RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chrisette Michele「I Am」
cmiamc.jpg


Def Jamが送り出す新たな女性ソウルシンガー、Chrisette Micheleのデビューアルバム『I Am』を御紹介。Jay-Z「Lost Ones」やNas「Can't Forget About You」で客演しその歌声で我々を魅了してくれていたChrisette Michele嬢、やはりDef Jamは彼女に大いなる期待を寄せていたんですね、すぐにこのデビューアルバムが仕上がりました。まぁでもかなり気になっていたシンガーだったんで素直に嬉しいですね、ジャケットもかなり古めかしくて雰囲気抜群で合格、これがポスターになったら普通に買いますもんね(褒)。
それでは外見ではなく気になる内容は……まずはドリーミーな「Like A Dream」で幕を開ける本作、製作はMo Jazなる人物が担当しています。色々な客演曲での短いVerseを聴きながらもChrisette Micheleはかなりコクのある歌い手だと思ってたんですがこの曲ですぐにそうだと実感、ちょっとJazzっぽい歌唱法と夢見心地なトラックがあったくて好き。続く「Work It Out」もMo Jazによる製作曲、これもまたピアノを主旋律としたJazz風味の強い歌声の力強いナンバーで気持ち良い。「If I Have My Way」はDavid StewartとKevin Randlphによるちょっぴりぽわわん感漂う可愛らしい一曲、このDavid StewartとKevin RandlphはUnderdog Entertainmentになっているけれど、これってあのThe Underdogsのレーベルか何かでしょうか。奏でられるギターが耳に心地良い「Best Of Me」はBabyfaceが製作を担当、という訳で勿論ギターもBabyfaceが担当しています。ギターはかなりBabyfaceな感じなんですが、曲調自体はちょっぴり趣向が違う(気がする)、JazzっぽくもないしBabyface流バラードって感じでもないし。そういう点では続く「Your Joy」の方がBabyfaceっぽさは勝っているかも(勿論Babyface製作)、美しくもちょっぴり切ないこれまたギター奏でるトラックは爽快で、Chrisette Micheleの慈愛に満ちた歌声を充分に堪能できる一曲に仕上がっています。これでBabyfaceがコーラスでもやっていれば……なんて悔しかったのは僕だけではないと思います。とここまでのメロウな流れを一気に変えるのが「Good Girl」、製作はNas作品で御馴染みのSalaam Remiが担当しています。もうこれはそのままHip Hopトラックに使ってもエッジの効いたトラックメイク、これならJay-ZかNasをゲストに迎えても良かった気も(惜)。影のあるピアノループが紡ぎ出す黒~いソウルトラックは秀逸、流石はSalaam Remi殿で御座います(天晴)。その流れを汲んでそのままファンキーに攻める「Be Ok」はBEPの頭脳will.i.amが製作を担当、最近の黒音楽で彼の名前が記載されてない事はないですよね(多忙)。ベース音からけたたましく鳴り響くホーン使いといい本当にツボを突いている、そんでもってwill.i.amの抑えめラップがなんともカッコイイっす。「Mr. Radio」は再びMo Jazによる製作曲、これが一番好きな曲と言っても過言でないぐらいキラキラ眩しい好バラードで、僕の心臓にバスンと突き抜けましたよ(惚)。「Golden」は最近のど真ん中R&Bって感じの哀愁バラード、本作収録曲はどれもちょぴり昔を感じさせる懐かしい佇まいの曲ばかりなので、この曲の持つエッセンスはかなり本作では重要で御座います。「Let's Rock」は再びwill.i.amが製作を担当、これまたHip Hopライクなトラックですがほどよく美メロでもありChrisette Micheleのソウルも上手く惹き出された一曲。そして本作の最大のハイライトとなるのはやはり「Love Is You」ではないでしょうか、あのJohn Legendが製作を担当しピアノ伴奏までしています。Chrisette MicheleとJohn Legendの持つ雰囲気がかなり似ているのか、これがもう最高に相性が良いんですよねぇ、もうピタ~~って感じで完成された一曲です。John Legendとのデュエットにしても面白かったと思うんですが、Chrisette Micheleだけで充分に聴かせてくれます(当然)、感動させてくれます。喋るかのように何気なく歌うChrisette Micheleの素朴さが素敵なんですよねぇ、心落ち着くスロウ曲(最高)。「In This For You」は再びSalaam Remiによる製作曲、ここではドラマチックな展開のこれまた空気の違う一曲でこの一枚に大きな変化を持たせていて流石です。「Is This The Way Love Feels」はKelvin Wootenが製作を担当したキラキラ系の希望に満ち溢れた一曲、Chrisette Micheleの優しく伸びやかな歌声が気持ちを僕の重たい気持ちを晴れやかにしてくれます(陽射)。そして最後にクレジットには載っていないんですが「I Am One」が収録されていまして、この曲がまた素晴らしい仕上がりで超感動モノなんですよ(涙)。ほとんどピアノ弾き語りって感じなんですが実に神々しい、Chrisette Micheleの真髄此処に在りです、どっぷり浸かってもらいたい美しすぎる一曲です(賞賛)。

うん、深みのある一枚でしたね、かなり本格派って感じで往年のR&Bファンも納得のアルバムではないでしょうか。Chrisette Micheleの歌い回しってのもかなり独特で心地が良い、晴れた昼下がりに流れる雲をぼーっと眺めながら聴きたいですなぁ(夢)。まるで古いレコードを引っ張り出して針を落として聴いている、そんな感覚になります。優しさと力強さを併せ持った本格派Chrisette Michele、是非聴いてみて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment