RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

02 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tamar Braxton「Bluebird Of Happiness」
tamarblue.jpg

もはや姉超えを果たしそうな勢いの、Tamar Braxtonの通算四作目となる『Bluebird Of Happiness』を御紹介。これほどデビューから長い期間を経てから、バシバシと作品をドロップ出来るシンガーも稀なのではないでしょうか。あのToni Braxtonと姉妹な訳ですから歌声は抜群な訳で、その姉が不在の期間を埋めるようにしてTamar Braxtonがガンガン活躍してくれています。銀と青が混じったようにして輝く青い鳥Tamar Braxtonのジャケットも素晴らしいですね、もっと顔が見えても良かった気がしますが。
それではちょっくら感想を書いてみたいなと思いますね・・・・・・まずはJavon HillとStanly Blackが制作した「My Forever」で幕開け、もうこれでもかというぐらいに光の粒を撒き散らしたトラックがラグジュアリーで高貴で、そこになんとも優雅でフローラルなTamar Braxtonの歌声が芳しく響くのにもうウットリ(酔)。Yonni制作の「Wanna Love You Boy」ではRobin Thicke「Wanna Love You Girl」をネタ使い、光を幾重にもスライスして舞わせたように展開するトラックはシャンパンゴールドで御洒落ソウルフル、Tamar Braxtonの艶やかに照り輝くヴォーカルにマッチング。レゲエネタとしてはもう鉄板になりつつあるSister Nancy「Bam Bam」をサンプリングした「Run Run」はTroy TaylorとBridgetownが共同制作、灼熱感をだいぶ和らげた木陰ほどの温度感も心地良いし、そんな柔らかなバウンスに乗せて揺れて弾むフックも面白い。Donald "HAZEL" Salesが制作した「Hol' Up」ではYo Gottiが客演参加、まるで角切りフルーツを盛ったようなトロピカルなサウンドが甘酸っぱく美味ですし、そこになんともジューシーなTamar Braxtonの歌声が滴るのも、皮ごとぎゅっと絞ったように少し苦味も混じったYo Gottiのラップもナイスアクセント(最近のこういう明度の高いトラックでのYo Gottiの乗り方はツボ)。「The Makings Of You」はなんとRodney "Darkchild" JerkinsとReezyTunezが共同制作し、サンプリングにはCurtis Mayfield「The Makings of You」を美しく使用。原曲の持つあの芳醇で気品溢れる醸造酒のような色合いがまろやかに輝くし、Tamar Braxtonのじっくりこっくりと深みのある艶美なヴォーカルが溶けてきめ細やかに泡立つのもたまりません(酩酊)。同じくRodney "Darkchild" Jerkinsが制作を担当したピアノバラード「Heart In My Hands」は、真夜中の空に舞い降る綿雪を見上げた時のあの、黒に混じって純白が体を包んでゆくような、そんな疾走にも似た切なさがこみ上げる美曲。「Blind」もRodney Jerkinsが制作を担当しており、これは最近の彼の十八番であるゴルペル趣味を眩く鋭く閃光させた一曲。「My Man」はBob Robinsonが制作を担当、またこの陽が静かに落ちて夜が更けてゆく様な、ゆっくりと進行してゆくトラックは最高の一言で、そんな夜のしとやかさにシンクロして上品に濡れるTamar Braxtonのヴォーカルが最高に官能的です(痺)。Evelyn "Champagne" King「Love Come Down」をサンプリングした「Pick Me Up」はTroy Taylorと$Kが共同制作、このトラックも原曲の持つフルーティでジューシーな味わいを抜群に際立たせてフレッシュ、こうなるとTamar Braxtonのディープな歌声も甘酸っぱくなって鼓膜もゴクゴク飲み干せてしまう(潤)。「How I Feel」はこれまた鉄人のDamon Thomasが制作を担当した純白のピアノバラード、Tamar Braxtonの歌声もまるでガラス工芸品のように青白く繊細に輝きます。最後を飾るのもピアノ演奏のみでじっくり聴かせるVincent Berry II制作の「Empty Boxes」、ただただ深々と降る鍵盤音は雨上がりのよう、ここで遂にTamar Braxtonは美しき青い鳥となって羽ばたいて青空へ飛び立ちます(幻想的)。

