RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

12/04のツイートまとめ
roc_queen

ヤバイなぁ、この曲は結構好きだよ。♪Swag Sex - Marques Houston Feat. Soulja Boy #inthemood
12-04 15:39

スポンサーサイト



Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Marques Houston「Mattress Music」
marques-Mattress_music.jpg

その抜群な露出度で多くの女性ファンを獲得している色気ムンムンの伊達男、Marques Houstonの通算五作目となる『Matress Music』を御紹介。ジャケットでもまたバッチリ脱いで肉体美を披露、女性でなくともやはりこの鍛え上げられた上半身見ただけで即購入となるでしょう(笑)。つい最近は元B2KのRaz Bに色々と口撃されていたMarques Houston(レーベルオーナーであり後見人のChris Stokesも同様に槍玉に上げられた)、真偽は定かでないまでも少しマイナスイメージを付けられた感がありますが、順調にこうして作品をドロップしてくれたので良かったです。
それでは気になる内容を簡単にここで触れます……まず本作では全曲をEric "Cire" Crawford×Chris Stokes×Marques Houstonの三人で製作しています、外部のProducerが全くいない事に少し驚きました。まず始まりの多重録音からしてたまらない「Mattress Music」、甘くしなやかな歌声で昇天気味に伸びるMarques Houstonの高音が美し過ぎる。彼が新たに“Mattress Music”というカテゴリーを創造しましたね(素敵)、トロントロンと零れる様に流れるシンセ粒が潤いたっぷりでたまらなく綺麗、これを掛ければ恋人達のベットは熱く溶けるばかり(断言)。エグエグと波打つシンセメロディに煌びやかな電子音が降り注ぐシットリと上品な「Pullin On My Hair」(MixedにHarvey Mason Jr.が参加)、バックで響き続ける変声エフェクトフック連呼がまた病み付き度を高める演出でたまらなくツボ。客演にはまたまたこういう夜会曲を得意とするRick Rossが参加、こういうシャンデリア風の煌びやかなミッドにもしっかり対応する髭熊男Rick Rossはやはり器用(誉)。「Kickin & Screamin」(MixedにHarvey Mason Jr.が参加)は子供っぽい単純な電子音の明解な連なりに、甘くキュートなヴォーカルを途切れずフワフワと載せて彩るメルへン風味。この曲はTrey Songz「LOL :-)」に似ているなと思うのは僕だけかな、でもこういうR&Bチューンも可愛いノリでアリだと思います。ケロケロと蛙っぽいロボ声加工のフックが鼓膜をサクサク刺激する「Mess」(MixedにHarvey Mason Jr.が参加)、メロディは繊細で美しいシルキー物なんですがフックのケロケロエフェクトがインパクト大で耳にこびり付きます(酩酊)。途中で小さく響くベットの軋み音が随所に散りばめられたトロ~リ溶けそうな美曲「Noize」、このギシギシがなかなかの小技で官能的な雰囲気&温度をグッと盛り上げています(技巧派)。時に吐息のように、また時に堪え切れずに張り上げるような、そんなMarques Houstonの熱っぽく濡れたヴォーカルが胸を熱く焦がすメイクラヴソングで最高にグッド。繊細で流麗なピアノ鍵盤のメロディにドカドカと叩かれる太鼓ビートがしなやかさと激しさを絡ませる「Swag Sex」、滑るようなスムーズな旋律に跳ねるリズムが疾走感たっぷりで聴いていて気持ちイイ。この滑走具合が客演のSoulja Boy Tell 'Emのクールなラップで余計に盛り上がり加速、二人のSwaggerが揃い踏みでカッコ良くキメちゃいます(人選最高)。深層心理にまで浸透しそうなクリアなミネラルウォーターの様に澄んだメロディが綺麗過ぎる「He Ain't Me」、Marques Houstonが高音から低音までをフルレンジで駆使し聴かせるハーモニーが素晴らしく美しい、彼が歴としたBalladierである事を証明しています(圧巻)。爪弾くアコースティックギターの弦律の隙間を縫って漏れるMarques Houstonの極上ファルセットがたまらない「High Notes」、Marques Houstonのヴォーカルに自然と靄に似たフィルターが掛かっていて、それがソフトに触れる様な色香を漂わせています(失神)。時折タフで少し男臭いヴォーカルを聴かせるR.Kellyっぽさの香る「Ghetto Angel」、これもドクンドクンと鼓動を打つ様なシンコペイトが凄く効いていて情動的な空気を演出しています。ビュンビュンとピコピコな電子音が交錯し彩り豊かな光線を放つミッド「Explosion」、聴いている内にトロトロと恍惚の世界へとトリップする事間違い無しで御座います。最後を飾るのは水滴の滴る音が聴き手の心と愛を潤す、溜息モノの上品で艶やかな美曲スロウ「Waterfall」(Add ProductionにOmarionが参加)。なだらかに優しく滑らかに歌い上げるMarques Houstonが最……ッ高に上手い(今更)、最後のファルセットでのアドリブとかもう神業といえるセクシーさで聴き手全員を骨抜きにしてしまいます、素晴らしいラヴバラードです(昇天)。

なんなんだ……この完成度の高さは。確かに僕はMarques Houstonは個人的に好きですが、このクオリティは半端じゃありません(驚嘆)。全ての男性R&Bシンガーがセックスアピールを前面に押し出していますが、Marques Houstonはこの『Mattress Music』で大きくリードしたと思います(賞賛)。確かに所々で電子加工を使っていますが全く嫌味でなく、ほんのり味付け程度でMarques Houstonのヴォーカルの持つ体温はそのままでより魅力増大。とにかく王道なアーバンR&Bという感じで僕は大満足でした、これで国内盤が出ていればもっと良かったのに(悔涙)。兎に角まだ聴いていない方は絶対に聴かないと不味いです、この『Mattress Music』(この題名を選んだMarques Houstonも凄い、この題名にもヤラレタ)をスルーするのは罪以外の何でもありません(警告)。