RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ledisi「Pieces Of Me」
ledisi-pieces-of-me-500x500.jpeg

過去二作品で四度ものGrammy賞ノミネートを受けている、シンガーソングライターのLedisiの通算六作目となる『Pieces Of Me』を御紹介。元々は自主レーベル“LeSun Records”を設立し活動、その後は大手の“Verve Forecast”へ参入し、コンスタントに作品を発表していますね。こういう実力あるシンガーが作品を出してくれるのは嬉しい事、売れる売れないは考えずに自身の感性で創作し続けて欲しいですね。本作はBillboard R&Bでも堂々の第二位を獲得、やはり実力があれば売れる訳ですね。
それでは気になる内容を御紹介しますと・・・・・・どことなくアジアン風味の琴っぽいメロディが風雅に滑らかに流れる極上のスロウ「Pices Of Me」、製作はChuck HarmonyとClaude Kellyが共同で担当。緩やかに穏やかに流れるメロディは天国に居る様で、ゆったりと噛みしめる様に歌うLedisiのコクのあるヴォーカルが優しく綺麗に響き渡ります。ほんのりとエッヂの効いたメロディが夏っぽい爽やかな風を吹き込む「So Into You」、製作はRex RideoutとLedisiが共同担当。カラフルなんだけれどクールなトラックですごくシャープな音使い、ただLedisiの丸みを帯びたヴォーカルですごく柔らかく仕上がっていますね。ドラマチックで繊細なピアノ鍵盤の音色に乗せて、情感たっぷりに広がるLedisiの歌声が堂々たる迫力で聴き応えのある「Bravo」も素晴らしい。製作はJon Jon Traxxが担当(ソングライトでClaude Kellyが関与)で、この曲ではフックで少し電気的なエフェクトをかけて歪ませ、機会的にリフレインさせる事でより耳に残る残像シンセチューンに仕上がっていて。でも少し悲哀を込めたピアノ旋律が悲劇的に寂しげに響いて、まるでLedisiにMary J. Bligeの姿を重ねてしまう一曲。あのJaheimを客演に招いただけでもう反則な気がする「Stay Together」、製作はRex RideoutとLedisiが担当。今にも溶けそうな甘く美しい弦の音色と、二人の吐息に近いヴォーカルが滑らかにしなやかに絡まり合うヴェルヴェットスロウに、心底うっとり聴き惚れてしまいます(骨抜)。昔ながらの懐かしいソウル曲を想わせる、夜空にキラキラと輝く星屑のようなこのメロウチューンを聴きながら、愛を囁いて恋人と溶け合いたい(願望)。太く力強いタフな漆黒メロディにLedisiの本格ソウルフル声が最高に映える「Coffee」、製作はあのKayGeeが担当でサンプリングにGrover Washinton Jr.「Black Frost」を使用。流石はKayGeeの手によるものだけあり、これはとにかく物凄く濃い真っ黒なグルーヴで映画サントラ並みのど迫力、しかしそんな中にも女性的な艶というか、滑らかさも感じるドラマチックなミッド曲に。淹れ立ての焙煎珈琲(しかも濃厚過ぎる程のブラック)さながらの芳醇な香り立つこの曲、もうカフェイン効果で興奮しまくりです。マイナー調の引きずる様なメロディに乗せて、哀愁たっぷりなLedisiのヴォーカルが胸を張り裂けんばかりに強烈に響き渡る「Hate Me」、製作はRex RideoutとLedisiが共同で担当。こういう人間臭いドロっと重たいヴォーカルもLedisiは巧い、心を強く揺さぶるとても拳の効いたバラードで、昔のソウルシンガーに引けを取らない、全てを飲み込み凌駕する迫力があるのです(畏敬)。あの超ベテランのMike Cityが制作というだけでも僕は飛ぶ跳ねて喜んでしまう「Shut Up」、軽やかに跳ねる様に叩かれる乾いたドラムス、そこに絡む滑らかで流麗なカラフル鮮やかなメロディ、晴れやかな青空の下を駆け抜ける清涼な風の様に心地の良い素敵なオシャレソウルアッパーです(惚)。Jon Jon TraxxとClaude Kellyが共同制作の「Shine」、これもアコースティックギターの音色をグルグルループさせてクラップを散りばめ、そこにベッタリとマットなリフレインフックを重ねる事で、より明確でエッヂの効いた力強いアップに仕上がっていて中毒性が極めて高いんです。オールドソウルとアーバンR&Bの良い所取りみたいなトラックは、やはり妙技と言えるしLedisiの魅力を熟知しています。繭の様にふわふわとした幻想的なメロディが緩やかに滴る「I Miss You Now」はPhatboizによる制作曲、気持ち良さそうに曲に身を委ねプカプカ浮かぶLedisiの舞い上がる様なヴォーカルがドリーミー(快感)。もはやレコードの様なヴィンテージソウルを再現した「Bgty」は、最近また手堅い仕事で名を上げているSalaam Remiが制作を担当。これはもう煌びやかにして細やかなキラキラと美しいソウルメロディに、エモーショナルで後光が差して見えるぐらい眩いLedisiの力強く突き抜けた歌声に溺れる以外ありませんね(完敗)。またまたRex RideoutとLedisiが共同制作の「Raise Up」は、その無骨でハードなビート使いにラフなメロディと言い、Hip HopとR&Bの間を巧く使うLauryn Hillを彷彿とさせるパワフルな一曲でカッコイイ(痺)。最後を飾るのはあのIvan Barias & Carvin Hagginsの黄金タッグが制作の「I Gotta Get To You」、二人らしい息遣いと温もりを感じるソフトで悩ましい曲線スロウで、Ledisiのちょっと溜めてふっと熱を放出する様な色っぽいヴォーカルも艶っぽくて素晴らしい、綺麗で神秘的なラヴソングに仕上がっています(堕)。

特に冒険はなかったけれど、いかにもLedisiな濃い人選で素敵なソウルの世界を堪能する事が出来ます(美味)。僕的にお気に入りなのはやはりJaheim召還の「Stay Together」と、Ledisi的には新機軸な斬新ソウルチューン「Bravo」かな。あとはやはりKayGee関与の「Coffee」、いやどれも素晴らしいのですが(笑)。聴いていると時々LedisiとMary J. Bligeが重なったのは僕だけかな、だからLedisiも製作陣如何ではもっと特大ヒットするかもしれませんね。まあでも実力は折り紙付きだし、こういう濃いR&Bを継承してくれる逸材も必要だから充分なのですが。とにかく大人のソウルといった感じでまったり聴きたい方にお薦め、今度は晴れた日の昼下がりにでも本読みながら聴こうと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment