RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

01 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Leona Lewis「Echo」
leona-echo.jpg

英国はLondon出身で英米共に成功を収めたLeona Lewisの通算二作目となる『Echo』を御紹介。オーディション番組“The X Factor"を勝ち抜いただけの素敵な歌声で、なんだかんだで僕もなかなか好きだったのが前作『Spirit』。けして黒くはないんですけど、最近はこういう毛色のR&Bもかなり多いので慣れてきましたね、ポップ音楽が嫌いな訳でもないですし。なかなか順調なスパンで届けられた本作も僕はすんなり購入、綺麗なのかイマイチ微妙な気がするLeona Lewisなのに、今回のジャケットはちょっと頂けないなぁ(惜)。
まぁ肝心なのは内容なんだからそこで勝負ですね……まずは盟友Ryan Tedderが製作を担当した「Happy」、柔らかなピアノ旋律に力強いビートが鼓動する朝焼けのように眩しく輝くスローで、Leona Lewisの清く高らかな歌声で身体中に光が差し込みます。「I Got You」はArnthorが製作(Max Martinがソングライトに参加)した、これまた一筋の紺碧の光がスーッと照らす輝かしいミッド。別れを前にした女性が“いいから言って、さよならと、私は大丈夫♪”と告げ“逃げ場が無くなったら、どんな時でも私がいるわ♪”と優しく包み込む女神が歌う曲(涙)、無償の愛というのはこれほどまでに深いものなのかと考えさせられる懐の広い一曲で、Leona Lewisのクリアで神々しい歌声が心を浄化します(癒)。ちょっぴりエレクトロな流線形のメロディを加えながらも、深く澄んだ深海のような美しい王道バラードに仕上がっている「Can't Breathe」はUriel "Frenchie" KadouchとVienが共同制作(Co製作にはHarvey Mason, Jr.)、“あなたがいないと息も出来ない♪”と光の様に突き抜けるようなファルセットで歌い上げるこの曲もLeona Lewisならではの澄んだ仕上がり。「Brave」はJulian BunettaとAndrew Framptonが共同制作、どこか温かな気候の民族曲のようにリズミカルにゆっくりと舞う一曲。完璧にテクノトリッキーで攻め込んだ近未来ダンスチューン「Outta My Head」はMax MartinとShellbackの共同制作、Leona Lewisとエレクトロに違和感を覚えるかと思いきや、Leona Lewisのクリアなミネラルウォーター声をみずみずしく弾けさせた素敵なアップ曲で、やはりMax Martinの巧さを痛感する一曲(一流)。ひっそりと静かに話しかける様に歌う「My Hands」はArnthorが製作、“この手が私を引き止める、やり直させてくれないの♪”と彼との思い出を引きずる失恋の切なさを込めた、天空へと何度も繰り返し響き渡る“まぁーいはぁーんず♪”に心がギュッと締め付けられる悲しくも美しいバラード(涙)。ほんのちょっぴりだけロック志向な「Love Letter」も爽やか、意味深な詩の内容も面白い一曲。暗く打ちひしがれたピアノ旋律に心が少し凍てつく失恋曲「Broken」はJohn Shanks製作、Leona Lewisの痛々しい歌声に胸打たれる一曲。アコギのメロディにエレキギターが絡んで一気にカラフルに加速する「Naked」、Kristian LundinとShellbackの共同制作。「Stop Crying Your Heart Out」はSteve Robson製作(ソングライトにはあのOasisのNoel Gallagherが参加)、これも全く黒くないけれどLeona Lewisならアリかなと。そして僕的な注目曲はやはり「Don't Let Me Down」、なぜならJustin TimberlakeとJames Fauntleroyで構成されるThe Y's が手掛けているから(Co製作にはMike Elizondo)。極めてJustin Timberlakeらしいヒリヒリと冷たくプラスチック質なメロディに変則的なクラップビート、そして艶やかに絡みつく綺麗なストリングス、しかも全編に渡ってJustin Timberlakeの歌声もしっかり混ざっていてそこがまたシリアスでドラマチックさを助長していて良かった(賛辞)。音楽通が注目するならRyan Tedder率いるOneRepublicが参加した「Lost Then Found」、製作は勿論Ryan Tedderが担当。両者の相性は思った以上に良くて、僕的には一粒で二度美味しいな共演で結構良かったです(またこの曲には隠しトラックとして「Stone Hearts & Hand Grenades」も収録)。とここまでが本編の内容、国内盤にはこれらに加えて四曲のボーナス曲が収録されています。オルガン調の温もりあるメロディに乾いたドラムスが叩かれるRyan Tedder製作の「You Don't Care」、英国的な上品で詩的な空間が広がるJohn Shanks製作の「Let It Rain」、色鮮やかなカラフル電子音が跳ねるオールディーズポップなJeff Bhasker製作の「Fly Here Now」、最後はおまけ的なRemixモノの「Happy(Jason Nevins Remix Edit)」

相変わらず清純で純白のメロディばかりでやはりR&Bではないかな、ただLeona Lewisの汚れなき清純な歌声には凄く似合っていて嫌味じゃないのが素敵ですね。Ryan Tedderとの相性がとにかく抜群で、両者の共演もすごくしっくり来ていた気がします(そういう意味ではOneRepublicに興味が沸いてきます)。あと少しで冬も終わりますが、今日みたいな雪の日に聴くとすごくお似合いだと思います(薦)。もうこれだけやったのだから、次回作では完璧なまでのUS Soul/R&B曲に挑戦して欲しいですねぇ(期待)、Leona Lewisの今後に期待しましょう。

スポンサーサイト