RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

01 2010
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Mariah Carey「Memoirs Of An Imperfect Angel」
mc-memoirs-1.jpg

1990年のデビュー以来、常に最前線を走り続ける世紀の歌姫、Mariah Careyの通算十二作目となる『Memoirs Of An Imperfect Angel』を御紹介。最近は完璧に音楽面で復活を遂げすっかりまた安定した仕事っぷりのMariah Carey、最近では俳優のNick Cannonと結婚しプライベートも充実しているMariah Carey、良かったですね。そんなMariah Careyが好調さをキープしたまま放った本作、セクシーだけど可愛い(?)三連チャンMariah Careyのジャケットが結構好きです。あと中身のジャケットも良くて、Mariah Careyが過去の自分のジャケットワークを真似て撮り直しています、この趣向も好きです。
それでは気になる内容をさらりと紹介しますと……まず本作で述べておくべきは製作陣、大半の楽曲をTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartの現代の最強タッグが担当しているんです、これが果たして功を奏すのかどうか。そんなTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartの製作曲から、順に紹介したいと思います、ほぼ全てになりますが。まずはピコピコと鳴る電子音もどこか寂しげで物悲しい「Betcha Gon' Know(The Prologue)」で幕開け、Mariah Careyの呟く様な歌声がスーッと静かに広がりしぼむ悲しい失恋曲。Eminemの口撃に応酬した面白さ抜群の一曲「Obsessed」は、詩の内容は興味深いながらもトラックは普通、ちょっぴり声加工したMariah Careyの“あ・ああああ・ああああ♪”のフックが耳には残るけれど。キラキラと流れる煌めき鍵盤音に爪弾くアコギが優しく撫でる(バックでは赤ん坊みたいな声が始終鳴り続ける)失恋曲「H.A.T.E.U.」、ここでは“あなたを嫌いになりたくて仕方ないの♪”となんとも切ない恋心に終わりを待つ失恋曲で、Mariah Careyが最高音キーで壊れそうな歌声をヒラヒラと降らせていて、この脆く危なげな歌声がすごく切ないし胸を締め付けるんです(涙)。スクリュー声でドロリと始まる「Ribbon」も始まれば結局はゆったりマッタリなスウィートラヴソングで、スクリュー声に絡まりながらMariah Careyの澄んだハイトーンヴォイスが艶やかに悩ましく響く素敵なスロー曲。ピアノ鍵盤にハンドクラップとドカドカビートが響く「Inseparable」、弱々しいピアノ旋律がすごく綺麗で、ここでもThe-Dream直伝のリフレインフックが優しく脳内に響くミッドチューン。真っ直ぐな愛を捧げた自分を裏切っていた男の演技(嘘)に“あなたにスタンディングオベーション♪”と冷ややかに歌う「Standing O」なんかはThe-Dreamのソングライトの才覚を痛感、ちょっぴりオートチューン使いながら揺らめく“おーおーおーおーおー♪”も凄く耳に残る恨み一杯の病的な一曲。軽快で華やかな鍵盤の音色で彩られる「Up Out My Face」、小気味の良いリズムに合わせて歯切れ良くダメ男に別れを突きつけるリフレイン曲は後味爽やかな女性らしい別離曲。ハンドクラップしながらキラキラと輝く粉が舞い散るゾッコン曲「More Than Just Friends」も可愛いさ満点、この単調にタンタンタンタンと鳴るリズムが気持ち良くてすごくノれる。爪弾き鳴らすサッパリと爽やかなギター弦に、ウットリと悩ましいMariah Careyの艶声が滑る様に響く「The Impossible」は、Teddy Rileyばりにゆらめくトークボックス使いが最高に官能的で絶妙でグッド。ここまでがTerius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartによる製作曲、ここからはそれ以外のProducerの曲を御紹介。Mariah Careyの囁く様な優しい透明声がしっとり滑らかに響く「Candy Bling」はTerius "The-Dream" NashとLos Da Mystroが製作したキラキラ美チューンで、これはカチッと鳴るスナッピンがものすごくスパイスになってて気持ち良い。シャンペンを注ぐような音でオシャレに始まる「It's A Wrap」はHeatmyzerとC. "Tricky" StewartとJames "Big Jim" Wrgihtが製作、Love Unlimited Orchestra「I Belong To You」をサンプリングした古き良きソウルマナーも感じる極上の夜曲。またまたC. "Tricky" StewartとJames "Big Jim" Wrgihtが製作したピアノ弾き語りっぽい純白の神々しい輝きを纏った美スロー「Angels Cry」は素晴らしい、王道のバラードなだけにMariah Careyらしさが凄く光っていて、“私達が別れを告げた時、天使達の泣く声を心の中で聞いたの♪”と切ない歌声で突き抜ける様に高らかに歌い上げる場面は圧巻(涙)。こういう真っ直ぐなメロディをMariah Careyには歌って欲しい、すごく綺麗で心の曇天も晴れやかになります(癒)。最後を飾るC. "Tricky" StewartとJames "Big Jim" Wrgiht製作の「I Want To Know What Love Is」も実にMariah Careyらしい王道のラヴソングで素敵(Foreignerのカバーですが)、ちょっぴりゴスペルっぽいアレンジで煌びやかで華々しくて清廉、そんな流麗かつドラマチックなメロディにMariah Careyの壮大で伸びやかな歌声が気持ち良く響き渡るスケールのデカいスローで惚れ惚れ。

愛を綴った本作もやはり素敵でしたねぇ(溜息)、なんだかんだ言ってMariah Careyの歌声が好きな自分がいます。Terius "The-Dream" Nash×C. "Tricky" Stewartの黄金タッグもやはり素晴らしい手腕を発揮していて、Mariah Careyとの相性も良かったと思います。確かに全編を通してこの二人を起用しているから統一感はありましたが、昔からMariah Careyの楽曲に触れている人としては、もっと正統派な純白スローが多くても良かったのではないかなとも思います(我侭)。うん、でも素敵な一枚でしたね、Mariah Careyのブリブリ可愛いケドとても上手い歌声に痺れました。

スポンサーサイト