RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

04 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Maroon 5「Hands All Over」
Hands All Over (Deluxe Version)

Adam Levine(Vocals, Guitar)、James Valentine(Guitar)、Jesse Carmichael(Keyboards)、Mickey Madden(Bass)、Matt Flynn(Drums)の五人で編成されるバンド、Maroon 5の通算三作目となる『Hands All Over』を御紹介。Maroon 5って本当に音楽性がごった煮な感じで、確かにR&Bっぽい要素も強かったりして、なんだかBlack Music好きの人でも気軽に聴いている人が多いバンドですよね。僕の彼らの一番の印象は、Grammy賞で新人賞をKanye Westに競り勝ったというところ、あの時のKanye Westはかなりご立腹に見えた(けれど後に彼らはコラボしているから不仲ではない)。まあ、そういう経緯もあってかかなりBlack Music界にも縁の深いバンドですよね。あとはAdam Levineのあの甲高くて少しこもった歌声、彼がデビューした時からずっと僕は“なんだかCee-Loに似た怪鳥ヴォーカルだなあ”と常々思っていたのですが、今では米の人気番組“The Voice”で審査員仲間になりましたね。
それでは内容を簡単ですが紹介したいなと思います・・・・・・まず本作ですが、製作陣で大きな特徴がありまして。AC/DCにDef LepardにShania Twainなども手掛けた大御所中の大御所Producer、Robert "Mutt" Langeが制作に深く関わった模様。そうです、僕にはコッチ方面の知識はないので受け売り情報ですが(笑)。あとはクレジット読んでいてい気付いたのですが、Additional ProgramingでChad Hugoの名前があって、これはあのThe NeptunesのChad Hugoですよね(驚)。まずは本作からの先行カットとなった「Misery」でナイスな幕開け、この曲はもうMaroon 5らしい甘酸っぱくもほのぼのとした明朗な空気感が開花したナイスアッパー。Adam Levineのキュンキュンする様なファルセット混じりで舞い上がる、まるで鍵盤音みたいな歌声が冴えていますね。ベンベンと低く唸って響くベース弦とドラムスの絡み合ったグルーヴがスリリングに背筋を伝う「Give A Little More」は、少しレトロなサウンドを匂わせたロックチューンで、スムースなんだけどどこかエキゾチックで刺激的なAdam Levineの歌声にジリジリ焦がされますね。エレキギターでガンガンとハードに攻めるもピアノ鍵盤の音色が少しキラメキを塗していてグッドな「Stutter」、フックではすごくエモーショナルさを加速させるのがMaroon 5風味かなと。ちょっぴりJazzyなスウィング感が御洒落でスマートな「Don't Know Nothing」は、少し地面から足が浮く様なふんわり感がたまらないミッド。長いトンネルを抜けて陽光の下に飛び出した時の眼の眩みに似た眩さが切ない「Never Gonna Leave This Bed」は失恋曲、一気に風を背中に受けて加速し鼓動する様な、そんな刹那的な感情が一瞬にして爆発するナイスミッドに。どことなくStevie Wonderっぽいカラフルでスウィートなポップさが滲んでいるキュート曲「I Can't Lie」も可愛くて好き、コツコツと鳴るピアノ鍵盤の高音が胸を高鳴らせて浮かれた恋心とリンクしますね(胸躍)。ちょっぴり歪んだ電子音を無骨に繋げた生粋のロックナンバー「Hands All Over」はMaroon 5にしては結構尖ったサウンド、でもフックで少しクリーミーさが見え隠れするのも肝。壮大な大地の片隅でぽつんと佇んで耳を傾けている様な、そんなだだっ広いスケールを感じるバラード「How」、温もりを失って遠くに消えてゆく恋人の姿が、野原を駆け抜けて空に消える風に似たメロディと共に切なさを増幅させる失恋バラード。小気味良くテンポ良く突き進む微熱混じりの熱帯夜チューン「Get Back In My Life」、これもMaroon 5ならではの持ち味ではないかと。本作中で僕が最も好きなのは愛する恋人との別れを叙情的に綴った傷心のバラード「Just A Feeling」、何度も繰り返し滲むAdam Levineの切なく締めつけるヴォーカルがとっても切なくて美しい、行きつ戻りつする愛情の彷徨う様がメロディラインとシンクロしてハートを揺さぶる美曲です(涙)。軽やかな鍵盤音がスルスルと壮美に流れる「Runaway」もグッド、この身軽さというか微熱な具合がMaroon 5のサウンドって感じで僕は心地が良いのです(安息)。そして最後はあのLady Antebellumとの共演が実現した「Out Of Goodbyes」、ほっこりと心に温もりと優しさをもたらせてくれるアコースティックなカントリー曲で相性は抜群。とここまでが本編の内容で、国内盤にはこれらに加えてボーナス曲が7曲収録。バーボンの様に艶やかに輝きながら感性を熱く火照らせる「Last Chance」、なんだか1stに収録されていそうなドラマチックで少し暗いサウンドが病み付きな「No Curtain Call」、アコースティックな演奏にする事でまったく表情が違って原曲とはまた異なった魅力が溢れる「Never Gonna Leave This Bed (Acoustic)」「Misery (Acoustic)」、前作収録のライヴVer.を観客の熱狂と共に収録した「Wake Up Call (Live)」。そして面白いのがあのAlicia Keysの永遠の名曲をカバーした「If Ain't Got You (Live)」と、Queenのこれまた名曲をカバーした「Crazy Little Thing Called Love (Live)」の二曲ですね。前者はAlicia Keysの“MTV Unplugged”にもAdam Levineは参加していたので、その魔法がまた蘇ってきて興奮しました。後者はAdam LevineとFreddie Mercuryのルックスにどこか通じる所がある様な気がしてバッチリシンクロしていました(個人的見解)。

