RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

少女時代「Girls' Generation」
GIRLS GENERATION

韓国発の女性ヴォーカルダンスグループ、少女時代の日本での記念すべきデビューアルバムとなる『Girls' Generation』を御紹介。韓国読みのSo Nyeo Shi Daeより“SNSD”と略称される彼女達、TaeYeon、Jessica、Sunny、Tiffany、HyoYeon、YuRi、SooYoung、Yoona、Seohyunの九人で構成されております。SNSDをこの“RocBox 2”で取り上げるのはおかしいかと思いますが、僕は結構前から彼女達に惚れ込んでまして。こう書くとミーハーに思われるかもしれませんが、他の韓国シンガーは全く知らないのです(笑)。本当にSNSDのみ、自分でもまさかアルバムを購入するとまでは思いませんでした(驚愕)。僕はちなみにTeaYeonが一番好き、普段は仕事場の皆でTeaYeonちゃんと呼んでいる程(周りでは結構SNSDファン多い)。元はと言えばTeaYeonが歌っているのをたまたまテレビで見かけて、“おー普通に歌上手い人もいるんだ”と思ってから気になりました。
では内容を触れたいと思うのですが・・・・・・僕が最初に気になったのは製作陣、英語表記だし元々は韓国のグループだし、どういった人達が囲っているのだろうと。それで紐解いてみると制作にはSTYとHIROなる日本人Producerが大幅に関与しています、他にも大勢が勿論絡んでいるのですが、よく分からない面々なので割愛。まずは「MR.TAXI」でこれは本当に銀河系のシンセ打ち込みを武器に、左右に大きく揺れてバウンスする疾走チューン。カチカチにタイトなこの電子曲は入れ替わり立ち替わる全員のヴォーカルが痛快で、?たくしたくしたくし♪ずくしずくしずくし♪?のフックも癖あるし、あのハンドルアクセルを模したダンスも合わせて大好きな一曲。クールなんだけど可愛い、それがSNSDの醍醐味ですし魅力。ここ日本でのデビュー曲となった「GENIE」、前半部分でのクールで尖ったサウンドと、フックでのあのベタベタなキュートポップ具合がたまらない魅力的。ここでもやはり終盤のTaeYeonの激しく熱の入ったソロヴォーカルが肝で、彼女が歌う事でギュッと引き締まってよりパワフルなトラックに昇華されます。バキバキとへし折る様なシンセサイザーが組み込まれた「you-aholic」(Rihanna「S.O.S.」やBeyonce「Halo」を手掛けたEvan Kidd Bogart関与)、これはもうノンストップで駆け巡る流星群の様な電子音の煌めきに、SNSDのキラキラ輝くシャイニーなヴォーカルがスッキリ響いて心地良い。あのKe$haが本来ならば歌うはずだったという「Run Devil Run」、これはダークでソリッドなエッヂの聴いたザックリシンセがクール過ぎてカッコ良い。フックでの伸ばしながら纏わり付いてくる“らーん♪らーん♪らーん♪らーん♪”がもう毒々しくて病みつき、浮気性の男をじんわりと責めあげる、挑発的で小悪魔な詩も刺激的で好き。「BAD GIRL」は冒頭からリフレインする"おっおっおっおっおー♪"でもう虜になってしまう、フックでのJessica&TaeYeonのカッと閃光を放つような高音ヴォーカルが体中をスプラッシュする、黒メタリックなキラ光りチューンでこのリズミカルさがたまらない。もう聴き手を置いてゆく様に一気にMAXまで加速する滑走感が素敵。ハードにロキッシュなガンガンぶつかる「Beautiful Stranger」(Rihanna「Pon De Replay」を手掛けたCarl Sturken & Evan Rogers関与)、全体のバランスを考えて攻撃的な要素を混ぜ込んだのでしょう。熱気を含んだグアングアンと地響き鳴らす様なパーカッションが膨らみ包む「I'm In Love With The HERO」、カラフルでヴィヴィッドな電子曲でこの躍動感溢れるリズムにRihannaっぽさを感じてしまう一曲。本作中で最も支持が高いだろう曲は「Let It Rain」、このマイナーっぽい冷たくもロマンチックな雨粒シンセが、潤いたっぷりの艶やかさを演出していて、ハートにスーッと浸透してきます。ゆっくりとループして余韻を残すフックは、The-Dream辺りの手法で綺麗に凛と響き渡りますね。誰もが一度は聴いた事のある「Gee」のウキウキピョンピョン跳ねるゴチャゴチャキュートなトラック、日本語と韓国語と英語が混ざる事で生まれる呪文みたいな詩の流れがまた耳に残って離れない(虜)。極めつけはあの意味不明な"じーじーじーじーじー♪"は、思わず一緒に口ずさんでしまいますね。あのピョンピョン跳ねるブリッコなキュンキュンチューンもSNSDなら大丈夫、あの振り付けも合わせて最高な代表曲。マッドで近未来っぽいネオンサインみたいなシンセの交錯が最高にクールでダークな「THE GREATEST ESCAPE」(Rihanna「Disturbia」を手掛けたAndre MerrittとEvan Kidd Bogart関与)、四つ打ちビートを基本としたこのアッパーはセクシーなんだけどクール。歪んだ電子音を組み込みサイケな空気も漂う宇宙空間なシンセ使いながらも、やはり耳に残るポップさも兼ね備えたダンスチューンでノッてしまう。韓国で発表済みの「HOOT」は日本語版、しかしどうせなら「Oh!」にして欲しかったのが本音。最後を締め括るのは壮麗でしなやかで優美なバラード「BORN TO BE A LADY」、ふわりと柔らかく穏やかで煌びやかな、草原に吹く春風みたいな華やかさがすごく美しい(溜息)。この透明感の溢れる全員の歌声が深々と胸に沁み入る、女の子の切なくて可愛い凛とした気持ちを歌った可愛過ぎるバラードです(惚)。

韓国版のPussycat Dollsといった感じかな、ダンスも面白くて斬新だし、それぞれに個性があるから(初めは皆が同じに見えたが)エンターテイメントと立派なものがあります。すでに世界を舞台にあちこち飛び回っているらしいSNSD、同じアジアの女性グループとして応援したいです。あと本作を聴いて感じたのは、日本人が創るサウンドも充分にカッコイイということ。これは前々から分かってはいますが、やはり嬉しい事です。あとはそれを歌える逸材が出てきたら、日本産のR&Bも聴くのですが………。容姿とダンスとヴォーカル(リードを執るヴォーカル五人は普通に上手く歌える、これを観れば分かります)で魅せてくれる、ここ“RocBox 2”で書くアルバムではないかもしれませんが、すごく好きな一枚なので書いてみました(笑)。僕が特に好きなのはTaeYeonちゃん、次に好きなのはSunnyちゃんです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment