RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Ginuwine「Elgin」
Elgin.jpg

奇才Timbalandのフックアップによりデビューし、その二枚目で色香漂うムンムンなフェロモンで多くのリスナーを魅了し続けるGinuwineの通算七作目となる『Elgin』を御紹介。僕も先程気付いたのですが、僕はGinuwineの全作品を所持している模様です(驚)。勿論Ginuwineは好きですが、気付けば彼の全作品をコンプリートする程に好きだったとは。Timbalandと袂を分かってからはだいぶ地道な活動&ヒット曲に恵まれない状態が続いていますが、それでも毎作と平均水準を優に超える良盤を届けてくれています。なので浮き沈みの激しいこのシーンでもきちんと作品をドロップ出来ているのでしょう、こうやってまた三年ぶりに新作を聴けて嬉しい限りです。
それではさらりとですが内容に触れますと・・・・・・まずは上品にしてしっとりとしなやかなピアノ鍵盤のメロディが流れる「Heaven」、制作はなんとTankが担当(TankはBack Vocalでも参加)。このスベスベしたシルキータッチの美曲スロウジャムはGinuwineの独壇場状態、吐息の様に柔らかに艶っぽく歌い上げる姿にウットリしてしまいます。ポロンポロンと琴の音が零れ落ちる、こういう今にも溶けしまいそうなメロウチューンに弱い、ベッドソングにピッタリな官能的で優美な一曲です(絶頂)。悲哀に満ちたほんのり暗めのバラード「Break」、制作はなんとあのDiane Warrenが担当。これも寂しげに奏でられるピアノ旋律が軸なんですが、すごくマイナー調の引きずる様なメロディが滅び消える様な感覚で悲しく、フックでのGinuwineの張り裂けそうなヴォーカルがすごく印象に残ります。ゆっくりと穏やかで伸びやかなメロディがラインが少し懐かしい「What Could Have Been」、まったりと極上なこのソウルスロウはベテランのMelvin "Saint Nick" Colemanが制作を担当。これは90'sR&Bが好きな方にはバッチリな一曲で、都会的な中にもホッと落ち着くまろやかさも混ざった一曲。Ginuwineのスッキリと爽やかなハイトーンヴォイスも素敵、聴いている程に心が晴れ晴れしてきます。しっとりとウェットなメロディにGinuwineの艶やかな撫でる様なヴォーカルが色っぽい「Drink Of Choice」、制作はピアノ鍵盤の貴公子ことBryan-Michael Coxが担当。 乾いた琴の様な弦音の揺らめきと、ゆっくりとした息遣いに合わせて大きく仰け反る様にグラインドするメロディライン&Ginuwineのエロいファルセットの響きがたまらない(昇天確実)。キュンと胸を締めつける寂しくて切ないピアノ旋律にドラマチックなビートが絡む鼓動曲「Why We're Fighting」、制作は再びMelvin "Saint Nick" Colemanが担当。これももはや王道な刹那系のループバラードで、Ginuwineの一切淀みのないむせび泣く様な熱く切望する様な歌声に胸がズキズキ痛みます(涙)。激しい雨が窓を叩くようなこの冷たくて崩れ落ちそうな哀しさ溢れるメロディ、たまらず胸がズキズキと疼いて苦しくなって倒れそうになります(耐)。絡んだ弦をゆっくりと解く様な、丁寧でまったりとしたグルーヴが最高にメルティなアコースティックスロウ「Body」はCedSolo制作、こういうフォーキーで温もりたっぷりなウッディサウンド(木目調の落ち着くメロディ)はやはり御馳走ですね。Ginuwineの奥行きのある長閑でふんわりしたヴォーカルが素敵、聴いているだけで穏やかで優しい気持ちになれる癒しのスロウ。Young Yonny制作の「Batteries」はTrinaが客演参加、ベチベチと引っぱたくビートにカラフルトロピカルな電子音の跳ねるメロディが可愛い、Trinaにお似合いだしGinuwineの澄んだハイトーンヴォイスにもピッタリ。ビカビカと派手な光を放つサイバークールな「Kidnapped」はMelvin Coleman制作曲、小気味良い四つ打ちビートに乗ってメタリックなGinuwineの歌声が滑走する一曲に。再び大御所のDiane Warrenが制作を担当した「How Does Your Heart Forget」は思わず溜息の出る美しさ、ピアノ弾き語りのような冒頭の出だしからもう鳥肌が立ちます。Ginuwineの雪の結晶の様に白く澄んだヴォーカルが、湖面を覆う朝靄の様な幻想にも近い美しさと神々しさ(神秘さ)に似たシンセの柔らかなメロディと溶け合う、心の淀みをすっかり落とし浄化してくれるヒーリング効果たっぷりなバラードとなっています(愛包)。Michael "Sleep" NaylorとJohn "SK" McGeeが共同制作の「First Time」、ホロホロと優しくまどろんだ音を爪弾くアコースティックギターがソフトで、その上をGinuwineの甘く滑らかに琴線に触れる美声が滑る感覚がもうたまらないのです(悶絶)。凍えた震える声が耳にゾゾゾゾと残る「Frozen」はBryan-Michael Coxが制作を担当、この突き刺す様な凍てつく寒さに似たアイスチックな電子音のカランコロンとしたメロディが斬新でBryan-Michael Coxの新境地かと思います(浸食)。マイナス気味に後退する暗くも切ないメロディはやはり儚いだけに美しくもある、真っ暗で寒い鍾乳洞の中を彷徨い歩く様なリフレインフックがザクザクと脳裏に焼き付きます。最後を締め括るのはMichael "SLeep" NotifiとJohn "SK" McGeeが共同制作のピアノバラード「Busy」、キラキラと静かな煌めきを散りばめた星屑シンセがたまらなくロマンチック、やっぱりGinuwineの歌声は甘ったるくも爽やかでスマートな紳士ぶりでたまらなくカッコイイのです(惚)。残りはボーナス曲扱いで新たにMC二人を招くもクレジット無しで誰なのか不明な「Batteries(Remix)」、そして音を削ぎ落としてシンプルにピアノ弾き語り曲に仕上げた(だからこそこの曲の持つ壮美さやしとやかさ、Ginuwineの優しく情感溢れるヴォーカルが際立つ)Acoustic Versionと呼ぶが相応しい「First Time」で素晴らしい幕切れ。