元より愛を歌うのが上手いバンドだと感じていたMaroon 5、本作はこれまでの作品の中では少しポップ寄りになっていた気もしますが、やはり聴き易さは素晴らしくてなんだかんだでループして聴いてしまいます。これまでの作品に比べて物凄く満足のゆく内容という感じではなかったですが、先行曲「Misery」の胸キュンなポップさとか、「Just A Feeling」のギュッと苦しくなるぐらいの切なさは大好きです。残念なのはオリジナル発売の少し後に、Christina Aguilera参加の「Moves Like Jagger」が発表され大ヒットし、その曲も収録した豪華盤が出された事ですかね(苦笑)。これから購入を検討する方は、そちらの豪華盤をお薦めします。


スポンサーサイト



Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

04/27のツイートまとめ
roc_queen

Usher「Scream」はMax Martin制作なのか、応援したくなる。
04-27 00:20

Tweet、新作出るかも……。http://t.co/SSgk18Oq
04-27 09:19

Keri Hilson綺麗、金髪似合うなぁ。http://t.co/aEbCQ5Ph
04-27 09:21

Alexandra Burkも動き出したみたい。http://t.co/XE4OhF8y
04-27 09:23

メイク中のAlicia Keys、まだ途中でも綺麗だー。http://t.co/sP8MzabA
04-27 09:26

まさかWeezyがここまで大物になろうとは、当初は予想してなかったんだろうなぁ。T-Painとも、Juelz Santanaとも、コラボするの楽しみだったのに……。♪「Stutter」 - Maroon 5『Hands All Over』 #inthemood
04-27 16:23

J. Dillaのレコードって、廃棄物として棄てられていた経緯があるの?驚くー。♪「Don't Know Nothing」 - Maroon 5『Hands All Over [Bonus Tracks]』 #inthemood
04-27 16:25

おおおおおおお、EveがSwizz Beatzとスタジオに居るっ!完全復活間近っ?http://t.co/URFleiQV
04-27 16:29

JadakissのMT欲しいけど、ゴチャゴチャするのが嫌なんだよな。正規盤と分けたい。てかこの違和感は、髪の毛生えてたからか。http://t.co/XaQf5a3g
04-27 16:38

これは反則だけど、いい。♪「If I Ain't Got You [Live]」 - Maroon 5『Hands All Over [Bonus Tracks]』 #inthemood
04-27 16:53

Continue

Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Notorious」
roc-vove--Notorious.png

貧しい幼少期からストリートの悪党に、そして華々しい衝撃デビューから射殺されるまでの、The Notorious B.I.G.(以降はBiggieと省略)の激動の人生を映画化した『Notorious』のサントラ盤『Notorious』を御紹介。Biggieの人生を映画化すると聴いた時は、なんだかんだで結局は立ち消えになると思っていました。しかし無事に映像化され、しかもここ日本でもきちんと字幕のついたDVDまで発売されて嬉しい限りでした(歓喜)。肝心の映画『Notorious』についてはコチラを観て頂いて、ここではそのサントラ盤に焦点を当てたいと思います。
それでは簡単になりますが内容はこんな感じに・・・・・・まず本作は映画の主人公であるNotorious B.I.G.の名曲の数々を収録、その中に未発表曲と新曲を織り交ぜたものに。だから注目すべき新曲から、ここでは触れておきたいと思います。まずはBiggieの親友でもあったJay-ZがSantigold(当時はSantogold名義だったが後に改名)を伴ってクールにキメる「Brooklyn」ですね、しっかしここでのJiggaとSantigoldがあまりにカッコ良過ぎて、悶絶してから気絶しますよね(叫)。制作したのはやはりJiggaの腹心であり好敵手でもあるKanye West、彼の十八番のサンプリング仕様でSantigold「Shove It」の声をグルグル巻きループさせた一曲。硬質且つ瓦礫みたいなバラバラと砕けるビートとメロディはあまりに無機質、そんな殺伐とした中をJiggaが颯爽と韻踏みメロディを変えながら邁進するという、かなり癖のある一曲だけに耳にベットリとこびり付く中毒曲に(失神)。もう一曲はあのJadakissとBiggieの元妻であるFaith Evansがタッグを組んだメロウチューン「Letter To B.I.G.」、制作はあのNeedlzでネタ元は Linda Lewis「This Time I'll Be Sweeter」を使用。Jadakissの例のしゃがれた声で静かに切々とじんわりじっくりと進むラップは、それこそまるで手紙を読んでいるかのような情感が押し寄せますね。Faith Evansのそっと寄り添う様な囁きヴォーカルもたまらなく美しく儚い、考えると新曲は実際にBiggieとレコーディングした事のあるアーティストばかりが選出されたのですね。あとはBiggieの愛息であるCJ Wallaceが父とそっくりな声を重ねた「One More Chance (The Legacy Remix)」もアリ、まだまだ幼い声ながら少し曇って重たい圧のある声質は父親譲りかな(笑)。あとはデモ曲を三曲収録しているんですが、これもかなり粗い音質ながらそれが時代や想い出を感じさせてたまらなくイイんです(涙)。いかにもPuffy Combsが考えそうなMichael Jackson曲をネタ使いした「Microphone Murderer (Demo)」、ボカンボカンとボムのように降り掛かり爆破するビートのみで突き進むクラシカルでバトルチックな「Guaranteed Raw (Demo)」、あの巨躯とボケ声を少し宙に浮かせた様なハイトーンのフロウがなかなか希少で最高にホットな「Love No Ho (Demo)」と、どれもフリースタイルっぽい曲ながら非ッ常ーーーーに聴き応えのあるデモ曲ばかりでグッド。あと本作では、かなり有名ながらなかなか公式盤には収録されていなかった(不思議)「One More Chance/Stay With Me (Remix)」も収録されていて、むしろ原曲よりコッチの方が聴き慣れているのでその貴重さが薄れそうで怖い(苦笑)。あとはもう説明不要過ぎる名曲ばかり、ここで敢えて言うまでもないですが一応ラインナップだけ紹介しておきます。あのBone Thug-N-Harmonyを援軍に迎え、彼ら同様に高速スピットを器用にかますBiggieが単純に面白い「Notorious Thugs」は今考えたら異質なコンボ技。当時としては破格な超高額なPVも話題になった「Hypnotize」、Biggieの死後に編まれた超軽快な三羽烏のファンキーな暴れ曲「Notorious B.I.G.」、イントロを聴いただけでジューシーで甘い果汁を思わせてヨダレが垂れてしまうBiggieの代表曲「Juicy」、名前こそ知ってはいるが公式に収録されるのは今回が初めて(?)「Party & Bullshit」、警戒し緊張感溢れるピーンッと張り詰めた空気感がたまらない「Warning」、Primoのどす黒くてヘヴィー級のビートと不穏でアンバランスなメロディ感がイイ「Kick In The Door」、西海岸からToo Shortを招いたというのも興味深い(また意外と若かりし頃のCarl Thomasも参加しているのも味噌)ドロッとしたメロディがカッコイイ「The World Is Filled」と、どれもすぐにメロディが浮かぶ正に古典な楽曲のオンパレード。

だからといって本作をThe Notorious B.I.G.のベスト盤みたく扱うのはあまりに軽卒、これだけでは全然足りませんね。だからデモ曲と新曲目当てで購入すべきアルバム、あとは本編である映画『Notorious』の方をガッチリと確認すべきです(念押)。BiggieとPuffyやFaith EvansやLil Kim、そしてTupacとの出逢いまでが詳細に描かれていて、真偽は別として(きっと脚色も多少はあるだろうし、全員の想い出が一緒だとは限らない)とても興味深く観られる映画です。Hip Hopファンならば必見、その後でサントラ盤である本作を楽しみましょう。