RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

SuperHeavy「SuperHeavy」
superheavy_jkt_photo.jpeg

Mick Jagger、Joss Stone、Dave Stewart、Damian Marley、A. R. Rahmanという、音楽界の豪華な面々が集結した超ヘヴィー級バンドSuperHeavyの『SuperHeavy』を御紹介。伝説のバンドThe Rolling StonesのMick Jagger、英国出身で白人ながらその濃いソウルフル声で魅了するJoss Stone、Eurythmicsとしてポップ音楽を牽引したDave Stewart、インド映画音楽界(『Slumdog Millionaire』を手掛けたのも彼)の巨匠A. R. Rahman、これだけ書いただけでもどれだけ異文化に住む音楽のエリートが勢揃いしたのかが分かると思います(震撼)。一見するとなんの繋がりも無い様に感じますが、それぞれどこかしらで共演経験があったりと面識のある組み合わせになっているのも(もう詳しくは書きませんが)、このスーパーユニットSuperHeavyが生まれるべくして生まれたのかなと、運命的なものを思わせますね。この企画はDave StewartがJamaicaに構える家で着想を得て、それを旧知の仲のMick Jaggerと話し合い構想を練ったのだとか。
それでは簡単にですが内容を御紹介しますと・・・・・・まず本作を制作したのはその発起人であるDave StewartとMick Jaggerの二人、特にDave Stewartはここでは完全に裏方に徹しております。まずはジャカジャカと奏でるギターサウンドが雄大な大地を吹き抜ける風の様に壮大な「Superheavy」、トコスカとすからせて鳴る太鼓ビートも大らかで、そこにMick Jaggerのしわがれた芳醇な歌声、Damian Marleyのベタッと重たいフック、Joss Stoneの相変わらず渋くてタフな歌声が絡んで、なんとも不思議な色合いを魅せます。完璧にRaggaeテイストなトラックにMick Jaggerの突き抜ける様なリラックスしたヴォーカルが唸る「Unbelievable」も、そんなRaggae節の中にもIndianなメロディも滲んでいたりして、そんな中Damian Marleyが登場すると完璧なRaggaeモノに固まるというヘンテコな面白さがグッド。裏を取るビートとメロディが完全に南国風味の「Miracle Worker」は、少しくブルージーなメロディに冒頭からJoss Stoneが登場しソウルフルにカラーリングしてしまい、しかしフックに入ると途端にトロピカルで明るいメロディへと転調するカラフルさ。ビギビギと微振動を起こしながら電撃を走らせる疾走エレクトロ「Energy」はDamian Marleyの独壇場、かと思いきやフックでは思い切りよくロックに転調し、Mick JaggerとJoss Stoneが高らかに大声張り上げて歌い上げて気分爽快。「Satyameva Jayathe」はA. R. Rahmanのミステリアスなヴォーカルで幕を開け、曲も最初は教会チックなものから、神聖な祭事を彷彿させるインド音楽っぽいノリになり、終盤では流麗なストリングスを敷き詰め輝きを強めてゆく様子が万華鏡のように美しい(不思議)。ほぼ全編をMick Jaggerが歌うバーボンテイストのブルージーチューン「One Day One Night」は、半分Joss Stoneに歌わせたらもっと感情移入出来たかも。アコースティックギターを爪弾くカントリーロック「Never Gonna Change」もMick Jaggerがほぼ単独、でもこの曲は素直に好きで、Mick Jaggerの燻し銀な歌声で歌う別離のバラードが胸にグッと来ますね。Joss Stoneの囁く様なヴォーカルがまるで女神の微笑みの様に神々しく美しい「Beautiful People」は朗らかでピースフルでハートウォーミング、Joss Stoneの謳う“さあ美しい人たち、その光を陰らせるような真似はさせないで、燃え立たせるの精一杯、今すぐに♪”というフックが僕はすごく好きで、落ち込みそうな時も顔をしっかり上げて、進み出さなくてはと改めて思い知りました(感銘)。青空の様に澄み渡った清涼なメロディも素敵ですね、すごく心が洗われます。やんわりとぼやけて光る電子鍵盤のメロディにDamian Marleyの煙たく滲みるヴォーカルがドラマチックに込み上げる「Rock Me Gently」、これはもう完全にDamian Marleyがカッコ良過ぎて痺れてしまいました(酔)。しんみりと心に沁み入るメロディは切なくて、ファルセット織り交ぜながら艶っぽく絡むJoss Stoneとの相性も抜群です。最初のJoss Stoneのシャウトで一気に昇天してしまう「I Can't Take It No More」は完全にハードにロックした一曲で、思わず頭を振りたくなる体温急上昇のホットナンバー。どことなくオルゴール調の音色をRaggaeメロディに散りばめ、バックには美しいストリングスを流した「I Don't Mind」もJoss Stoneの胸を締め付ける様な歌フックが最高に綺麗。三者三様のヴォーカルでそれぞれの愛を謳った、真摯なラヴバラードでじーんと来ます。この五人の組み合わせだからこそ説得力も倍増する世界平和を謳った「World Keeps Turning」、希望という光りを纏った煌めきたっぷりなメロディが清純で、聴いているだけで心が洗われて綺麗になりますね(感動)。とここまでが本編の内容、ここからはDeluxe Edition(国内盤も同じ)に収録されるのみのボーナス曲。まずは大地の恵みを思わせるマハラジャビートの「Mahiya」、この異国情緒溢れるメロディのこの面々が歌声を重ねるという面白さ。ハードなドラムスに有色人種なメロディが漂う「Warning People」、タンゴというかJazzというか酒場っぽいムードで包まれたブルージーな「Common Ground」、驚く程のビカビカな電子音でビート強めの「Hey Captain」、そして国内盤のみとなるリテイク物「Never Gonna Change(Acoustic)」と、どれも面白い楽曲なので国内盤を買って損はしないと思いますよ。

