RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pleasure P「Introduction Of Marcus Cooper」
pleasure-p-the-introduction-of-marcus-cooper.jpg

兄弟グループPretty Rickyのシンガー担当だったPleasure Pが脱退、ソロ転向しての記念すべきデビューアルバム『Introduction Of Marcus Cooper』を御紹介。Pretty Rickyがすごく好きって訳ではなかったんですが、しかしこのPleasure Pにはかなり注目していた僕、ソロで作品を出してくれたら切に願っておりました(叶)。Pretty Ricky脱退は悲しかったけれど、まぁでもソロシンガーとして活動してくれるんなら良かった。本作のタイトルはPleasure Pの本名で“Marcus Cooperの告白”、ジャケットも渋くてこれは期待できそうです。
それでは内容を御紹介致しましょう……まずは幕開けを飾る彼ならではのセクシー野獣曲「I'm A Beast」で幕開け、流石は元Pretty Ricky、いきなりのエロ路線です。R.Kellyばりのセックスアピールを醸し出しながらも、Adonisが製作したトラックがキラリとシンセ音が光り響き渡る爽やか路線で、Pleasure Pの甘酸っぱい系の歌声にばっちりフィット。客演参加のYung Jocも良い感じ、彼は客演ではなかなか良い仕事しています。“二番目の男”というタイトルからしてぶっ飛んでいる「Boyfriend #2」はあのRico Loveが製作を担当、本命じゃないという意味の二番目の男かと思えば切ないんですが、詞の内容は過激でいわゆるセックスフレンド的な意味で驚き(笑)。でも良いんですよね、トラックも良いしPleasure Pの歌声も良い。Don Vito製作の「Tender Roni(Handcuffin)」も、ピアノ鍵盤のメロディにねっとりとPleasure Pの歌声が乗るエロ全開の一曲。「Under」はなんとあのTankが製作を担当、ファルセットを駆使した妖艶で悩ましいPleasure Pの歌声はかなりセクシー、メロディの持つ深遠さに思わずどこまでも沈んでゆくような感覚に陥る大人な美曲。「Let Me」では再びRico Loveが製作を担当、ゆったり鳴る太鼓音と緩やかなメロディが絡み合い、なんとも官能的な世界観を表現したセクシーな一曲。「Gotta Have You」は再びTankが製作を担当、別れた彼女を取り戻したいと願う一曲で、ピアノ旋律にビカビカと電子音が交錯する電子トラックも素敵だし、フックでの繰り返し(あと幾重にも重ねたボーカルワーク)も耳に残る作りでグッド。「Did You Wrong」はRyan "Myagi" Evans製作、真っ直ぐと綺麗なメロディは希望に満ち溢れていて輝いているし、二人で困難を乗り越えようと歌うPleasure Pの熱い歌声にも痺れます(素直)。コンピュータチックなトラックにちょっぴりゆらめくPleasure Pの歌声が綺麗な「Your Love」はJack Rabbit SlimとRico Loveの共同制作、Back Vocalを務める女性シンガーAsa-Alicia Cooperも可憐な歌声でとっても素敵。Cheryl Lynn「Encore」を下敷きにしたトラックが素晴らしい、良い出来です。RudyとあのStatic Majorが製作(Sean Garrettがソングライティング)を担当したスムージーなシンセチューン「Fire Lovin」も、Pleasure Pの甘酸っぱい高音ボイスがふわふわ気持ち良く浮遊するコスモチックな一曲で、聴いていてとっても心地が良い(遊泳)。ポカポカポコポコな電子音がキュートな静寂曲「Birtyday Suit」はThe Movementが製作を担当、Pleasure Pの歌声がボコーダーエフェクトとか使わなくても、元々自然とロボットっぽい声なのか、この曲はとにかく可愛いしエロい。The Co-Stars製作(Sean Garrettがソングライティング)を担当した「Illusion」、指スナッピンに爪弾くギター弦の音が切なくて哀愁いっぱいの曲で、“君を見かけたと思ったのに、君はどこにも見当たらなかった”と歌う詞も胸に染みます。最後を締め括る「Dream In The Air」もThe Co-Stars製作曲、空気をいっぱいに含んだ壮大で清々しく美しいトラックで、Pleasure Pの伸びやかで高らかに歌い上げる様が本当に気持ち良さそう(昇天)。この曲を聴いていると、Pleasure Pはやはりなかなか巧者なんだなと痛感します(貫禄)。国内盤にはこれらに加えて人気MCのFlo Ridaをfeat.したボーナストラック、「Boyfriend #2(The Council Remix)」も収録されていますのでFlo Rida好きは要チェックです。

はっきり言って想像以上の出来でした、これでも僕は当初より結構期待していたので、かなりの高得点アルバムだったという事で御座います。まず僕はこういう甘くて高くて線の細い歌声の男性シンガーが好みなので、すぐに嵌りました。しかし脇を固めるProducer陣も結構な強者揃いですし、Pleasure Pも素晴らしい歌心の持ち主で感心。Pretty Ricky好きは勿論、男性R&B好きも必ず購入すべき一枚になっています、良かったです(太鼓判)。

スポンサーサイト