RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kelela「Take Me Apart」
kelelatma.jpg

エチオピア系アメリカ人の移民二世である新世代R&Bシンガー、Kelelaの記念すべきデビューアルバム『Take Me Apart』を御紹介。デビューアルバムではあるのですが初の作品ではなく、これまでに発表したMixTape『Cut 4 Me』、EP『Hallucinogen』の二作品を発表しており、特に後者に収録の「Rewind」はニューヨーク・タイムズ紙で“これからの音楽の方向性を感じさせる25曲”に選出されるなどして、一気に知名度を上げておりました。その後はSolangeやDanny Brown、Gorillazなどの楽曲に客演参加するなどして、リスナーの期待値をぐんぐん上げての本作となります。R&BやJazz、Bjorkなどを聴いて育ったという彼女、奇しくもそのKelelaの才能をそのBjorkが絶賛しているというから驚きです。
という訳で遅まきながら感想を書いてみたいと思いまして・・・・・・まずはJam Cityが制作した宵の明星のような妖しい光を放つ「Frontline」でゆっくりジワジワと幕開け、冷たく青い夜空のようなトラックにKelelaの満天の星空みたく煌めくヴォーカルが、見事なまでの美しさと神々しさ。同じくJam Cityが制作を担当した「Waitin」は黄金期のJanet Jacksonを彷彿とさせるミント系の壮麗ミッドで、柔らかくビートを弾ませるトラックに共振して、流星群のように抜けて光りながらも、どこか肉感と曲線を感じさせるヴォーカルがグッド(艶美)。表題曲となる「Take Me Apart」はAl ShuxとJam Cityによる共同制作で、Kelelaの潤んで弾くヴォーカルが最高で、冷たく濡れた樹海を駆け抜けて降って落ちるような星空に出逢うような一曲。夏の夜の海をVHSで撮影して映したようなざらつきとウェットさの混濁が美しい「Enough」はArcaが制作を担当、少し歪で尖った音色をも濾過して澄み切ったものに変えるKelelaのヴォーカルの成せる芸術。Aaron David Rossが制作した「Jupiter」はそれこそ宇宙を思わせる壮大で静かなスロウジャムながら、それはあくまで肉眼で見上げる落ちてきそうな夜空で、それはKelelaの歌声が夜の雨音となって鼓膜にそっと降るから感じるまで。MockyとBok Bok、Arielが共同制作した「Better」はもはや静かなる宇宙空間、その中をゆっくりと銀色の衛星が漂うように、緻密に金属的な音色とヴォーカルが転回するのがクールで幻想的。Jam Cityが制作した「LMK」はそれこそ彼女がポストAaliyahと謳われるのが分かる一曲で、ザクザクと尖って屈折する妖しいネオン光のようなトラックの中で、妖艶にくねくねと曲がりながら色香を発するKelelaのツヤツヤした銀色の歌声が素晴らしい。同じくJam Cityが制作した「Truth Or Dare」はボタボタと零れ落ちるビートが骨太で、だけどそれを溶かすメロディは海月の漂う海のようにミステリアスに輝いて、だからこそ鋭利に輝くメタリックなKelelaのヴォーカルも綺麗に反射。「S.O.S.」はKingdomが制作を担当した美スロウジャム、静かな青い湖面に映る月光のように、やはりKelelaのヴォーカルは冷たい輝きのようで美しい(溜息)。Dubble Dutchが制作を担当した「Blue Light」もやはり真夜中を思わせる一曲で、細く射し込んだ青白い月光が夜の闇を裁断し、その闇がひらひらと舞い上がっては飲み込むようにメロディが歪曲するのが凄まじい魔力(圧倒)。そんな夜の闇がどういうわけか細胞分裂を起こして沸々と踊り出すような感触がサイケな「Onanon」は再びArcaが制作、これも下手すればサイケ過ぎるのをKelelaの柔らかで艶やかなヴォーカルが戯れ、指先で弄ぶように歌うからセクシーに鳴る。またもやArcaが制作した「Turn Ta Dust」はストリングスなど挿入し、なんともキメ細かなメロディが紡がれたシナプス的メロウで、それがKelelaの薄明かりのような神秘的な歌声をより魅力的にしています。Jam Cityが制作した「Bluff」は広大な宇宙にポツンと銀色の宇宙船が遊泳しているような宇宙交信的メロウ、何万光年を思わせるKelelaのヴォーカルがまた幻想的な伸びでグッド。最後を飾るのもJam Cityが制作した「Altadena」で、花園のようなフローラルさに冷たく硬いメタリックな味わいも混じったSFメロウで(銀河戦争終戦後の兵器が散らばった荒れた大地に、何百年の後に花が咲いたよう)、鉄から花を咲かすようなKelelaの淡く甘いヴォーカルが素晴らしいのです(涙)。とここまでが本編の内容で、国内盤にはこれらに加え、AaliyahとTimbalandの蜜月を彷彿とさせる「A Massage」と、光と共に疾走して瞬くヒット曲「Rewind」も収録しております。

すっごく良い、R&Bかどうか問われると難しいのですが、僕は凄くこのアルバムを気に入って聴いていました。その結果、昨年の“僕が選ぶ2017年アルバムTop10[R&B部門]”においても、第六位という好成績を収めたほどです。巷では“ポストAaliyah”と称されているらしいし、それに関して僕も異論はないのですが、僕なんかは一時期のJanet Jacksonを感じる場面も多かった一枚。なかなか特殊な立ち位置に居るし、次回作にも大いに期待したい美人シンガーで御座います(結局)。








スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