とっても面白い感覚、これだけバラバラな音楽家が集まるとなんとも知れない味わいが生まれるのですね(年代もバラバラで、20代、30代、40代、50代、60代と揃い踏み)。様々な音楽という果実をジューサーに入れてミックス、でも完璧なジュースにはなってなくて、所々でまだ砕かれきれずに果肉がゴロゴロが残っているという感触、それがまた美味いのです(意味不明)。つまりこの『SuperHeavy』は僕はすごく好きです、とっても楽しい実験的な一枚だと思います。僕はBlack Music専門でしか聴かないけど、それでも純粋に楽しめました。まあ勿論、Joss StoneとDamian Marleyが参入しているから興味も湧いたのですが。“うまく噛み合っていない、溶け合っていない”等、どうやら批判的な意見も多い様ですが、なんだかんだで音楽好きならこの融合を楽しんで聴けるのではないかと思います。だから聴く価値あり、お薦めしますよ。

スポンサーサイト



Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

東方神起「TONE」
2050267120568.jpeg

アジアを代表するヴォーカルグループ、新たに生まれ変わった東方神起としては初のデビュー盤『TONE』を御紹介。元々は皆さん御存知の通り五人組だった東方神起、しかし事務所問題などでJejung、Yuchun、Junsuの三人が離脱し(現在はJYJとして活動中)、残るYunho(ジャケット右)とChangmin(ジャケット左)の二人で東方神起として活動再開。僕は五人で活動していた東方神起も応援していたので、やはりデュオになったのは悲しいですが、活動出来ないよりはマシですね(頷)。本作は3ヴァージョン用意されており(PV収録DVD付属のAタイプ、LIVE映像収録DVD付属のBタイプ)、僕は一番収録曲の多いCタイプを購入。この黄色いジャケットが一番好きだったのもあるのですが、実はDVDも観たかったので、かなり迷いましたが(笑)。
それでは気になる内容を確認しますと・・・・・・まずは昔の唱歌を彷彿とさせるShinjiroh Inoue制作の「Introduction ~Magenta~」でしっとりと美しく幕開け、この曲では日本語の持つ淡き美しさと、東方神起の柔らかく繊細な歌声でほんのり酔わされます。そして最近は僕がヘヴィーローテーション中の「B.U.T(BE-AU-TY)」で一気にボルテージMAX、制作はYoo Young JinとRyan JhunとAntwan Frostの三人が共同で担当。無骨で硬質なビートが縦横無尽に叩き壊すダンスナンバー、この曲はもう目眩を起こしそうな程のストロボシンセが炸裂するのも、フラットに滑り抜ける様なフック(そしてあの“どぅんどぅんどぅんどぅん♪”)の中毒性がかなり危険。しかも音程はフラットでも、フックは激しく鼓動を打ちバウンス感を倍増させていて、とにかく死角無し。ここで感じるのは日本語詩の妙、少しヘンテコで奇天烈な日本語を当てはめているが為に、どこか異世界な面白さを感じてしまう。Dsignが制作を担当した「I Think U Know」はブリッジでサイボーグチックなエフェクトを使いデジタライズな波を創り、一気にメロディアスなフックへと昇華させるテクノ風味なアッパー。再びShinjiroh Inoueが制作したアコースティックスロウ「Duet」、これがまた切なさと甘酸っぱさの混じった素敵なラヴソング。優しく語りかける様に歌い、そして強くギュッと抱き締めて離さない様な、ぱっと光を放ち色めくフックが鮮やかで眩しいぐらい(純粋)。John Paul Lamが古典的な名クラシック曲をサンプリングし制作した「Thank You My Girl」、誰もが知っているストリングスラインをベースに、そこに尖り切ったバキバキの電子サウンドをべったりとコーティングした意外にもアッパー仕上げ。