってました)、Jay-Zは“どれもイマイチだな”とニヤけた顔で文句をつける、そこでTimbalandがすかさず“これはぶっ飛ぶぞ”とこの「Dirt Off Your Shoulder」のビートを流し始める、途端にJay-Zが立ち上がりラップし始める……といった模様がDVD『Fade To Black』で観る事が出来ます(興奮)。エッジが効いてて歪んだ音が耳にバチッと張りついて離れない、こういうトラックはやはりTimbalandでしか創れないし、Jay-Z×Timbalandの最高傑作かもしれませんね(賛辞)。

第一位 Justin Timberlake「Cry Me A River」
Justin Timberlakeの初のソロアルバム『Justified』収録、これもかなりヒットした一曲でJustin Timberlake×Timbalandの最高傑作はこれだと僕は思います。最初このアルバムは先行シングルの「Like I Love You」(The Neptunes製作)を聴いて購入したんで、どこか気分的にThe Neptunesで臨んでいたんです。そんな最中で聴いたこの「Cry Me A River」はかなり癖があって(有り過ぎて)、最初は本当にあまり良いとは感じませんでした。がしかしそれから数日後、気付いたらこの曲ばかりをずっ……と何度も電車の中でウォークマンで聴いている自分がいました(嵌)。どこか悲劇的で悲壮感に満ち溢れている独特の重たさ、そんな曲調でJustinの裏声混じりのこれまた女々しい失恋歌詞がたまらなくフィット、完全に中毒起こすに決まってます(卒倒)。Justin Timberlakeが2ndをTimbalandとガッツリ作ろうと決心したのも。この曲の完成度の高さと独特の世界観に惚れ込んでなんだそうです(流石)。この曲はPVも面白いし本当にお薦めの一曲、今のJustinファンには断じて聴き逃す事の出来ない一曲がこの「Cry Me A River」です。
------------------------------------------------------------------

てな感じでなんとな~く順位つけてしまいました、まだまだTimbaland曲は多いし好きなのも多いので、この格付けもかなりあやふやなところが多々有りますが(苦笑)。でもド素人の僕が好きな曲群なんだから、大抵の方々は知っている曲ばかりだし、知っていなきゃ不味い曲ばかりです。是非聴いてもらいたいですね、これからの奇才Timbalandの活躍にも本……ッ当に目が離せませんね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment