RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brian McKnight「Evolution Of A Man」
bknight.jpg

作詞も作曲も演奏までもこなしてしまうマルチプレイヤーの“Gentleman Of R&B”、Brian McKnightの通算九作目『Evolution Of A Man』を御紹介。僕が大好きなシンガーソングライターであるBrian McKnight、待望の新作は新しく移籍したE1 Musicからのリリース、兎にも角にも新作を聴けて嬉しい限りです(感謝)。このジャケットも貫禄充分で良いですねぇ、Brian McKnightの並々ならぬ自信と気迫を感じますよねぇ(期待)。
それでは気になる内容を御紹介したいなと思います……まず一応述べておきますが本作でもBrian McKnightが全曲の製作を自身で行っています、本当に才能に満ち溢れたアーティストですねぇ(感心)。まずはBrian McKnightが“同じものばかりに少し飽き飽きしているんだ♪”と歌い始めてショーへと誘う「The Brian McKnight Show」で幕開け、しかしその歌声は最初からエフェクト加工されていて完璧に流行仕様(驚)。“まさかBrian McKnight、貴方までもが……”とかなり不安になったんですが、続けて聴いて安心、きちんといつものBrain McKnight節が炸裂しています。蜜のように甘い時間を過ごす恋人を歌ったスーッと涼しげに軽快な「Just A Little Bit」、キラキラと美しい音色にハンドクラップが跳ねる滑走するミッドチューン。部族っぽいドンドコ太鼓ビートにクネクネと曲線を描くシンセが悩ましく絡み次第に加速する「I Betcha Never」、“こんな気持ちになったのは初めてのはず♪”と自信満々に語りかけるBrian McKnightがカッコイイ、僕も言ってみたいものです。どこか物悲しいような寂しげなメロディに胸が詰まるほどに切なくなるラヴソング「What I've Been Waiting For」、真っ直ぐに正直に“君なしではいられないんだ♪”とまるで哀願しそうな程の愛を告白する詩がものすごく素敵で、Brian McKnightの甘く情感溢れる歌声が幾重にも織られたフックも素敵過ぎる(溺愛)。オルガンで始まる温もりたっぷりな流麗な鍵盤が奏でるメロウ「When Ur Lovin' Me」、ここでもBrian McKnightはファルセット気味のフックで朗らかに一人の女性への純粋な愛を歌っています。静かなピアノ旋律で聴かせる弾き語り調の冒頭が美し過ぎて涙が零れそうになる王道をゆく珠玉のバラード「Never Say Goodbye」は素晴らしい(鳥肌)、“絶対にさよならなんて言わないよ♪”と誓う詩がまた直球ながら胸にグンッと響く素敵なバラードで、結婚式に流したら絶対に幸せになれるであろう永遠の愛を誓う一曲(感動)。ここでのBrian McKnightの伸びやかに張り上げる透き通った美しい歌声に魅了されっぱなし、本当にBrian McKnightの歌声って甘くて渋くて円熟味があって、綺麗なウィスキー声しています(絶賛)。ラジオ番組のホストも務めているBrian McKnightらしい趣向で“チャンネルはそのまま♪”と歌う「Stay Tuned」は短い曲ながら素敵なスパイスになってる、Brian McKnightが一人でハモって聴かせるアカペラも面白い(まるでTake 6みたい)。微振動を繰り返しながらジワジワと世界を広げてゆくシンセサイザーが最近っぽいサウンドの「Next 2 U」、ちょっぴり大人しく暗めの底辺をゆくメロディ&歌声も最近の主流、しかしこれぐらいの感じで(しかも自分の手で)現行のエッセンスを取り入れ昇華できるBrian McKnightはやはり天才メロディメイカー。それは続く「I Miss You」でも如実に顕れていて、ピアノ鍵盤を基調としたメロディラインはこれまでのBrian McKnightらしい十八番なトラックなんですが、そこに色彩豊かで華やかな電子音をリズミカルに絡ませる事で、これまでとはまた一味違うBrian McKnightの音楽に出逢う事が出来ます。そしてこの曲はBrian McKnightにしては珍しく、別れた男性への未練を抱く女性が“あなたが恋しい♪”と電話を掛けてくるという一曲。いつも女性優位で悲劇に暮れる男性の心情を歌う事が多いBrian McKnightにしてはこれは逆アプローチ、でもどちらが主役でもやはり胸の奥の切なさのバロメーターは同じでやはり切なく、ひとつの小さな恋物語を読み解くようなこの別れ曲は素晴らしいです(涙)。「Always Be My Baby」ではアコースティックギターを爪弾き手を叩く生演奏感たっぷりの弾き語り曲、別れを切り出そうと勇気を振り絞る男性の心情を歌った、でも“この状況を悪化させるわけにはいかない♪”とか“君を恋しく思わないわけでもない♪”とか“僕のことを忘れてもいい、この世界のどこに君がいようと、君はいつだって僕の大切な女性♪”とか、一筋縄ではいかない難しい恋模様を歌った大人の一曲。その神々しく輝く洗練されたメロディがどこかゴスペル調な「Baby It's You」も美しい、クワイヤっぽい歌声アプローチも巧くキマっていて気品を感じます(高貴)。まったりと和やかにJazzyは香りの漂う「While」もまた違った趣向で面白い、本当にBrian McKnightは様々な音楽のエッセンスを吸収しているのですね。Brian McKnightの弾く優しく繊細なピアノ旋律にすぐにウットリしてしまう弾き語り曲「Another You」、ひとりの男が愛を込めてひたむきに真摯に歌うラヴソング、その極上の甘さに溶けてしまいますよ(惚)。最後を締め括るのは“一人きりになることだけはない事を知っているんだ♪”と人生の光り輝く希望を歌った「Not Alone」、誰しもが誰かのそばにいるんだと人類愛を感じて安心する素敵なメッセージソング。
そして本作にはなんと特典DVDが付いているんですよ(歓喜)、これがなかなか濃くて素敵な特典なんですよ。本作収録の楽曲についてBrian McKnight自身がその製作秘話を語り、ほんのちょっぴりだけその歌を歌うというなんともファンには嬉しい趣向(DVDの中ではCDに収録されていない、Jill Scottとのデュエット曲「More Than Just A Thing」なる局も解説し歌っている)。そしてもうひとつ、Las Vegasでのライブ模様「One Last Cry」「Red, White And Blue」も収録されていまして、歌っているBrian McKnightをきちんと観たのは初めてだったから凄く嬉しかったし、感動しました。これだけの特典が付いていて国内盤はなんと2980円、これはかなりお買い得で御座います(破格)。

う~~~ん素晴らしかった(唸)、やっぱりBrian McKnightって素敵なシンガーですねぇ(惚直)。DVDでも語っていた通り、本作では悲しく暗い失恋曲(フラれた曲)が一曲も無かったので驚きました。そういうポジティヴな考え方を持ったという事で、本作のタイトルにも意味があるのでしょうが、やはり僕としては未練たっぷりの失恋曲も聴きたかったかも(熱望)。あの切なくも未練たっぷりの悲劇的な楽曲もBrian McKnightにしか創れない世界観なんだから、やっぱり書いてもらいたいですねぇ。時代に流されずいつも通りに自身と向き合って作品を完成したBrian McKnightに拍手喝采です、やっぱり良い音楽は良いッ。

スポンサーサイト