しかし基軸となるメロディはやはり華やかで、そこのブレンド加減が絶妙。まるでBabyfaceみたいなアコースティックギラーの弦律がたまらない「Telephone」、制作はMichele Vice-MaslimとC.J. Vanstonが共同制作。ほんわかと丸みを帯びたフォーキーな音色、ブルージーさと切なさが滲むバラード。東方神起の優しいヒーリングヴォイスがじんわりと沁み入り、心を温めてくれる極上スロウ。the White N3rdが制作を担当した「Back To Tomorrow」は、ストリングスとピアノ旋律を絡めドラマチックに展開する、切なくも儚い流麗なバラード。幾度もリフレインするメロディ&フックはUSメインストリームに全く引けを取らない素晴らしい仕上がり。秒針をゆっくりと巻き戻す様なミステリアスなマイナー調のメロディに、キラキラと次第に微かな希望を照らし出す美曲。東方神起のフックでの熱っぽく華やぐヴォーカルが鮮やかで、とても胸を締め付けます。そして再始動の狼煙となったのがYoo Han Jinが制作の「Why?(Keep Your Head Down)」、これで僕は完全にヤラレました(一撃必殺)。ハードな荘厳なメロディはラストエンペラーの如き迫力で、アジアンテイストなスケールの壮大な古武術的な太鼓ビートが大地を揺るがし、とにかくインパクト大。どこか悪魔的というか地獄の業火さながらの灼熱ビートが、余計にこの曲の躍動感と熱気を盛り上げていますね(痺)。ここでのChangminの咆哮ヴォーカル凄まじくカッコ良い(勿論Yunhoのネッチリと張り付くラップもだが)、天変地異を引き起こしそうな轟く高音ヴォイスの破壊力は抜群。中国的な琴の音色で始まる「MAXIMUM」はYoo Young Jinが制作、ここでの打ち込みサウンドはやはりアジアンテイスト香り立っています。フックでのカッと閃く様なパワフルな歌声で一気に昇天してしまいます。ロックっぽいカットでザクザクと突き進む「I Don't Know」はHitchhikerなる人物が担当、この曲がまた本作のサウンドの幅を広げていますね。これまたUSのメインストリームを意識した「Superstar」はLars Halvor JensenとJohannes JoergensenとDrew Ryan ScottとLindy Robbinsが共同制作、ビガビガとぎらついた光線を放ちベッタリしたフックを連ねる、四つ打ち風のエレクトロチューン。Katsuhiko Yamamotoが制作の「シアワセ色の花」は、良い意味で純J-POPを堪能できるゆったりと穏やかなスロウバラード。ピュイーピュイーと高らかに鳴るホイッスルシンセと、スカッと爽快な青空系のメロディが気持ち良い「Easy Mind」はCoachが制作。この曲を聴きながら海沿いを窓全開にしてドライブすれば、嫌な事などすべて忘れて気分転換出来そう。「Weep」はSolayaが制作を担当、澄んだメロディとヴォーカルで胸がキュンとしてしまう優しいスロウチューン。最後を飾る「Somebody To Love -2011 Version-」は、五人編成時代の曲を二人で歌い直し、やはりこれを聴くとまた五人で聴きたいなと願ってしまいますね(涙)。

うーーーーん素晴らしい、素直に良く出来たバランス抜群の一枚で天晴れ(称讃)。僕はそんな韓国贔屓ではなく、応援しているのも今の所はこの東方神起と少女時代だけ。韓国というだけで目の敵にする方もおられるみたいですが、やはり音楽技術(ヴォーカルやダンスの実力は勿論、音楽性やアーティスト性)はやはり日本に勝っている気がします。まずこの音を使って、これだけ踊って歌える(しかもルックスが良い)シンガーは日本にはいないかと。聴かず嫌いの方には是非聴いて欲しい、非常に良く出来た力作で御座います。五人揃った東方神起も観たいですが、このYunhoとChangminのデュオでも充分に魅せてくれるので、現状は大満足しております(薦)。