RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Salughterhouse「Welcome To: Our House [Deluxe Edition]」
slaughterhouse.jpeg

現存するラップグループの中でも最もドリームチームなのでは、と思われるSlaughterhouseの通算二作目『Welcome To: Our House』を御紹介。もはや書く必要はないと思いますが、SlaughterhouseはCrooked I、Joe Budden、Joell Ortiz、Royce da 5'9"という凄腕MC四人が同盟を組んだスーパーユニット。どういう経緯でこんな兵ばかりが結集したのか僕には不明ですが(浅知恵)、元はE1よりデビュー盤『Slaughterhouse』をリリースし、その後はあのEminemが自身のレーベル“Shady Records”と契約を結びましたね。本作はそのShady Recordsからの初配給、これを機に各々がメジャーと契約してソロ作を出せたら良いのですが(期待)。
それではちょこっと頑張って感想を書かせてくださいな・・・・・・まず本作のExecutive Producerは勿論Eminemですね、これが本作にどういった影響を及ぼすのか。そのEminemがSkylar Greyを伴って客演参加した「Our House」はAlex Da Kidが制作を担当、バシバシと鞭でしばきあげる様な引き裂き系のビートの応酬と、刺々しく凍てついたSkylar Greyのヴォーカルが華を添えていてとってもアイシー。売れっ子Hit Boyが制作を担当した「Coffin」は、騒々しいサイレン音をベッタリ塗りたくった電子メロディに、バキバキとへし折る骨太で荒々しいビートをぶつけた豪快アッパー。しかもそこに怪獣Busta Rhymesまで参戦し辺り構わず蹴り飛ばすんだからたまらない、超重量級打線とは正にこの事(卒倒)。T-Minusが制作(Co制作にEminem)を担当した「Throw That」ではEminemが参加、チキチキと浮ついたおふざけクレイジーなビート構築は完全にEminem趣味でちょっと興醒めな部分も。AraabMuzicが制作(Add制作にEminem)の「Hammer Dance」は、ぶわぶわと微振動しながらじわり広がる濃霧みたいなシンセ音が冷徹ミッド。「Get Up」はまさかのNo I.D.が制作を担当(Add制作にEminem)、これは極めてNo I.D.らしいThe Hours「Ali In The Jungle」をブツ切りしてループさせたレトロで感触残るロック風味アッパーで最高にホット。ズカズカとキックするメロディ&ビートと共に剣舞のように鋭く駆けるSlaughterhouseの面々の神速ラップ、最高にキレキレで御座います(八裂状態)。StreetrunnerとRaymond "SAROM" Diazが共同制作(Co制作にEminem)の「My Life」は、ストリングスを効果的に使った滑らかで流麗なトラックが平凡、なんですがCee-Lo Greenが例の怪鳥ヴォーカルをケタケタと重ねる事で面白みが増しております。Imogen Harp「Little Bird」をネタ使いした「Flip Bird」はBlack Key BeatsとZukhanが共同制作、これがもう単に“ふりっぱばー♪ふりっぱばー♪ふりっぱばー♪”の呪文フックのみが頭に残って離れない不可思議な魅惑の一曲。Swizz Beatzが客演参加した「Throw It Away」は、当然Swizz Beatz制作だろうと主わて実はMr. Porterが制作を担当というひっかけ(Add制作にEminem)。もはや大ネタであるESG「UFO」使いの頭痛しそうなガンガンキンキンする電子音がループし、その上でSwizz Beatzのお構い無しなアゲアゲフックがヘイヘイと盛り上げるジェットチューン。再びSkylar Greyがその悲哀に満ちた凍てつく瀕死ヴォーカル(褒言葉)を重ねる「Rescue Me」はAlex Da Kidが制作を担当、これがギュルギュルとタイヤがアスファルトと擦れる様な歪んだメロディが弧を描く、乾いた疾走チューンで相当にカッコイイ(痺)。どことなく50 Centが好みそうな凶弾警報ビートがおどろおどろいく響き渡る「Fast House」はT-Minusが制作(Co制作にEminem)、この滅裂に引っ掻き回すモンスタービートだと、余計にキャラが立った四人構成の妙味を味わえますね。女性コーラスの澄んだ天使フックに、ひらひらと舞い落ちる花弁のようなピアノ旋律が美しい甘美ミッド「Goodbye」はBoi-1daが制作(Co制作にEminem)。これはもうBoi-1daらしい流麗で澄み切ったメロディが際立った潔白なトラックで、真冬の空の下に広がる空気の止まった空間みたい(浮遊)。Kane Beatzが制作した「Park It Sideways」は後光の射すような煌びやかで眩いメロディ、どこか神憑った優しく慈しみ深い壮麗曲。「Die」は再びMr. Porterが制作を担当、ここではRoyce da 5'9"のキレキレなラップが美味。「Our Way (Outro)」はBoi-1daが制作を担当、暗澹としたドロドロトラックはあまり惹かれずに残念。とここまでが本編の内容で、Deluxe Editionにはあと四曲も追加収録あります。まずはEminemが制作&客演参加した「Asylum」、聴いてすぐとEminem作だと分かる隙間スカスカでチープで地下で響くような詰まったサウンド、Slaughterhouseの囁くような低音ラップが面白いかな。StreetRunnerにRaymond "Sarom" DiazにI.L.Oが共同制作した「Walk Of Shame」は、Band Of Skulls「Light Of The Morning」を下敷きにしたピコポコ瞬くフラッシュシンセに、ドリルで金属に穴を空ける様なキーン音が耳に残るアッパー。J.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作を担当した哀愁漂うスベスベした一曲「The Other Side」は、Add Vocalで参加したJohn Legend似の歌声のSongvibeがちょっと気になるかな。Kane BeatzとJMIKEが共同制作した「Place To Be」ではあのB.o.Bが客演参加、ロキッシュで尖ったザクザクメロディにB.o.Bのシャイニーな歌フックが鋭く光るナイス配置な一曲でグッド。

ハッキリ言ってこれだけの豪華メンバーが集まれば、最強なのは必至でもはや当然となってしまうのが残念かも。しかも後ろ盾にあのEminemですからね、そしてやっぱりEminemが関わった事で彼の狂気的な影が全体にちらついていた気がします(個人的見解)。逆に粗末なものは出せないという猛プレッシャー。と書きましたが、彼らにはプレッシャーなんかある訳ない、ラップすればいいだけ(貫禄)。元々それぞれが個人で活躍していた訳で、そういう意味では100点満点の作品だとしても、キッチリ四等分して一人あたり25点という計算をしてしまう僕が居ます(臍曲)。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

11/13のツイートまとめ
roc_queen

Chrisette Michele - "Charades" | Music Video http://t.co/1bffcSTp
11-13 16:06

これが非常に難しい立ち位置、Garyをどうするか。#nowplaying Third Stone From The Sun/If You Love Me Like You Say - Gary Clark Jr.
11-13 16:42