RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

07/13のツイートまとめ
roc_queen

RihannaがArmaniのモデルか、なんだか楽しみだ。モデルに向いてる。 http://t.co/La6R1Dp
07-13 19:46

Jack White×Black Milkって、すごく興味深い。早く聴きたい。♪Now Playing - Random Axe「Understand This」『Random Axe』 #inthemood
07-13 20:42

Jack White×Alicia Keysの『007』テーマ曲もすっごい痺れた、異色だけどキマってた。♪Now Playing - Random Axe「Monster Babies」『Random Axe』 #inthemood
07-13 20:44

Lloyd新作の増量盤(Target仕様)が欲しいけど、無い。Amazonでも無理なのか?♪Now Playing - J. Cole「Higher」『Friday Night Lights』 #inthemood
07-13 21:07

何気に最近、呟いてなかった。久々だと何を呟こうか悩んだり。♪Now Playing - Tyler, The Creator「Nightmare」『Goblin』 #inthemood
07-13 21:34

こないだ真夜中、午前二時過ぎに運転してる時にTyler, the Creator聴いてた。なんだか不思議な魔力(魅力)を放っていて、またちょっと聴き始めた。♪Now Playing - Tyler, The Creator「Golden」『Goblin』 #inthemood
07-13 23:07

サウンドは初めからすごく好き、異常な重たさがどこかネックだったんだが。♪Now Playing - Tyler, The Creator「Analog (Featuring Hodgy Beats)」『Goblin』 #inthemood
07-13 23:12

なんだろう、結局は嵌りつつある。あれだけ抗っていたのに、重た過ぎると敬遠していたのに。真夜中に聴いたのが大きかった。♪Now Playing - Tyler, The Creator「She (Featuring Frank Ocean)」『Goblin』 #inthemood
07-13 23:20

過去に書いた『Goblin』の記事を読もうかと思って覗いたけど、最近はRocBox 2を更新していなかった。♪Now Playing - Tyler, The Creator「Yonkers」『Goblin』 #inthemood
07-13 23:21

この時とはまたちょっと感想が違うかも、こういう風に遡ると自身で面白い。この時もやはりサウンド面での評価がすこぶる高い。Tyler, the Creator「Goblin」 http://t.co/mvSD7d2
07-13 23:25

スポンサーサイト



Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Maybach Music Group「MMG Presents: Self Made Vol.1」
MMG Presents_ Self Made, Vol. 1

Rick Ross率いる新勢力レーベルMaybach Music Groupのコンピレーション盤『MMG Presents: Self Made Vol.1』を御紹介。人気急上昇中にまさかの看守だった経歴が暴露されたRick Ross、人気失墜するかと思いきやそのままリリースを重ね、他のMCからも一目置かれるストーリーテラーとして人気を不動のものにしています。そんなRick Rossが取り仕切るレーベル“Maybach Music Group”もそのRick Ross同様に上昇中、WaleやMeek Mill、Pillなどの新進気鋭の実力派MCを獲得する青田買い戦法で一気に補強を完成させました(50 Cent率いるG-Unitはベテラン勢を獲得するも、全く露出出来ないまま)。この急激な成長やコンスタントにドロップしている作品などを聴くと、やはりRick Rossはなかなかやり手のビジネスマンだと思われます。
それでは簡単に内容を御紹介したいと思います・・・・・・まず先に述べると、僕はこういうレーベルコンピは普通は購入しません。しかし本作は気になって購入、Def Jam勢も参入しているのも大きいのですが、何より僕が注目したのがあのTeedra Mosesが加入した点、彼女にはこの新天地で頑張って欲しいのです(期待)。まずはWale、Meek Mill、Pill、Rick Ross、Teedra MosesとMaybach軍団が揃い踏みの「Self Made」、制作はJust Blazeという事でもはや失神寸前。Just Blazeならではな早回しのソウルフル風味トラックと硬質なドラムスのパターンが鬼の様に素晴らしい、とにかく巧者なMC達の滑らか且つしなやかマイク捌きがカッコ良過ぎる。本当に素敵なMCばかりを取り込んだものだ、Rick Rossの手腕、Teedra Mosesのバックで絶えず流れる艶やかなヴォーカルも良ーーーい仕事しています。亡きTupacに捧げる(彼のヴォーカルもサンプルした)「Tupac Back」はRick RossとMeek Mill、制作はMike Willが担当。さっきはすごく洒落た燻し銀ソウルをやったkと思えば、次にはこういうザキザキな鉄工場みたいな鋭い金属トラックを配する憎さ。Cardiak制作の「600 Benz」ではWaleにRick Ross、そして外部より熟練の手練Jadakissが参加。こういうおどろおどろしいヘヴィー級のドシンドシン曲はWaleには似合わない気もしますが、その点は隠密殺し屋みたいなJadakissの凶器ラップがあっさり切り裂いてくるので補えております(墨付)。Young Shun制作の「Pacman」はPillとRick Ross、これもシリアスで殺気立った雰囲気を醸し出した血腥いシンセビートが泳ぐ一曲。Lil Lody制作の「By Any Means」はWaleにMeek MillにPillにRick Rossが参加、これも低く構えた恐怖に満ちたギャングスタトラック、暗黒街の静かにのっそり歩く様な重ためのシンセチューンはデンジャラス。Beat Billionaire制作の「Fitted Cap」はWaleとMeek MillとRick Ross、そしてデビューの待たれるJ.Coleが参加。こういうギャング気取りなヘヴィービートでラップするJ.Coleは新鮮だったり、しかしこういう面子でならばやはり燻し銀なソウルフル曲を聴きたいのが本音。そんな気持ちを一気に満足させるのがCardiak制作の「Rise」、PillにWaleにTeedra Moses、それから更にCyhi Da Prynce(ここでは何故かPrince Cyhi表記)とCuuren$yが参加という鉄壁具合。Lou Courtney「Come To Me」をサンプリングした、この柔らかく悩ましいほんのり輝くラグジュアリーなトラックが最高にハイ、全員が紳士を気取った色香たっぷりなフロウを聴かせていて、男でも思わず骨抜きにされるカッコ良さ(痺)。売れっ子のLexus "Lex Luger" Lewis制作なだけでも要注目な「That Way」、WaleにRick Ross、それからJeremihが参加という面白いコンボが実現。Jeremihのキャンドルの灯の様にとろーりと艶めく甘美なスロウヴォーカルがたまらなくセクシー、ピアノ鍵盤の静かな響きを軸としたメロディも大人のひと時といった感じで洒落込んでいます(正装)。Jahlil Beatsなる人物が制作の「Ima Boss」はMeek MillとRick Ross共演、電子鍵盤をギラギラと輝かせ鳴らすド派手なビカビカメロディがなかなか癖になりますね。Lee Majorが制作の「Don't Let Me Go」では、PillとGunplayという強力な若手の共演(この流れだと、GunplayはDef Jamとサインするのか?)。とにかく辺り構わず撃ちまくる様な鋭い弾丸ラップが飛び交う、銃撃戦さながらな殺伐とした一曲でやはりカッコ良い。またまたLee Major制作の「Pandemonium」が僕はすごく好きで、この色んなぶつ切り細切れの音要素を繋ぎ合わせたトラックはN.Y.仕込みな感じですごく渋くてカッコイイと思います。続く「Play Your Part」もLee Major制作ですごくカッコイイ、WaleにMeek MillにRick Ross、それからD.A.が参加した歌フック付きのこのソウルチューンは僕のツボです。Beat Billionaire制作の「Ridin' On Dat Pole」はPillの単独曲、ちょっぴりモンスターチックな電子音が連なる一曲でなかなか毒が効いています。PillとMeek MillとRick Ross、それにTorchとFrench Montanaが参加した「Big Bank」はYoung Shun制作曲。WaleとMeek MillとTeedra Mosesが参加の「Running Rebels」はTone Pが制作、パーカッションとホーンの効いたまろやかなソウルフル曲で、こういう滑らかな美曲にTeedra Mosesが絡んだら極上の味わいで痺れて失神します(酔)。

良かったですね、普通に高水準でした。僕はそんなにRick Ross個人が好きという訳でなく、彼の作品が敷くプロダクションがすごく好きなので、全編通してソウルフルだともっと大きく喜べたかもしれません(我侭)。あまりギャングギャングなヘヴィーチューンはWaleには似合わない気がする、あとTeedra Mosesの出番が無くなりますし。とにかくRick Rossのレーベルオーナーとしてのビジネス手腕に今後は期待ですよね、jay-Zは自分が目立ち過ぎてレーベルオーナーとしてはちょっとイマイチかも(それでも多く輩出していますが)。50 Centもあれだけの大物ベテランを抱えながらも、作品はそんなに出させてあげられていない現状ですし(Lil' Kimが参入する噂もありますが)。とにかくソウル方面のサウンドで頑張って欲しい、そしてTeedra Mosesを復活させて欲しいです(切望)。あとMaybach MusicとDMXが契約するかもなんて噂もありましたね、実現したら凄いな。