RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Marques Houston「Famous」
5464c64a.jpg

Immature(IMx)のフロントマン“Batman”こと、Marques Houstonの通算六作目となる『Famous』を御紹介。なんだか爆発的ヒットこそないものの(いや、超絶エロチックチューン「Naked」は大ヒットと言えるか)、二年ぐらいの等間隔を空けて続々とソロ作を量産している辺り、やはりR&B好事家からの信頼が厚いのでしょうね。そんなMarques Houston(以降はMHと省略)ですが、本作は老舗インディレーベル(もはやインディとは言えない気も)である“Shanachie Ent.”からのリリース。なんだかインディ落ちって捉えるとマイナスな気もしますが、Shanachieからは良作ばかりが切り落とされるので、僕なんかはかえって安心して本作を待ち構えておりました(狂信的)。それでもやはりExecutive Producerには、Chris Stokesの名前がクレジットされていますね。
それではザックリとつまらない感想ですが書かせて頂いて・・・・・・まず本作では全曲の制作にMarques Houstonが共作でクレジットされていますね、抜かり無しで御座います。そして大半の楽曲はImmanuel Jordan Richとの共同制作になっていて、まずはその楽曲群から触れますと。のっけからMarvin Gayeの「Let's Get In On」の冒頭を拝借した反則スレスレの「Only You」でスタート、この曲ではバスンバスンと空気を含んで打ち込む打ビートで舞い上がるキラキラシンセの中、Marvin Gayeを意識したセクシー且つ激情的なMHのヴォーカルが迸る一曲。水滴が滴るような潤いたっぷりのツヤツヤ感が活きた湿潤スロウ「Nothin' On You」では、MHお得意の極上喘ぎ声ファルセットが天高くそそり立つセクシー全開な一曲で、思わず仰け反ってしまう曲線的ストリングスが美しいの一言。表題曲となる「Famous」でもそのファルセットはスイスイと流麗に響くんですが、弦音を良い意味でこじらせた歪曲的メロウに混じって、男臭い骨太な低音も響く二重構造がまた素晴らしい。まるでJustin Timberlake×Timbalandの最近のヒットを茶化すかのように(個人的見解)、たっぷりと隙間を作り溜めの効いたゲロゲロチキチキビートを繰り出す「Leaving My Girl」の、ねちっこい泥濘具合は最高の一言。こういう南部産っぽい泥臭さを醸しつつも、しなやかで鮮麗なファルセットを全編に敷き詰めて、清廉で煌びやかなバウンスへと変形させた一曲。「Make It Last Forever」はバスタブの湯気みたいにほんのりと甘く揺らめくエフェクトのヴォーカルがセクシー、でもネットリと膨れるビートはやはりドロドロしていて濃い。口音でこだまする“ぼうーーん♪ぼうーーん♪”ビートの重みと、水彩模様の淡いシンセとがくっきり分かれて、不思議な鮮烈さを生み出す前衛的なミッド「Speechless」もアグレッシヴで面白く、次第にコーラスが周波数を大きくして艶やかな磁場を作り飲み込んでしまう感覚がツボだったり。「Lifetime」はもう変則無しの王道な透き通ったバラードでやっぱり素敵、MHのエレガントな甘美なファルセットがふわふわと舞うフェザータッチなソウルチューンでナイス。エンディング曲である「Fly Away」はDrake一派が提示したアンビエントなトラックを繰り出し、静かに連綿と続く靄っぽいヴォーカルが妖しくじっとり絡み付く官能的スロウに。とここまでがImmanuel Jordan Richとの共同制作曲、あとは他のProducerと組んでまして。まずBenjamin F. Briggsとの共同制作となる「Take Your Love Away」は、囁く様な静かなMHの歌声が変幻自在な音程駆使で滑らかにうろつくフィリーソウルな風合いのアダルトミッドでスムーズの一言に尽きます。あとはEric "Cire" Crawfordと共同制作した「The Way Love Is」がブンブンチクチクとヒューマンビートボックスを軸にしたスカスカチューンで、これもどこかTimbalandっぽい粘着性を持った一曲。Eric "Cire" Crawfordはもう一曲「See You」も共同制作していて、これもまた口音ベコベコビートを軸にした亜熱帯チューンで蒸し蒸しした質感が独特な一曲。

なんだか毎度と、その時その時のトレンドを意識した(パクった)サウンドを提示しつつ、なんだかそれも含めて面白いと感じさせてくれる辺りは、やはりMarques Houstonのシンガーとしての魅力(巧さ)がそうさせているんじゃないかなとふと実感します。踊れるんだからそろそろアッパーな曲も聴きたいなとも思うんですが、彼の甘美で淫靡なファルセットは好きなので、まあ良しとしましょう(納得)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Jessie J「Alive」
jessie-j-alive-thatgrapejuice.jpg

英国の白きソウルシンガー、Jessie Jの通算ニ作目となる『Alive』を御紹介。前作でデビュー作『Who You Are』は全英チャート第二位、全米チャートでも第十一位を記録するヒットに。キャリアの初期にはMiley Cyrusの大ヒット曲「"Party in the U.S.A.」やChris Brownにも楽曲を提供していたというJessie J、前作から二年というスパンなのでなかなか順調な活動ですね。前作ではパッツン黒髪(で黒いルージュ)だったのが強烈な印象だったのですが、本作では打って変わって金髪で坊主頭という変貌ぶり、やはりなかなか奇天烈で御座います。しかしこのスッキリ凛としたジャケットは素敵、なんだか神々しくさえ感じてしまいます(畏怖)。
では早速と中身はどうなっているかのお話・・・・・・まずはJohnny BlkとClaude Kellyが共同制作した閃光火花のパーティーチューン「It's My Party」で元気よく幕開け、ザクザクとカッティングするギター弦の音にゾクゾクとテンション上がるし、まるで熱くなったエンジンが唸りを上げるようなJessie Jの突き抜けたハイトーンヴォーカルで気分高揚。「Thunder」はStarGateとBenny Blancoが共同で制作、“Thunder”とは言いつつもトラック的には雷雲過ぎし後の晴天のようなスッキリした鮮やかさがあって、パワフルでビリビリと電撃走らすJessie Jの振り切れたヴォーカルが刺さります。TMSが制作を担当した「Squeare One」はドラマチックに濡れた冷たいミッドで、途中で挟まる男性のトロトロエフェクトヴォイス(もしやJessie Jの声なのか?)がかなり良いアクセントになっていてグッド。「Sexy Lady」はAmmoが制作を担当したロックポップナンバーで、こういう刺激たっぷりで轟音を立てるアッパーはJessie Jが水を得た魚状態。Dr. LukeとCirkutの鉄腕コンビが制作を担当した「Harder We Fall」はアコースティックギターの爪弾きが旋律となって華麗に舞うアコースティック寄りのミッドで、明朗にして可愛いJessie Jの歌声が真っ直ぐハートに飛び込む一曲。再びStarGateが制作を担当した「Breathe」はピアノ鍵盤音がヒラヒラ散る背景に、明滅するシンセがピュンピュンと錯綜する感触がクールな一曲。「I Miss Her」はChuck Harmonyが制作を担当した純真無垢なピアノバラード、優しくどこまでも深いJessie Jの慈しみ溢れるヴォーカルに引き込まれ、どこまでも沈んでしまう感動のバラード。Josh Abrahamが制作した「Daydreamin'」は70年代ポップを思わせる電子音のキラキラした電飾がカワイイ、ジューシーで甘酸っぱいミッドで単純に好き。「Excuse My Rude」はDr. LukeとCirkutが共同制作で、客演にはまだ16歳の女子MCのBecky Gが客演参加。バイーンバイーンと振動して跳ねるビートと、サビでの柔らかくシルキーなメロディとの対比も面白いし、Becky Gのサイバーテロみたいなラップも面白い。Ammoが再び制作した「Wild (U.K. Version)」ではBig SeanとDizzee Rascalが揃って客演参加、ドタバタ地団駄踏むアグレッシヴなビート炸裂曲で、三人の掛け合いも絶妙で疾走感も相俟ってグッド。Cirkut単独制作の「Gold」は燦々と降り注ぐショーシャンクばりの黄金色の照光シンセが眩いバラードで、威風堂々のJessie Jの疾風ヴォーカルが吹き抜けるのを体感できて気持ち良い。Jon Jon制作の「Conquer The World」ではまさかのBrandyとの共演が実現、もともと清廉として透き通った歌声のBrandyだけに、こういう白さ目立つトラック&共演相手でも全く違和感なく張り合っているのが素敵。最後を飾る表題曲「Alive」はまさかのRodney "Darkchild" Jerkinsが制作、ただここでは完全にJessie J寄りでトラック提供していて彼らしさは感じないのが残念かな。

相変わらず歌える、巧い、カッコ良い、痺れました。音はどこまでもポップなんだけど、その振り絞り爆発する歌声はソウルっぽくて良いんですよね。ただ、デビュー盤で受けたほどの衝撃はなかったかな、なぜだろうか。でも各トラックの水準はかなりの高レベルだし、Jessie Jは言うまでもなく歌えてるし、ただ僕の期待が大きかったからでしょうね(笑)。歌好きな方なら聴いて損は無いですね、BrandyとBig Seanが参加しているけれど、Black Music好きは今回は敬遠した方がいいかなーという色味。


テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

11/15のツイートまとめ
roc_queen

似合わなくていいから欲しい、ウーッ、テーンッ!って感じで。Wu-Tang Clan & DC Celebrate 'Enter the Wu-Tang: 36 Chambers' 20th Anniversary http://t.co/S7truHsHwt
11-15 15:41