さすがの安定感で悪く言えば可も無く不可も無く、ですがそれこそが美徳でもある気がします(矛盾)。僕みたいな三十路のリスナーからするとRodney Jerkins制作曲が数曲あるだけでも聴く価値アリかもしれません、全盛期には劣るのかもしれませんが。とは言えやはりTamar Braxtonの、パツパツに張って肉厚で、高低差が姉以上にありそうなその歌声もやはりナイス。という訳でこれも結局は必携盤、Toni Braxtonの新作と共に次回作も期待しています。




スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Wyclef Jean「Carnival III : The Fall And Rise Of A Refugee」
100.jpg

伝説的なグループThe Fugeesのリーダーであり優れたProducer、Wyclef Jeanの通算七作目となる『Carnival III : The Fall And Rise Of A Refugee』を御紹介。Wyclef Jeanの本作は実は昨年リリースされているのですが、昨年はEPでこそありますが『J'ouvert』もリリースしていたので、本当にパワフルな一年だったかと思います。そもそもから『J'ouvert』は前哨戦的な作品だと公言していた訳ですが、すっごく出来も良かったのでそんな添え物だとはつゆとも思わず。そんな訳でなんだかんだで買ってしまうのがWyclef Jean、本当にがっつりとアルバム一枚を届けてくれてました。
それではザクザクとした粗忽な感想で申し訳ないのですが・・・・・・まずはBranden "Wavie Boi" Washingtonが制作(Wyclef JeanがCo制作)した「Slums」で幕開け、客演にはJazzy ArmaにH1DaHook、Marx Solvilaが参加。Wyclef Jeanのなんとも煙たくてブルージーなヴォーカルが充満し、鼓膜をヒリヒリと燻してくるのがド渋くて重厚でグッド。Chris "Flict" Aparriが制作を担当したカリビアン嗜好なトロピカルミッド「Turn Me God」、音少なくもギターを爪弾き木工ビートを鳴らすトラックがどこか長閑で心和みます。Wyclef Jean制作(Co制作をAlberto Vaccarino)の「Borrowed Time」は淀みなく晴れた雨上がりのように、純粋に煌めきすべてを温める陽光のような眩さがとても綺麗で、晴れ間に虹が架かるように鮮やかで優美なWyclef Jeanの歌声にホッコリ癒されます。「Fela Kuti」はSupah Marioなる人物が制作を担当しており、バリバリと裂けて弾けて鳴る塩気たっぷりなホーンがアクセントのソカっぽい曲で、そんな情熱的なトラック上で茹だるように熱気ムンムンなヴォーカルを炸裂させるWyclef Jeanが憎い(笑)。Sidney Swift制作(Co制作をMotiv)の「Warrior」ではT-Babyが客演参加、溜めてステップを蹴り出すようなカルメン調のトラックに、鮮烈なWyclef Jeanのシャウトが弾けて悶絶させられるスパイシーな一曲。Wyclef Jean制作の「Shotta Boys」ではStixが客演参加しており、現行のトラップチューンをWyclef Jeanらしくキッチリ焙煎して苦味を足した作りで最高に面白いし、こうなると他のトラップ曲とは全く違ってドクドクと鼓膜にドリップされてギンギン冴えます(興奮)。Wyclef Jean制作の「Double Dutch」なんかもやはりWyclef Jean節炸裂な妖しげなネオンアッパーで、電極繋ぎまくりで通電し明滅するトラックがギザギザで、その閃光の中でマッタリと歌って微睡むWiclef Jeanの佇まいに痺れる。Lunch Money LewisとThe Knocksが揃って客演参加した「What Happend To Love」はThe Knocksが制作を担当、これがまた風に乗せて潮の香りを楽しむようなクリアブルーに輝く爽快な一曲。聴いているだけで踊り出したくなること必至ですし、水飛沫を上げてクラッシュするようなWyclef Jeanの泳ぐヴォーカルも最高に心地良いんです。Wyclef Jean制作でなんとあのEmeli Sandeが客演参加した「Carry On」はもう天国へと召された気持ちになる壮麗スロウジャムで、Emeli Sandeの神々しい歌声とWyclef Jeanの芳醇で優しい歌声とが、キラキラと乱反射してははらりと涙を誘う美曲(溜息)。Wyclef JeanとBranden "Wavie Boi" Washingtonが共同制作した「Concrete Rose」では、IzolanとHannah Eggenが客演参加し、バフーンと噴き出すホーンの音色と砂利ビートを敷き詰めたトラックは土着的でありつつフューチャリスティックで、その中でエスニックな味わいのマイクリレーが熱波のように押し寄せるのがカッコイイ。同じくWyclef JeanとBranden "Wavie Boi" Washingtonが共同制作した、Celia Cruz「Por Si Acaso No Regreso」をサンプリングしたラテン調の「Trapcabana」も面白くて、Wyclef Jeanが優れたラッパーである事を痛感できる地中海ソルトなフロウでバッチリと美味。最後はWyclef Jean制作の眩くキュートなゴスペルライクなピアノバラード「Thank God For The Culture」、最後まで指揮者としての才能を遺憾なく発揮するWyclef Jeanの、Kanye Westも真っ青な神様っぷりに拍手喝采。

ごくたまーに聴きたくなるあのWyclef Jeanの歌声、僕的には『J'ouvert』の方がお気に入りではあるのですが、それでも粒揃いで色々と発見のある一枚なのは流石の一言。Producerとしてももっと評価されていい気がするし、これだけの人物なのにThe Fugeesを再結成できないのが本当に残念。絶対に買わなきゃ、とまでは言えなくても聴かないのは損な気もする不思議な一枚で御座います。




テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fergie「Double Dutchess」
fergiedouvlr.jpg

Black Eyed Peasの人気の火付け役となったキーマン、Fergieのソロ通算二作目となる『Double Dutchess』を御紹介。それまで三人で活動していたBlack Eyed Peas、それまではコアでド渋いサウンドでどちらかといえばコンシャスなグループでしたが(そんな中にもやはりキャッチーさはあった)、Fergieを新たに加入させた3rd『Elephunk』で一気に人気が爆発しました。だから最初、コアなファンからは邪魔者扱いされていた感もあるFergieですが、やはり彼女が参加してからのBEPの方がずっと馴染みがあるといった感じ。そのBEPは現在Fergie抜きで活動を再会した様ですが、Fergieの脱退については否定しております。私生活でも俳優のJosh Duhamelとの間に男児をもうけ、より強くなったFergieが放つのが本作で御座います。
それでは粗末ではありますが感想を書かせて頂きますと・・・・・・まずはYonniとJP Did Thisが共同制作した「Hungry」でスタート、客演にはRick Rossが参加。寂れた教会に響き渡るような鋭く尖ったサウンドが冷たく、Fergieの舐め上げる様な挑発的なヴォーカルとRick Rossの重厚なラップが澱を作り沈殿するのも乙。「Like It Ain't Nuttin'」は盟友であるwill.i.amとDJ Ammoが共同制作、Audio Two「Top Billin」を下敷きにして、デジタルノイジーなビートと音色を立方体で積んでいき、そこにFergieのゴチゴチに硬く尖ったヴォーカルが冷たくクラッシュ。ここら辺のヴォーカルの遊ばせ方はどこか、クネクネ動きながらもバウンスするMissy Elliottを彷彿とさせる面白さ。同じくwill.i.amが制作を担当した「You Already Know」も、James Brown「Think (About It)」をネタ使いした、骨組みはかなりシンプルで素朴ながらも肉付けがカラフルメタリックなアッパー。Fergieがファルセットを駆使しながらヒラヒラと舞ったりラップをかましたりと変幻自在なのも良いし(トラック自体もやはり入り組んでいてカメレオン擬態状態)、そこに客演のNicki Minajがキュートでクレイジーなラップではしゃぐのもナイス援護射撃。Leon "Roccstar" YoungbloodとMr. Franksが共同制作した「Just Like You」は、雨煙る中の冷気漂うようなトラックに露を滴らせたように響くFergieの濡れたヴォーカルがなんともヒリヒリ切ない。「A Little Work」はCirkutが制作を担当した美しい純白ミッドで、大空へと羽ばたくように壮麗なトラックとFergieの神々しく輝くヴォーカルに心を洗われます。「Life Goes On」はToby GadとKeith Harrisが共同制作した清々し過ぎるミッドで、これがまたFergieにお似合いの程よくスパイシーな味付けもされていて(Toby Gadのギターテイストがそうさせる)、ゆったりと髪を絡ませて吹き抜ける爽やかな風のようなFergieのエアリーな歌声もイイ(安楽)。本作からの先行シングルとして放たれたのが攻めまくりなエロママ讃歌「M.I.L.F.$」、制作は最近名前を見かけていなかった気のするPolow Da Donが担当。せわしなく暴発しては収縮を繰り返すベチャベチャと鼓膜にこびり付くサウンドに、そのトラックを乱打しながらシャウトしトラック建設するFergie専門職な暴れアッパー。Fergieの大ヒット曲「Big Girls Don't Cry」系統のアコースティックメロウ「Save It Til Morning」はToby Gadが制作を担当、優しくもどこか曇ったFergieのヴォーカルが心を湿らせるし、爪弾くギターの音色はまるで遠くで鳴る雷鳴のよう。「Enchante (Carine)」はFixynが制作を担当しており、これは最近のヴィヴィッドなボタニカルEDMに目配せをした一曲で軽やかで聴き易い。Alessoが制作を担当した「Tension」は、鉛を溶かしたような液体にズブズブと浸けたようなサウンドがなんともギラギラとクールで、Rick James的な濡れファンクで艶かしく反るFergieの歌声もセクシーでグッド。「L.A. Love」はDijon "DJ Mustard" McFarlaneが制作し、客演にはYGを迎えるという鉄壁な布陣で、DJ Mustardらしい毒気もあるドロッと重たい油脂チューンに、YGの嗄れて圧力たっぷりなラップがジリジリと焦げてカッコイイ(渋)。Philip "DJ Hardwerk" Constableが制作した「Love Is Blind」の抜け感も息抜きとしては良く、常夏青空を思わせるレゲエチューンにまったり。最後を飾るのはまたもやToby Gadが制作を担当したアコースティックバラード「Love Is Pain」で、なんだかオレンジ色に濡れる夕立を思わせるしんみりとしてきゅっと胸を締め付けるトラックはFergieの泣き叫ぶようなシャウトを輝かせる、Princeへの憧憬をも感じる一曲で〆としては最高です。

なんというか、Fergieは歌唱力もあるしいろんな楽曲をやれるんだけれど、そのせいかコレという決め手に欠けるというか。本作も色んな楽曲が混じっていて楽しいけれど、どれも印象には残らなかったというのが本音。早めにBlack Eyed Peasの面々と合流した方が良いと思うけれど、Kendrick Lamarなどで隆盛している最近のコンシャスな流れに沿うであろうwill.i.amが、どういう采配を下すかが気になるところ。年齢も重ねてきているしここからが勝負、もちろん応援していますけれどね。








テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Krayzie Bone「Eternal Legend」
Eternal-Legend-Krayzie-Bone.jpg

90年代を席巻したBone Thugs-N-Harmonyの長身痩躯、Krazyzie Boneのソロ通算五作目となる『Eternal Legend』を御紹介。メロディアスに早口でラップを紡ぐ集団Bone Thugs-N-Harmony、いまだかつてこの様なグループは無いですし、だからこそ今でも彼らは愛され続けている訳で。そのメンバーの中でも群を抜いて客演依頼が多いのは、このKrayzie Boneで御座います(他のメンバーが収監されたりするのも要因かも)。ここ最近でもBone Thugs-N-Harmonyの動きも活発になりつつあるし、昨年はBizzy Boneとのユニット作もリリースするなど精力的なKrayzie Boneでございます。そんなユニット活動と並行してリリースされたのが(他にもYoung Nobleとのユニット作も出した!)、このアルバムで御座います。
さてさて、それではどんなアルバムになっているか僕の言葉で・・・・・・まず制作に関して先に述べると、全曲の制作にはReal Talk Ent.とレーベル名のみ記載されていて詳細は不明、ネタ元なんかも全く分かりません。まずはそれこそ熟成した甘味ソウル曲をサンプリングしていそうな「Make You Wanna Get High」で幕開け、紫煙のようにまったりと空間内を漂い充満するような白んだトラックに、Krayzie Boneのきめ細かにメロディを紡ぐラップも良いし、尻上がりに上がってゆくフックもまるで虚空に消えゆく紫煙のようで美しい。90年代のラップミュージックみたいなスッキリと酸味のある燻し銀なソウルアッパー「On My Kray Shit」は、三十路のリスナーにはもうたまらない仕上がりで、ダダダダダダダダと散弾しながらも鼓膜の痛点を完璧に撃ち抜く、Krayzie Boneの速射式のラップが乾いて響くのも効果的。冷たい金属のようにキーンと鋭く響くトラックがなんとも鋭利な「Stuck In My Ways」では、やんわりと抜けたKrayzie Boneのラップがまるで氷雨のようにぽつぽつと降りしきるのが良いし、客演参加のYoung Nobleのゴリッと剛力なラップは雷鳴のようでまた渋い。約30秒のアカペラ「Thug Mode」でも、もうKrayzie Boneのラップが秒速でいてメロディを奏でているのが痛感できてイイ。ここ最近のトラックに噛み合う暗澹ダウナーでいて、ビートを無機質にボトボトとドリップした「This Is Real Life」も超イルで、Krayzie Boneの緩急自在にして撃ち込む意識の奥底へと言葉の弾丸を埋没させるラップに浸食必至。どちらかというとNellyが得意にしそうな爽やかなメロディポップ「Let Me Learn」も最高にツボで、まるで朝焼けみたいにキラキラと眩くて澄んだメロディに、白い息を吐いて朝陽に溶かすようなKrayzie Boneの滲んで鮮やかなラップが心に沁みます(感涙)。ゆっくりと沈んでゆくように漆黒ドープでスリリングな「Apparently」も、Krayzie Boneのさらりと翻し羽ばたくラップが軽やかさを足して聴き易く調合しています。Krayzie Boneのビターなフロウが弧を描いて地平線に消えゆく「Those Kind Of Words」もドラマチックで、まるで漆黒の夜空にギラギラと銀色の星を瞬かせるように、Krayzie Boneのラップが煌めき転回するのが幻想的。再びYoung Nobleが客演参加した「Eternal Fight」はヒリヒリと痛ましいコーラスが響くコロッセオチューンで、刺々しくも逞しいKrayzie Bone(技)とYoung Noble(力)の衝突がまたまた劇的。最後を飾るのは涙無しでは聴く事の出来ない淡いメロウチューン「If U Could See Me Now」、まるで雨上がりのような湿り気を漂わせて鼓膜を揺らすトラックもさることながら、やはりその湿度を保ちつつ温もりをじんわりと伝えるKrayzie Boneの雨上がりの空に似た鮮やかさがたまりません(胸打)。

Bone Thugs-N-Harmonyと名乗るのだから、当然とメンバーでのあの早口流麗なハーモニーラップが一番の魅力でもあり、その点では各自ソロを聴くと寂しくあるのも否めない。しかし、Krayzie Bone一人でもやはりそのメロディアスさはくっきりと顕在で、この低音で男前な鋭利フロウは誰にも真似出来ない伝家の宝刀で御座います。もっとゴリゴリに攻めたKrayzie Boneも聴きたいなとは思うけれど、このアルバムも程よくメロウも混じっていて単純に好きです。




テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