RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Junior M.A.F.I.A.「Conspiracy」
Conspiracy.png

今は亡き伝説のMC、The Notorious B.I.G.が結成したMC集団、Junior M.A.F.I.A.のデビューアルバム『Conspiracy』を御紹介。Junio M.A.F.I.A.はLittle Kim(現在のLil' Kim)、Kleptomaniac、The 6'sなる五人組、Trife & Larcenyのデュオ、これら9人で構成されているみたいです(ちなみにこのアルバム当時のメンバー)。Junior M.A.F.I.A.の後半部分は、“Junior Masters At Finding Intelligent Attitudes”の略なんだそう。Lil' Kim以外のMCはほぼ知らない訳ですが、まあLil' Kimのお若いこと(笑)。確かに太々しい顔つきをしていますが、まだまだ今の様な貫禄がありませんね。ちなみに肝心のBiggieはExecutive Producerとしてクレジットされており(その中にはLance "Un" Riveraの名前もある、彼は後にJay-Zに(真偽は闇の中)刺され負傷した人物)、ラップではあまり参加しておりません(残念)。
それではまた不足しまくりな感想をザックリ丁寧に書きますよ・・・・・・まずはTrife & Larcenyがラップする「White Chalk」、制作はDaddy-Oが担当。BiggieとMethod Manのくぐもった不穏な声をサンプリングしつつ、ピッ...ピッ...と脈打つ心拍計の音がバックで響き続けるダークでどろーんと淀んだトラック。その上をかなりサグくのたうち回る二人の影のあるラップが鋭く、いつぞやのMobb Deepを彷彿とさせますね。Junior M.A.F.I.A.の面々が勢揃いの「Realms Of Junior M.A.F.I.A.」はThe Notorious B.I.G.、Jamal Phillips、Little Caesar、Cheek Del Vecがマイクリレー。ESG「UFO」をべったりサンプリングし、危険でサイレン音に近い電子音をループさせた酩酊トラックはDJ Clark Kentが制作を担当。やっぱり最後に登場するBiggieが全部を持って行く感はありますね、彼だけ異様にエコーがかった加工を施されています(別格)。またまたBiggieとLil Caesar、そしてLil' Kimが登場する「Player's Anthem」はDJ Clark Kentが制作を担当。Doug E. Fresh& Slick Rick「Ladi Dadi」をループさせたスカスカなビートは最高にホットで、終盤に登場するLil' Kimの声がキュートでたまらない(愛嬌)。引き続きDJ Clark Kentが制作を担当した「I Need You Tonight」はTrife、Lil' Kim、Kleptoがマイクリレー、これは90年代らしいフルーティーで甘酸っぱいメロウチューンでスッキリ爽やか、でも三人の灰汁の強いラップでネットリと粘性が増して艶やかになっておりますね(魅惑)。Ez Elpeeが制作でSylvia Striplin「You Can't Turn Me Away」をネタ使いした「Get Money」、BiggieとLil' Kimがガッツリとタッグを組んだ凶暴デュエットに発奮確実。これまたこの頃の素敵な風習である大ネタ使いな果汁たっぷりなR&Bトラックがフレッシュで聴き易く、海沿いをサンセット見つめながら車を転がすような涼しさがたまらなく心地良いのです(安息)。「Crazaay」はまたもやDJ Clark Kentが制作を担当、DJ Clark Kentらしいチープさが毒の冷ややかゴーストホラーチューンがじんわり効いてきます。Jimmy Cozierなる男性シンガー(J Recordsからデビューしていた彼だ!)の熱く滴る様なソウルフルな歌フックがたまらない「Back Stabbers」はDaddy-Oが制作、ネットリぐっちょりと甘く濃厚なメロウチューンで、とにかくJimmy Cozierの熱く迸るヴォーカルが最高ッ。これはLil' Kim単独曲でしっとりとシルキーなラップを聴かせて、エローく鼓膜に絡み付くきつめのパルファム風味でグッド(興奮)。レコードのプツプツ音が終始響くどこか寺院っぽい殺伐&静寂なトラックがWu-Tang Clanっぽさを感じる、Akshunが制作した「Lyrical Wizardry」もカッコイイの一言。Kleptoのソロ曲なんですが彼の擦れて空を斬るようなラップが神懸かりにカッコイイ、ゴツンと押しが強いんだけれどもスマートさも感じる魅力あるMC。Special Ed制作の「Oh My Lord」は、そのSpecial EdとBiggieの共演曲。ピコパコと機械的に鳴るボタンプッシュ音の連なりに、ベース弦の野太い音と硬質なビートが被さる王道オールドスクール風な一曲。Akshun制作でCheek Del Vec、Klepto、Trife、Larcenyがマイクを回す「Murder Onze」も、ちょっぴりコスモチックな電子音のしとやかな広がりが神秘的な空間浮遊メロディで超クールです。

最近のHip Hop(つまり文化の含めて)も勿論好きなのですが、この頃の一触即発的なヒリヒリ感もやっぱりたまりませんね、色褪せません(懐古)。皆が知っているBiggieとLil' Kimの出番こそ少ないですが、充分に楽しめる一枚。最近のHip Hopに飽きたならやはり原点回帰、こういうド渋いアルバムを聴くとリセット出来ます。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

10/18のツイートまとめ
roc_queen

この頃の白人ポップがR&B接近してたのが良かったなぁ、これはTeddy作。"Just Got Paid" by 'N Sync #nowplaying http://t.co/9s2lFAT8
10-18 09:35

いいねーーーー、Futureやっぱり冴えている。Future - "Neva End" Remix Feat. Kelly Rowland by futureisnow via #soundcloud http://t.co/97uCUKE6
10-18 12:12

Photo: Teddy Rileyも復調気味な今、Dallas Austinにもあの頃の勘を取り戻して欲しい。 http://t.co/q9hZoOPS
10-18 12:21

LabrinthのTinie Tempahとの仕事は素晴らしかった、次はシンガーの楽曲を提供して欲しい。 http://t.co/LQZJWmnk
10-18 23:43