RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z「The Black Album」
jzbac.jpg


Jay-Zの通算8枚目となる『The Black Album』を御紹介。Jay-Zは僕が最も愛しているMCで、彼の作品は全て蒐集しております(他にもそういうアーティストはいますが)。そんなJay-Zが自らの引退を賭けて臨んだ超大作がこの一枚、結局はすぐにカムバックしましたが(笑)。もうこのジャケットからして、Jay-Zの並々ならぬ意気込みが感じられます、もうこの時点でJay-Zの勝ち。
それでは曲目をさらりと触っていきますと……まずはこれから始まる大作に相応しい語りオープニング曲「Interlude」、手掛けるのはRoc-A-Fellaではお馴染みの45回転の仕事人、Just Blazeが担当。続いて1曲目からの流れを汲みながらのこの曲「December 4th」、製作は前述のJust Blazeが担当、下敷きにはThe Chi-Lites「That's How Long」を使用。Jay-Zの誕生日が冠されたこの曲では、キラキラ光る美メロに乗って彼の“想い出語り”が聴けます。本当に綺麗な曲なので是非聴いて頂きたいし、彼のストーリーテリング巧さも光る一曲。途中で入る語りは、Jay-Zの実の母親によるもの。映画『Gladiator』でのRussell Croweの台詞“Are you not entertained?! (楽しんでいないのか?) Is it not why you’re Here?!(なら、なぜここにいるんだ)”で始まる「What More Can I Say」、製作を担当するのはThe Buchannans、サンプリングにはMFSB「Something For Nothing」を使用。“これ以上俺に何が言える?”と余裕綽々のJay-Zに思わず鳥肌、マジでカッコイイっす(拍手)。「Encore」は早回し45回転の若旦那こと、Kanye Westの製作曲。彼が製作しただけあって雰囲気は抜群、ちなみにピアノやバックボーカルであのJohn Legendも参加しています。途中で入る観客の“Hova!Hova!”という熱いコールは鳥肌もの、あの煽り演出はKanye Westの戦略勝ち。「Change Clothes」はJay-Z作品にはもはや欠かせない、ピコピコを開発したオタク集団The Neptunesの製作曲。彼らも流石できちんとツボを押さえてます。確かに彼らの絶頂期に比べると質はいくらか落ちているかもしれません。がしかし、そこらの曲と比べれば断然にセンスが良いのは明らかです。これだけファッショナブルな曲を作るThe Neptunesも凄いですが、それを上手く乗りこなすJay-Zが天晴れの一言に尽きます。Pharrellのファルセットに混じって、途中でチョロッとビヨった声(Beyonceっぽい声)が聞こえます。「Dirt Off Your Shoulder」はJay-Zの初期からの盟友であり、通称チキチキを開発した変態ビートのスペシャリスト、Timbalandの製作曲。これはイマドキのHip Hopが大好きな人には必ずヒット間違いなしの曲、歪んだ電子音が危険な雰囲気醸し出しています。「Threat」は、Little Brother所属の9th Wonderによる製作曲。静けさの中に迫力のあるビートが展開されているこの曲は、サンプリングにR.Kelly「Women’s Threat」を使用しています。「Moment Of Clarity」はアメリカを代表する悪童、Eminemの製作曲なんですが、これはちょっとどうなのかな(疑問)。Eminem曲はちょっとJay-Zに似合っていない気がするのは僕だけでしょうか。Def Jam創始者の片割れであるRick Rubinの製作曲「99 Problems」はBilly Squier「The Big Beat」使い、あくまでロックなカットとドラムスだけのざらついた荒いトラックが粋な一曲。Interlude扱いながらもその魅力はJay-Zお墨付きの「Public Service Announcement」はJust Blaze製作曲、サンプリングにLittle Boy Blues「Seed Of Love」を使用したこの曲は短いながらもかなり耳に残る格好良い一曲。西の大御所であるDJ Quickが製作を担当した「Justify My Thug」、Madonna「Justify My Thug」がサンプリングされた怪しくもスリリングな秀逸曲。「Lucifer」はKanye Westが再び製作を担当、Kanye Westらしい懐古主義爆発の早回し業、Max Romeo「I Chase The Devil」使いのこの味わいは彼にしか生み出せません(断言)。「Allure」は再びThe Neptunesが製作、ゆるやかで綺麗なメロディとふわふわと空間を浮遊するようなトラックメイクは彼らならでは。僕の個人的な意見として、彼らのこういうメロウ側面もかなり秀逸で大好き、Pharrellのフックと後ろで流れる“ん~ん~ん~ん~ん~ん♪”っていうあのハイな歌声がたまらないです。最後を飾る「My 1st Song」はAquaとJoe "3h" Weinbergerなるコンビが製作、故Notorious B.I.G.による語りから入る感じはカッコイイんですが、このトラックはちょっと僕好みではないかなぁとも思っていたり(我侭)。

Jay-Zの引退作にしては地味過ぎではないかなんていう批評をよく耳にしますが、これこそ燻し銀でJay-Zという王様に相応しい幕引きではないかと思います。有終の美を飾るというのは正にこの事です、現段階ではJay-Z作品の中でも第一位か第二位か第三位です、つまりは三本の指に入ります。黒く眩しいHip Hopに触れたい貴方にはうってつけ、Jay-Zの貫禄に溺れて下さい(惚)。本当に引退するのかは疑問ですが(笑)、是非一聴ください。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment