RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jesse Boykins IIIを知らなかったとは
Jesse-Boykins-iii-b4-the-nights-thru.jpeg

僕はなぜ彼を知らないまま生きてきたのだろうか。
その彼とは、Jesse Boykins IIIの事である。
彼はN.Y.にあるThe New Schoolにて、あのBilalに音楽を学んでいたという逸材。
Bilal好きの僕ならばすぐに喰いつく筈である、なのに知らなかったとは(無知)。

そんなJesse Boykins IIIが新曲「B4 The Night Is Thru」が発表されている。
これがまた夜会系のヒンヤリとスムージーなメロウチューンでバッチリ僕の好み。
しんなりと柔らかで品のある彼の歌声がたまらない(恍惚)。



あとこの曲には、最近もう知らない人はいない音楽集団OFWGKTAのSyd The KydがRemixまで手掛けています。
これもSyd The Kydが関与というだけで、もう話題になること必至ですね。
これがまた極めてOFWGKTA風味の、ヒステリックと幻想の間を揺れ動く様な質感で素晴らしい。
OFWGKTAの面々が作る音楽は、どこかThe Neptunesっぽさを感じてしまいますね。



とにかくJesse Boykins IIIのアルバムが聴きたい。
かなり気になってしまっています。
彼のデビュー盤『The Beauty Created』、Amazonでまた購入してしまおうか。
しかし最近はお金使い過ぎだし、でもやはり欲しい、気になる。
この「B4 The Night Is Thru」が収録されたアルバムが出るのだろうか。
詳細求ム。
ちなみにJesse Boykins IIIの画像も探していたのだが、、このジャケットがエロくて素敵だったので、そのまま紹介の意味で掲載しました。ここにもさりげない芸術性を感じてしまいます。


スポンサーサイト



Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jason Derulo「Future History」
Future_History_cover.jpeg

J.R. Rotemが主宰するレーベル“Beluga Heights”から華々しくデビューした、ダンスも踊れる22歳のシンガーJason Deruloの通算二作目『Future History』を御紹介。デビュー作となる『Jason Derulo』も好セールスを記録、幸先の良いスタートを切ったJason Deruloなだけに、その前作から僅か一年程のスパンで本作を届けられたのでしょうね。その甘酸っぱい歌声の中にもどこかギュッと絞ったパワーが感じられ、他の若手シンガーの中にあっても特徴的な歌声をしている様に思われます。しかも本作『Future History』のジャケットからも判断できる様に、彼はなかなかのダンススキルも持ち合わせていて、それをあまり前面に押し出していない辺り、これからの伸びしろを僕は期待していたり(その証拠に、2010年の年間R&B Top10において第八位に『Jason Derulo』はランクイン)。
それではさらさらと内容を紹介してゆきましょう・・・・・・まずは「The Banana Boat Song」をサンプリングした先行シングル曲「Don't Wanna Go Home」で幕開け、制作はThe Fliptonesなる人物が担当。この曲はあのフックこそちょっと耳馴染みがあるし、まあJason Deruloらしいエレクトロポップ感が炸裂したアッパーで嫌いでもないのですが、そんなにハマらなかったので地味な印象。続いてシングルとなったヒューヒュヒューと口笛っぽい音と共に、アコースティックギターの爽やかな弦の音色が吹き抜けるそよ風ミッド「It Girl」はなかなか好き。とにかく清涼感溢れる微炭酸テイストなメロディが、Jason Deruloの甘酸っぱくスパークリングなヴォーカルと混ざり合って、ちょうどいい刺激を伴って胸を熱くさせます。今や売れっ子のDJ Frank Eが制作を担当した「Breathing」は完璧に四つ打ちビートを基調としたエレクトロ閃光アッパー、ビガビガと目の眩む様な光を放ちながら伸びるJason Deruloのロボチックな歌フックが印象的ながらも、僕はどうもこういうエレクトロ色が濃い楽曲は苦手だったり。「Be Careful」でやっとJ.R. Rotemが制作を担当、少しだけ電子音を配しながらも基本的には滑らかなピアノ旋律とストリングスを組んだ、荘厳でドラマチックな冷たいバラード。“君を恋しいと思うのは、呼吸をしている時だけ♪”と表現する愛の形が美しく、切々と迫る様なこの情感たっぷりなリフレインフックが耳に残って離れません。再びThe Fliptonesが制作を担当した「Make It Up As We Go」は、どことなくこのガチャガチャと喧騒的なジャングルビートがMichael Jackson「Workin' Day And Night」辺りを彷彿とさせる(全く違うが)Timbaland趣味な一曲。ドカドカと派手にビートをドロップしながらも色鮮やかなシンセが流星の様に駆け巡り、そこにヒューマンビートボックスまで織り交ぜるという、貪欲なビートの応酬がたまらなく僕のツボ。Jason Deruloのカラフルでフルエナジーなヴォーカルも素敵、聴いたら踊らずにいられないパーティーチューンでグッド。夜明けを迎える様な、あの暗がりがじわじわと明るく輝き色味を取り戻す様な、そんな鮮やかさがシンセサイザーで描かれるラヴソング「Fight For You」。RedOneとBeatgeekとGeo Slamが共同制作したこの曲は、正にJason Derulo節だと思う。電子的なメロディもJason Deruloの甘酸っぱいエナジーヴォイスが伸びやかに奏でる事で、すごく情熱的で優しく感じてしまえる、“君の為に戦うよ、君はその長い戦いに挑むの価値のある女性さ♪”と謳う詩もタフでロマンチックで良いじゃありませんか。「Pick Up The Pieces」は再びJ.R. Rotem制作(Co制作をJD Walker) 、どこかアフリカンメロディを感じるトラックは電子ファイバーを組み込む事で不思議な魔力を放っていますね。また所々でJason Deruloのヴォーカルをチョップしたりカットしたりする遊び心も面白い。“もし愛がガラスで出来ているのなら、二人で破片を拾い集められるかな♪”と切なく謳う、復縁を題材にしたバラードだったりもします。ギターをジャカジャカ爪弾く爽快ミッド「Givin' Up」はThe Fliptonesが制作を担当、跳ねて旋回する様なメロディがどこかカルメン風、Jason Deruloの舞い上がる様なファルセットも気持ち良く炸裂する一曲。再びDJ Frank Eが制作を担当した「Bleed Out」はダークなシンセがはびこる凍てついた一曲で、フックを全編ファルセットで細く歌い上げるのも印象的。「That's My Shhh」はCarlos "Los" McKinneyとTerius Nash(!)が共同で制作を担当、一聴してThe-Dreamのそれと分かるリフレインリフレインをトロトロと滴らせるフックが官能的なメロディが素敵。ピッチを少し遅くしたピアノ旋律と電子音のベッタリと絡み付くメロディが、ベッドの上の男女の様に大きく仰け反りグラインドする極上スロウ。ビコビコな光線銃シンセがビュビュン飛び交う「X」はThe FliptonesとThe Outerlimitsの共同制作、最近はこういうテクノ全開なクラブバンガーが多過ぎる気も(飽和)。悲しく打ち拉がれるエレキギターを悲劇的に奏でるブルージーな別離曲「Dumb」、制作はJ.R. Rotemという事で彼の引き出しの多さに驚かされます。とここまでが本編の内容で、国内盤にはこれらに加えて三曲のボーナスが追加されています。J Marlonが制作を担当した失恋バラード「Bombs Away」はなかなかの出来映え、鮮やかなシンセを紡ぎながらも透き通る様な純白さを感じさせる、潔白のスロウで、Jason Deruloの咽び泣く様な必死のヴォーカルは激しく胸を打ちます(泣崩)。あとは「Don't Wanna Go Home(Club Junkies Radio Mix)」「Don't Wanna Go Home(7th Heaven Club Mix)」と、ありがちなミックス曲収録で、これなら別に要らないのだけどと思ってしまう(辛口)。

うーん、ハッキリ言って期待値を上回る事は出来ず、あまり面白くは感じる事がなかったかもしれません(残念)。これが最近の流行の音なんだと思えばそうなんですが、どう考えても前作『Jason Derulo』の方が面白かったかな。外部に頼むなら全く違う毛色のProducerに頼むか、いっそのことJ.R. Rotem単独で手掛けた方が良かった気も。閃光シングル二曲にあまり嵌れなかった方は、一作丸ごとそういう気分になってしまうかもしれません(僕がそうでした)。エレクトロ好きやダンス好きは素直に楽しめるのかもです、僕はちょっと老いてきたのかも(笑)。でもまだ二作目、Jason Deruloには期待していますからね。

Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

10/07のツイートまとめ
roc_queen

Photo: Beautiful。 http://t.co/R24Mipqt
10-07 15:30

あらま、Gordon Chambersも新譜が……どうしよう。♪Now Playing - Jagged Edge「When The Bed Shakes」『The Remedy』
10-07 20:41

Photoset: 名曲の影にMac有り。本当に素晴らしい発明品であり、僕も今やその魅力の虜である。学生時代から数えると三大乗り換えているiPod... http://t.co/HZLhTIWc
10-07 23:23

Robin Thicke「Sex Therapy」、今聞き返したけれど、すごく良いねやはり。 http://t.co/Rs7xII8n
10-07 23:27

Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Committed「Committed」
517mche3jel.jpeg

Maurice Staple 、Alain "Tommy" Gervais 、Theron "Therry" Thomas 、Robbie Pressley 、Dennis "DJ" Baptiste 、Geston Pierreの六人で構成されたアカペラグループ、Committedの記念すべきデビューアルバム『Committed』を御紹介。彼らは米NBCのアカペラコンテスト番組“The Sing-Off”(審査員にはBoyz II MenのShawn Stockmanや、PCDのNicole Scherzinger等)のSeason 2で見事優勝を果たし、その副賞としてEpic Recordsとの契約を勝ち取った実力派。六人編成という事でやはりTake 6を彷彿とせずにはいられないCommitted(彼らのFacebookを覗いてみると、影響を受けた人物にTake 6が挙っている)、しかし何度もの挑戦を勝ち上がった彼らですので、Take 6に負けないぐらいの完璧なコーラスワークを聴かせてくれます。
それでは簡単になりますが内容を・・・・・・まずはChris Brownのカバーに挑んだ「Forever」、これは冒頭から意外な選出で驚きました。華やかでキラキラ輝くライトアップされたメロディが、美しい曲線を描きながらするすると紐解かれてゆく様で、幻想的でなんだかたまらない。ほぼコーラスのみでこのギャラクシーな雰囲気を生み出せるのは、単純に凄いと思う。このリフレイン感はやはり癖になるキレイさ、すでに総立ちで拍手かも。ハーモニーがどこまでも鮮やかに心底に澄み渡って来る「Unstoppable」、原曲はKerrie Robertsなる女性シンガーのカバー。ちょっぴりフォーキーで温かなメロディがまるで木漏れ日の様で、心地良く聴き惚れてしまいます。ほのぼのとしたメロディが鼓膜を優しく包み込んでくれる、声の温かみというものを再認識させてくれます。スーッと冷気が足元を伝い広がる様なメロディがクールでミステリアスな「Break Free」はオリジナル曲、Theron ThomasとTyson EvansとJoseph Getfieldが共同制作の様。スベスベとした少しサイバーなメロディが這うトラックは妖艶、こういうトラックもCommittedはさらりとこんしてしまうのですね。結婚式なんかで流したら感動必至の「Nothing Without You」は、男性四人コーラスグループBoyzoneのカバー。純白系のポップでどこまでの淀みのないメロディが、徐々に熱を帯びて輝きを放ち躍動してゆく展開が素敵過ぎる。これを六人の声のみで色鮮やかに、そして優しく仕上げているのが凄いと思う。原曲も素晴らしかったけど、より厳かで神聖さが増している「Pretty Wings」はMaxwellのカバー。とにかくゆっくりじっとりと官能的で、撫でる様なハーモニーで腰が抜けて悶絶すること間違いなしです。この曲は元より少ない音をじっくりと丁寧に丹念に織り上げたものなので、それをCommittedの完璧な声に変えて、より身近な温もりのある昇天曲に仕上げています(感動)。往年の名曲であるAl Green「Let's Stay Together」もカバー、ここで聴いてまず思うのはこの曲がどれだけの時間が経っても色褪せない事の凄さ(実感)。懐かしのドゥーワップ調で仕上げて、しなやか且つソウルフルにゆったり穏やかな気持ちにしてくれます、あの頃の咽び返る様なソウルをじわーっと表現してくれています(天晴)。有名な黒人霊歌である「Soon As Will Be Done」も秀逸、パーカッションもベースも全てヴォーカルというのがこの曲だと余計に如実に分かりますね。「Do Anything」はCommittedのオリジナル曲、ピカピカと明滅するライティングハーモニーが煌びやかで鮮烈で、この疾走感と清涼感は最高に気持ちが良いですね。「Sweet Home Alabama」はLynyrd Skynyrdのカバー、Committedのハーモニーを以てすればどんな楽曲も、それがカントリーロックバンドのものであってもソウルフルナンバーに変化させる事が出来るのだから凄いです(感心)。数々の映画音楽も手掛けている大物、Mervin Warrenが制作したオリジナル「That's When I'll Get Over You」はもう最高に美しい王道コーラス曲、心の汚れを綺麗にまっさらに洗い流してくれるゴスペル風味のシャイニー曲で、朝の日差しの様に眩しく活き活きとしたメロディがたまらない(感動)。Warryn Campbellが制作で、その妻でありMary Maryの片割れであるErica Campbellが参加した「It Is Well」、これもどうやら昔からある有名なゴスペル曲の様ですね(正確には「It Is Well With My Soul」なのかな)。これも精神に安らぎを与えてくれるヒーリング効果抜群の極上スロウ、これを街中にずっと流せば犯罪も激減するのではないかと思う程、慈しみ深い(涙)。ここでのErica Campbellの年代物の高価な楽器の様なヴォーカルが素晴らし過ぎる、ただただじっと目を瞑って聴くばかりです(祈)。最後を飾るのはStevie Wonderの爽やか過ぎる名曲「As」のカバー、Stevie Wonderの曲はポップさの中にきちんと黒いグルーヴがある様に僕は感じて、強弱メリハリのついたCommittedのコーラスが心をウキウキと踊らせてくれること必至で御座います(軽快)。あとオマケ的な感じで「Break Free(Radio Mix)」も収録されておりまして、これはシンセを少しずつ足してよりエレクトロチックに仕上げた、コスモスパイスの効いた絶妙ミックスとなっていて聴く価値あり。

とにかく真面目な正統派、ここまで正統派で来ると逆に気持ちが良いです。最近のR&Bに親しんでいる人には少し物足らない面もあるかもしれません(?)が、しかしこれだけの音色をこのCommittedの六人で奏でているのかと思うと、やはり驚いてしまいますね。やはり僕が大好きなのはMaxwell「Pretty Wings」の絶品カバーかな、こればかり何度も聴いてしまいます。勿論Maxwellの歌う原曲が好きだというのも大いにありますが、Committedの完璧なハーモニーで聴く「Pretty Wings」は、また違った魅力に溢れていて好きなんです。以前に紹介したAhmirといい、このCommittedといい、こういう本格コーラスグループがまたもっと出現したら良いのにな。