嗚呼、素晴らしきかな。僕はかなり好きだったんですが、世間様的にはどういった評価なのでしょう。確かに毎度と同じな上質だがベッタリなトラックばかりですが、Ginuwineの甘くてとろけそうなヴォーカルにかかれば魔法の様に不思議な魅力を放つのです(虜)。最近のポップとのボーダーが極めて接近したR&Bではやはり物足らない、そんな時にはこういうアーバンテイストなオシャレでスマートなR&Bを聴きたいのです(絶叫)。僕はかなりこの盤を愛聴していますよ、こんな時代だからこそまたGinuwineの評価がグンッと急上昇しました、元より好きではありますが余計に。90年代のR&Bに溺れていたちょっと大人な貴方、絶対に聴いて下さい。Tank『Now Or Never』と拮抗するぐらいの素晴らしい仕上がり、下手したら超えるかも......。しっかしTank、Ginuwine、Tyreseという超強力セクシーユニット“TGT”はなぜお蔵入りになったのでしょうか、悲し過ぎますよ(号泣)。
スポンサーサイト



Comments

Ginuwinejかあ。。途中まで買ってたんですが、いつの間にか漏れてるアルバムがチラホラ。(ちなみにこのアルバムもまだ未購入)

でもこれ見てると、久しぶりに聴きたいなあという気になってきました。1枚目のティンバのチキチキアルバムは実はあんまり好きじゃなくて、オーソドックスになった方がいいのにと思ってたくちなので、意外といけるかも。
いつもコメント有難うございます!
そうなんですよ、僕はGinuwineの本作はすごくすきです。
本当にTankと並ぶくらいに好きで、この二作品を僕は結構繰り返し聴いています。
最近はこういうR&Bが少なくなってるから、逆にこの王道は新鮮だったりしますね。Ginuwineの歌声もやっぱり素敵で、僕はお薦めしたいです★
確かにTimbalandの時とは違いますね、僕はあの頃も好きではありましたが(笑)。やっぱりGinuwine良いですよね!

Leave a Comment