RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

03 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Wayne「Rebirth」
LilWayneRebirth.jpg

現在のHip Hop界を代表する大物MCと化けた、Lil Wayneの通算七作目となる『Rebirth』を御紹介。何度も延期を重ねていたので、もしかしたらお蔵入りしてしまうのではなんて危惧もあったのですが、そこは看板MC、無事にリリースに漕ぎ着けましたね(安堵)。最近のLil Wayneといえば自身主宰のレーベル“Young Money”を設立し、そこにはDrakeやNicki MinajやJay SeanやTygaといった注目のアーティストが控えていて、第二のJay-Zの様に大ボス化しそうな気配も漂っていますね。しかしLil Wayneの人気は衰える事なし、今なおLil Wayneの快進撃は続いていますねぇ。
そんなLil Wayneが満を持して発表した本作はというと……皆様も御存知の通り、なんとロックアルバムなんです、しかもガチガチの(直球)。これはHip Hopファンとしてはかなり賛否両論ありそうな試み、まぁLil Wayneがやりたい音楽なら仕方ないし、やはりHip Hopファンはチェックする以外にないのですが(笑)。まずはDJ Nasty & L.V.Mが製作した「American Star」からもう完全にゴリゴリのエレキサウンドで激しくロック、Lil Wayneのヘナヘナと軟弱な爬虫類声がオートチューンで蜃気楼起こしながら纏わりつく中毒性の高さ。SNL(Shanell)なる女性シンガーの甲高い歌声もきっちりキマッているし、なによりLil Wayneの下手なレロレロボーカルもなかなか悪くない。続く「Prom Queen」はDJ Infamousが製作を担当、エレキギターにドカドカと骨太に鳴るドラムスが鼓動を昂ぶらせる鋭くカッコイイ一曲。Lil Wayneはエフェクト掛けて牙を剥く様に吠えて、まるでロックシンガーさながら。「Ground Zero」はStreetrunnerとDJ Infamousが共同制作、ここでは軽やかに疾走感溢れるトラックにLil Wayneが後追いなボーカルを重ねる事でよりスピード感が溢れているナイスな一曲。“ううーううー♪”なノリが軽くて面白い「Da Da Da」はあのCool & Dreが製作を担当、ここではLil Wayneの“だぁ~だぁ~~あ♪”な気だるいフックがグルグルと脳内を回る極めて酩酊させられるし、途中ではスピード感溢れるラップも聴けてイイ感じ。続く「Paradice」もCool & Dreが製作を担当、人生の光と影を歌い“こんなのパラダイスじゃねぇッ♪”と叫ぶように歌うLil Wayneが感情たっぷりで胸打たれるブルージーな一曲。晴れやかで単純に一音をずっと鳴らして跳ねるハッピーファンキーな「Get A Life」、どこか懐かしくギラッとしたディスコサウンドとシンセサイザーが煌めくロックぽくはない「On Fire」もCool & Dreが製作を担当、彼らの引き出しの多さを感じさせられる仕上がり。Chase N. Casheが製作した洞窟内で妖しく神秘的に光る鉱石のような音使いが綺麗な「Drop The World」、あのEminemを客演に召還という事で話題必至の一曲。ここではお互いちょっぴり歌うのみでラップの掛け合いが聴けるので、Hip Hopファンも納得の仕上がり、Eminemの鬼気迫るラップはやはり斬れ味抜群で殺傷能力高し。SNLを再び起用した「Runnin」はなんとJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作を担当、内省的で静かに内に爆発力を潜めるこの曲では、SNLのボーカルがかなり冴えていて素晴らしい。「One Way Trip」ではKevin Rudolfを起用、製作はDJ InfamousでDrumsにはTravis Barkerが参加。「Knockout」では再びJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作を担当、陽光のように輝きの降り注ぐ疾走チューンが軽快でノリが良いし、終盤で登場する人気急上昇のNicki Minajのラップもなかなかキュートで痺れちゃいます。最後を締め括るののはDJ Infamous製作のガチャガチャはしゃぎ回る学生ノリの「The Price Is Wrong」、Kanye West「Robocop」から拝借した“おけぃ♪おけぃ♪”の繰り返しが好き。国内盤にはこれらに加えて、Cool & Dre製作の海岸線を颯爽と駆け抜けるような、透き通るように爽やかなアクア曲「I'll Die for You」(この曲は本作で一番好きかもしれない)と、DJ Infamous製作でSNL参加の叩きつけるような「I'm So Over You」の二曲を収録しています。

Producer陣は意外にもBlack Music畑の人が多かった、けれど完璧にロックしていて面白い、これはこれでアリかなと僕は思ったりもしました(元々ロックが嫌いという訳でもないし)。Kanye Westが発表した『808s & Heartbreak』もオートチューンを駆使した歌モノな一枚で、最初はちょっと拒否反応起こしたけれど、聴いている内に味が出てきてまぁ良かったしですね、本作もそんな一枚の様な気がします(双方共に下手ウマな感じが面白い)。Kanye WestはR&B風だったから下手さが浮き上がってみえて気になったけれど、その点Lil Wayneはロックという事で歌唱力は問われないからいいのかも(偏見)。The NeptunesがやっているN.E.R.D.のような感覚かな、完成度はN.E.R.D.の方が高い気がするけれど。まぁ最近ではR&Bも純白ポップ化してきてかなりボーダーレスな感じだし、こういう変化(進化?)は増えるかもしれないですね。Lil Wayne好きなら普通に楽しめるんじゃないかな、あとRock好きにも普通に受け入れられると思いますよ。でもやっぱりLil WayneにはMCとして頑張ってもらいたい、たまにフックを歌うとちょうど良いかな(笑)。

スポンサーサイト



Category: 日記  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ck-birth3162010.jpg

今日3月16日はチカちゃんの誕生日、おめでとう。

前日ではありますが、昨日に俺の部屋で二人だけで誕生日会しました。
誕生日の前々からチカには“誕生日、何してくれるか楽しみ~♪”と言われ、かなりのプレッシャーでしたが(笑)、なかなか素敵な誕生日会になりました。
誕生日プレゼントには、昔二人で行った天然石を扱ったお店“石ころ屋”で買ったネックレス、ホワイトデーのお返しには腕時計をプレゼント。どちらも直前までずっと悩み続けて選んだので、かなり疲れた、こういう時にはやはり、積極的に外に出ていろんな情報を得て、プレゼントのセンスを身に付けたいですね(涙)。
でもチカもすごく喜んでくれて、こういう時は“プレゼント贈るって素敵”って思います(笑)。

昼御飯には手作りでトマトソース仕立てのロールキャベツを用意、これもチカからの要望で(笑)。
一昨日の夜一時からから作り始めて、初挑戦だったので一時間ぐらいかかりました。初めて作ったので結局正解が見つからないまま寝て当日に。
まぁチカも美味しいって言ってくれたし、自分でもまぁまぁ美味しかったのでよしとしよう(笑)。
で近くで美味しいと評判のケーキ屋で誕生日ケーキも買って、これがチョコレートたっぷりのケーキですごく美味しくてチカも大満足、二人で美味しく食べました。

楽しい誕生日会になって良かった、チカが喜んでくれて一安心でした。


あ、御無沙汰の更新です、最近は推理小説読み耽っていてなかなか書けなくて。