RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Slaughterhouse「Slaughterhouse EP」
File:Slaughterhouse-ep

Crooked I、Joe Budden、Joell Ortiz、Royce da 5'9"という玄人好みするMCによる強豪連盟、SlaughterhouseによるEP盤『Slaughterhouse EP』を御紹介。最初この連盟を聞いた時、少し震えが来たのを覚えています(実話)。全員揃ってこれだけ強者ばかりになるのも珍しい、これだけのベテランが四人も揃うというのもかなり稀。しかもこのスキルフルなグループを、あのEminemが自身のレーベル“Shady Records”に引き入れるというサプライズも勃発。という事でEP盤ではありますが、前作『Slaughterhouse』より二年ぶりにドロップという事で、あともう一作ぐらいは聴けそうな雰囲気ですね。この渋いジャケットがたまりませんね、ちなみにグループ名の“Slaughterhouse”とは“畜殺場”という意味なのですね。
それでは簡単ですが内容に触れますと・・・・・・本作はEP盤という事で全六曲とコンパクト、もしかしたら題名から推察して前作からの漏れ曲を収録したものかもしれませんね。乾いたギターリフにやかましいぐらいにバチバチ爆竹みたいな硬質ビートが炸裂する「Back On The Scene」はM-Phazesが制作を担当、客演にはDresが参加。このBeastie Boysっぽい無邪気にやたらと暴れるビートは荒くてカッコイイし、これだけ濃くて豪腕なMCがマイクを回すので簡単にトラックの無骨さを超えてしまっているのが凄い(笑)。D12のメンバーであるMr.Porterが制作を担当した「Sun Doobie」も、キリキリと甲高くヒステリック気味に切り裂くピアノ旋律と重低音で叩き壊す様に打つ棍棒ビートが鬼の様にカッコ良い(痺)。単純かつベッタベタなループだけに、一回嵌ってしまうと中々抜け出せないのが巧い演出。僕の中でかなり旬であるBlack Milkが制作を担当した「Everybody Down」、段階的に上がってゆく電子音の不思議なトリップメロディがもはや麻薬の様に神経を蝕むドープな一曲。やはりRapはビートが肝なのだとこの曲を聴いて痛感、しかしフックっぽく使われているあのライン“As we proceed to give you what you need”、よくDiddyが言っているがどういう意味なのか。Sean C & LVのThe Hitmenが制作した「Put Some Money On It(Remix)」ではThe Lox(Jadakiss、Styles P、Sheek Louch)が参加という鉄板フュージョンが実現、これまたひたすらと硬質なドラムスを叩き散らして激走するというシンプルかつスピーディな一曲で渋い。これだけのマイク巧者ばかりがラプを放つのはもはや無差別銃撃、聴き終えた時にはもう蜂の巣状態で失神しています(真実)。Frequencyなる白人Producerが制作の「Fight Club(Remix)」は、ほんのりと宇宙空間っぽいミステリアスなエコーが絶妙なスパイスになったスムージーチューンで、音数が少ないだけに奥行きと遊びが聴いていて、よりくっきりと四人のフロウが鼓膜に飛び込んで来る。最後を締め括るのもFrequency制作の「Move On(Remix)」、これは最近でいうBoi-1daなんかが創りそうな(女性ヴォーカルを起用していますし)シリアスでドラマチックなピアノ哀愁メロディで、ここにEminemなんかが参入すればもっと凄い事になったろうと夢想してみたり。

たった六曲なので購入するまではいかないかもしれませんが(実際僕は珍しくDLで入手)、それでも充分に濃密な内容で下手な物を聴くよりは断然満足感が湧きますね。最近ではRoyce da 5'9"が頭一つ抜きん出て大活躍しそうな雰囲気ですが、僕は昔からJoe Buddenのファンです(公言)。なのでJoe Buddenのソロが聴きたいなとも思ったりしますが、この豪華な面々であと何枚かは創って欲しいです(最低一枚、あとは個々での作品を期待したい)。まだ前作『Slaughterhouse』を御紹介していません(こちらは既に入手済み)、いつか書きたいと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment