RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

02 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kandi「Kandi Koated」
Kandi_koated.jpeg

あのXcapeのメンバーでソングライターとしても活躍するKandiの通算二作目となる『Kandi Koated』を御紹介します。Kandiといえば数々のヒット曲のソングライトに参加、TLC「No Scrubs」やDestiny's Child「Bills, Bills, Bills」「Bug a Boo」、他にもMariah CareyやAlicia KeysやBoyz II Menや'NsyncややUsherやFantasia等々にも楽曲提供しています。そんなKandiも一時期の勢いはないですが地道に活動を続けていた矢先、元婚約者が殺害されるという悲報も流れ心配していましたが、こうやって無事に新作が届いて安心しました(安堵)。前作『Hey Kandi』からおよそ十年ぶりとなる本作、否が応にも期待が高まります。
それでは内容を簡単に御紹介しておきたいと思います・・・・・・まずはKandiの細く切り裂く様なファルセットが響き渡るシリアスなTim "Krazy Figz" Walls制作の「Intro」で幕を開け、そのままJ.U.S.T.I.C.E. League制作のピアノ旋律のドラマチックスロウ「I Want You」へ。ピアノ鍵盤のどこかヒンヤリと冷たいメロディとドカドカと打つ鼓動に似たビートが劇的、Kandiのゆっくりと感情込めて歌い上げる様がすごく心に迫るものがあります。「The More I Try」はKandi自信が制作を担当、これもピアノ鍵盤に鼓笛隊っぽい太鼓ビートがタタタタと続くスロウで、すごくトラックが控えめなのでKandiの歌声がより強調されてくっきりと鼓膜に響く一曲。続く「Give It to You」はBryan-Michael Coxが制作、ふわんふわんと丸みを帯びたまろやかなシンセにカチカチとした金属的なビートが絡むスロウ。大人の色香が漂うメロディもすごく良いし、Knadiの落ち着いたしなやかな歌声もすごく色っぽくて素敵です。Kuyaなる人物が制作を担当した「I Just Know」は最近のスタイルである、煌びやかなピアノ鍵盤の音色が静かに響く純白なクリスタルメロディ。スーッと透き通ったメロディにKandiの力強いヴォーカルがグッと入り込む一曲に。本作の注目曲になるのはあのNe-Yoが客演参加した「Me And U」、制作はBoogieが担当(Co制作にはあのRyan Tedderが参加)。トラック自体はどこか影のある黒っぽい渋い雰囲気なんですが、やはり清涼感溢れるNe-Yoの歌声が加わる事で、不思議と黒と白が綺麗に混ざり合ったマーブルメロウに仕上がっていてやはり虜になります(巧)。Malay & KPのコンビが制作を担当した銀河系の純スロウ「Lucky」もかなり中毒性が高い(注意)、宇宙空間をゆったりフワフワと浮遊する様なメロディに、The-Dreamばりに何度も繰り返すヴォーカルがグルグルと脳内を巡る夢想曲。このキラキラと小さな星が瞬く様なミステリアスなシンセが創り出す空間が素敵、いつまでも聴き続けたくなる心地よさ。LT-mOEなる人物が手掛けた「How Could You… Feel My Pain」は、Hip Hop系統のブレイクビートとホーンが印象的なタフな一曲。「Leave U」はあのJazze Phaが制作を担当した、ギューンと捻れるシンセに爪弾くアコギ弦でフォーキーな中にも未来的なメタリックさも兼ね備える見事なスロウナンバー。ここではJazze Phaらしい鋼鉄×泥土なトラックもソウルフルで良いのですが、KandiのR.Kellyマナーなファルセットの使い方も絶妙に効いていて抜群に素晴らしい出来上がりです。「Haven’t Loved Right」は再びMalay & KPのコンビが制作を担当(Co制作にはあのMelvin Colemanが参加)、突き抜ける様な明るく晴れ晴れとしたメロディが眩しい希望曲でゴスペル風味な一曲。優しくも大きなKandiの真っ直ぐな歌声にぎゅっと抱き締められる、なんだか安心するし元気が沸々と湧いてくる素敵な一曲です。純白系のメロディにロボット加工を施した電気メロディが印象的な「Leroy Jones」はElvis "Blackelvis" Williamsが制作を担当、ほのかなエレクトロコーティングで聴き易く、変に奇天烈な事もしないのでメロディの持つ聡明な美しさが全く損なわれていないナイスなミッド。でもやはり途中のビローーンと震動し響くシンセウェーブが癖あり、すごく病み付き度の高い爽快曲となっています。Taylor "Proper-T" Johnsonが制作を担当した女性讃歌「Superwoman」では、同じくXscapeのメンバーだったTiny(T.I.の妻)との共演が実現。二人の息の合った掛け合いは流石のものでしっくり来る、凛とした芯のあるタフな美曲で素敵です(涙)。最後を飾るのはChristfer "Drumma Boy" Gholsonが制作の「I Fly Abobe」、ブイブイと妖しい曲線を描きながら跳ねる電子トラックに乗せてKandiのブレスを巧く機能させた一曲となっています。

う~ん良かったですね、昔のイメージだとKandiといえばエッヂの効いたシャープな楽曲なんですが、本作『KandiKoated』では大人の落ち着いた気品溢れるヴォーカルをしっとり聴かせる、スロウなバラードを中心としたアダルトな一枚に仕上がっています(素敵)。これからも裏方で他のアーティストを支えながらも、こうやってKandiのヴォーカルを聴かせてもらいたいです(期待)。

スポンサーサイト



Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

02/06のツイートまとめ
roc_queen

そういえばAndreのクロージングライン"BENJAMIN BIXBY"は閉じたんだっけ?オシャレに興味のない僕も、あの服は欲しいなぁ。 http://twitpic.com/3wzgs5
02-06 14:28

Roc Nationが新たに女性DJ/モデルのHarley Viera-Newtonと契約だそう、僕は彼女を知らない。 http://twitpic.com/3wz4zq
02-06 13:57