RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「Reasonable Doubt」
jzrdc.jpg


“King Of Hip Hop”と呼ぶに相応しい男Jay-Zの記念すべきデビューアルバム『Reasonable Doubt』を御紹介。Jay-Z自らが“二度と書けないぐらい完全なリリック集”と称した本作、今のJay-Z作品の様な爆発的ヒットには至りませんでしたが、それでも最終的にはプラチナムアルバム認定となるヒット、クラシックアルバムとして今なお高い評価を得ています。“Jay-Zはこの一枚が最高だった”と語るファンも多い筈、それほどこの一枚は重要で貴重な一枚なのです。
そんな泣く子も黙る名盤を頑張って紹介すると……まず幕開けからしてもう鳥肌モノな「Can't Knock The Hustle」、製作をKnowbodyが担当しサンプリングにMarcus Miller「Much Too Much」をサンプリング。キラキラと美しい黒魂光るトラックも最高ながら、負けじと熱い歌声を添える若かりし頃のMary J. Bligeにも感動せずにはいられません(涙)。もうこの曲でのJay-Zは正に神の如き輝き、今なおこの曲が素晴らしく色褪せないのは当然の結果です。元Original FlavorのSkiが定番The Stylisticsの「Hurry Up This Way」を下敷きに製作した「Politics As Usual」、耳障りが優しくスムーズながらもどこか危険な香りもする独特の一曲は流石の仕上がり。「Brooklyn's Finest」では高校が一緒だったという親友で伝説のMC、Notorious B.I.G.が援護射撃を撃つ失神モノの豪華曲。製作はClark KentでサンプリングにThe Ohio Players「Ecstacy」を使用した疾走感溢れるトラックも素晴らしい、Jay-Z(柔)とBiggie(剛)の威風堂々なラップが絶妙なコントラストを魅せる永遠の名曲。再びSkiが製作を担当した「Dead Presidents II」は、皆様御存知のNasの名曲「The World Is Yours」をベッタリと下敷きにした悲哀メロウの突出した一曲。その後のNasとのBeef勃発の引鉄曲としても重要ですが、ここはやはりJay-Zの詩の世界が殺伐としてざらついたストリートを見事に創り出している事だと思います。Nas「The World Is Yours」が無くしてこの曲は誕生しなかったけれど、この曲の誕生もまたNas「The World Is Yours」に付加価値を与えているのではないでしょうか。流麗なピアノ音が艶やかでしなやかな夜のひと時を感じさせる甘美な「Feeling It」はSki製作、女性シンガーMeccaによる歌フックも控えめながらも色っぽくて最高に渋い(誉)。「D'evils」ではあのDJ Premierが製作を担当、Primoならではのピアノループを基調としたシンプルなトラックに声ネタスクラッチが噛むダークな味わいの一曲(最高)。またもやSki製作の「22 Two's」では冒頭でA Tribe Called Questの名曲「Can I Kick It」のフレーズを引用、これだけで興奮するには充分の要素です。「Can I Live」はDJ Irv(Irv Gottiかな)が製作を担当、しっとりとホーン鳴る危険な香りのトラックはIsaac Hayes「The Look Of Love」をサンプリングに使用。“俺は生きられるのか”と自問自答するHustlerなJay-Zの詞に思わず身震い、この頃にはもうこれほどの貫禄があったんだから存命は確実。続いては誰もが知っているFoxy Brownを迎えた超キラーチューン「Ain't No Nigga」、製作はJay-Zを見出した恩師Big Jazが担当。The Whole Darn Family「Seven Minutes Of Funk」とThe Four Tops「Ain't No Woman Like The One I've Got」使いの滑走するトラックも乗り心地抜群ですし、Foxy Brownの男顔負けの根性据わったラップも痺れます。「Friend Or Foe」はDJ Premierが製作を担当、ここでのJay-ZはFree Style風なラップを披露。Clark Kentが製作を担当した流麗な「Coming Of Age」はEddie Henderson「Inside You」を下敷き使い、ここでは当時まだ無名の弟分Memphis Bleekを大胆に起用し、Roc-A-Fellaプロモーションをそつなくこなす実業家なJay-Zが顔を覗かせます。続いてもClark Kentが製作を担当したファンキーな肌触りが印象的な「Cashmere Thoughts」、サンプリングにはBohannon「Save Their Souls」を使用。Peter Panixなる人物が製作した本作唯一のキラキラゆるやかスロウ曲「Regrets」も白眉、こういうメロウ物が好きな僕にはたまらない御馳走です。最後にはMeli'sa Morgan「Fools Paradise」を使用した激甘な「Can't Knock The Hustle(Fool's Paradise Remix)」を収録、Irv Gottiが手掛けたこのRemixトラック自体も当然素晴らしいんですが、ここでは本家Meli'sa Morganを召還している辺りが熱い(涙)、彼女の歌声でこの曲の違った魅力が誕生しています(賛辞)。

今のJay-Zを語る上ではけして避けては通れない作品ですし、Hip Hopの歴史上でも存在感抜群の価値ある一枚であることは確か(断言)。Jay-Z嗜好家の僕からしても少し地味な印象は否めませんが、やはり粒揃いの名曲がギッシリ詰まっていますので、是非聴いて頂きたいです。今のJay-Zには出せない味わいかと思います(今は今の味があって素晴らしいんですが)、古き良きHip Hopに溺れたい方には絶対にお薦めで御座います(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment