RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joss Stone「Introducing Joss Stone」
introducing-jcovs.jpg


英国発の白人女性ソウルシンガーJoss Stoneの2ndアルバム『Introducing Joss Stone』を御紹介。毎度毎度と書いていますが、僕はなかなか黒人以外のシンガーのアルバムには手を出せません。なのになぜこのJoss Stoneは購入したのかと疑問は沸きますよね(しかも英国、米国好きの僕なのに)、それは単にJoss Stoneは歌が上手くなかなか筋金入りの魂(ソウル)も持ち主だからと感じたからです。彼女のデビューアルバム『Mind, Body & Soul』は衝撃的でしたよね、これが本当に17歳の白人の女の子が歌っているのかと(唖然)。そして発売された本作、勿論これも僕は購入しましたよ。
そうです彼女の歌声は本当に素晴らしい……それだけでも十分に購入の理由に値するんですが本作はそれだけではない特典が沢山ついているんですよ(溶)。まず第一の特典は(これは僕の中で最もデカイ)本作の全曲をあのRaphael Saadiqが製作しいるという事(歌詞はすべてJoss Stoneが担当)、僕は泣いて喜びました(歓喜)。そして第二の特典はゲスト二人、これは曲紹介しながら触れてゆきましょうね。まず「Girl They Won't Believe It」、賑やかにそして晴れやかに鳴るビートとJoss Stoneの喜びに満ち溢れた歌声が本作の充実ぶりを語っていますよねぇ。これまた懐かしい昔のソウルを思わせるトラックが心地良い「Headturner」、昔のHip Hop(ATCQっぽい)トラックがなんともノスタルジックでもかなりソウルフルなレコードっぽいトラック「Tell Me 'Bout It」、サンプリングにOrtis Redding「Respect」を使用しています。「Tell Me What We're Gonna Do Now」ではゲストにあの真面目男Commonをチョイス、温かみのあるちょっぴりブルージーなトラックにJoss Stoneの深く愛のこもった歌声と、Commonの男前で紳士なラップが冴える超お気に入りの一曲、この組み合わせはとっても相性が良くてまた聴きたい。ドラムスの音がどんどんと胸に響く「Put Your Hands On Me」なんかは、どことな~くwill.iamが作りそうな一曲、こういう昔のソウル回帰的な曲が今の流行りなんでしょうねぇ。これまたドラムスと哀愁ギターの組み合わせなHip Hopライクな「Music」は超目玉、あのLauryn Hillがゲスト参加しているんですから(驚愕)。どこかThe Fugeesみたいな影のあるシリアスなトラック(Lauryn Hill「The Mask」をサンプリング)に合わせて歌うJoss Stoneの歌声は一気に聴いている者を引き込むし、中盤にいきなり曲を転調させ始まるLauryn Hillのラップに鳥肌立たずにはいられません(震)。この共演はJoss Stoneの熱望によってやっとの思いで誕生したというから凄い、Joss StoneとLauryn Hillは相性も良くてすごく良い感じに仕上がっている、惜しむらくはLauryn Hillのラップが別録りっぽ過ぎる点かなぁ。「Bad Habit」はちょっぴりアッパーに仕上げて、Joss Stoneの力んだ歌声が熱くてたまらない一曲。「Proper Nice」なんかも古き良きソウルミュージックを体現した流石はRaphael Saadiqと唸らされるめちゃめちゃカッコイイ一曲で、Joss Stoneの魂を上手く引き出している流麗曲。「Bruised But Not Broken」は優しいメロディに乗せてJoss Stoneの希望に満ち溢れた歌詞が胸に染み入るキラキラ綺麗な一曲、トラックが良い意味で控えめでJoss Stoneの歌声に心底聴き入る事のできるスロウナンバーに仕上がっています(素敵)。Jennifer Hudsonも真っ青な直球ソウルな歌い出しに一撃喰らう「What Were We Thinking」も素晴らしく良い、そして最後の「Music Outro」も締めを飾るに相応しいJoss Stoneが楽しそうにステップ踏む(想像)一曲。これらに加えて国内盤には「Big Ol' Game」「My God」の二曲が収録されているんですが、これがまたどちらも素晴らしく良い出来なんですよ、聴き逃しはかなり厳禁かと思われます。

なんというか月並みな言葉ばかりが並びますが本当に素敵なんです、とても白人とは思えない魂こもった一枚に終始感動しっぱなしです(涙)。全体を包む古めかしい雰囲気は心を和ませてくれるし、Joss Stoneの好きな音楽がこの一枚には溢れんばかりに詰まっているのを感じ取れます(輝)。ここまで素晴らしい一枚に仕上がったのはやはりRaphael Saadiq氏の手腕があってこそ、Joss Stoneのヴィジョンをきちっと理解してあげてここまで昇華したRaphael Saadiqに拍手喝采で御座います。しかし中身ジャケットの裸にペインティングして抱き合っているJoss StoneとRaphael Saadiqには驚いた、この二人は付き合っているんだろうか……?
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment