RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

03 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Whitney Houston「My Love Is Your Love」
whmlc.jpg


Whitney Houstonの通算四作目(サントラを除いて)となるオリジナルアルバム『My Love Is Your Love』を御紹介。ベテランながらもプライベートでのゴタゴタの印象が強すぎて、その栄光に泥を自身で塗っている感が否めないWhitney Houston女史。そんな彼女ですが流石は歌姫といった豪華な布陣で周りが固められていて、見逃す事が出来ない一枚になっております。
それでは本作の曲目をさらさらと触れると……本当に豪華極まりない布陣で名前挙げるだけで魅力は伝わるんじゃないでしょうか(笑)。幕開けを飾る「It's Not Right But It's Okay」はRodney Jerkinsによるアッパーな一曲、木琴みたな音が鳴り渡る程よい疾走感が心地良い。SoulshockとKarlinの黄金コンビが製作を担当した「Heartbreak Hotel」、ここにはなんとFaith EvansとKelly Priceの二人の歌姫も参加しています(興奮)。アコースティックギターにちょっぴり宇宙なシンセサイザーが絡んだのが小気味良い一曲で好きです。タイトル曲となる「My Love Is Your Love」はWyclef JeanとJerry "Wonder" Duplessisのコンビが製作を担当、想像通りのまったり南国風味のトラックは異国情緒たっぷりで良いアクセント。ディズニー映画『The Prince Of Egypt』の挿入歌でBabyfaceが製作を担当した天使舞う「When You Believe」はMariah Careyとの極上デュエット、Whitney Houstonの程よい低音とMariah Careyの高音が美しい重なりで思わず涙が溢れてしまう好バラード。「If I Told You That」では再びRodney Jerkinsが製作を担当、グランドピアノの旋律を活かしたこれまた技有りなミッドナンバーでナイス。「In My Business」ではMissy "Misdemeanor" Elliottが製作(Lloyd "Spec" Turnerも共同で製作)&ゲスト参加、ここではTimbaland直伝のキワドイ音使いは隠してクールでエッジの効いたHip Hopテイストのトラックを用意。「I Learned From The Best」はあのDavid Fosterが製作(ソングライティングはDiane Warrenが担当)、力強いトラックと力強いWhitney Houstonの歌声にただただ聴き入ってしまいます(落)。そして「Oh Yes」は再びMissy ElliottとKelvin "K.B." Bradshawによる製作曲、ここでも哀愁ギターをWhitney Houstonの歌声に染み入らせた聴かせるバラードを提供(美)。「Get It Back」ではRodney Jerkinsがシンプルなビートが鳴り続ける、クールなアッパーをキメてます。そして美曲の伝道師ことBabyfaceがカラフルながらシンプルに彩った「Until You Come Back」、この手の優しさ+温かさ=美曲な作りはBabyfaceならでは。そんなBabyfaceがここから立て続けで、「I Bow Out」はRodney Jerkinsとの共同制作、BabyfaceのアコースティックギターにRodney Jerkinsのクール主義が混じった秀逸曲。「You'll Never Stand Alone」はソングライティングをDiane Warrenが担当、ここでも王道過ぎる程に王道なのが心地良いバラードで僕を魅了、歌詞対訳が無いのが残念。そして最後にはボーナストラックとしてあのLauryn Hillが製作を担当したHip Hopテイストな「I Was Made to Love Him」を収録(嬉)、これがまたLauryn Hillらしい土臭いソウル溢れる一曲で凄く異彩を放ってます、これは確かにボーナストラック(しかも隠し扱い)がピッタリなプレゼント曲ですね。

新作を準備中との噂も聞いてますWhitney Houston、薬物使用なんてのもあったからどれぐらいリハビリが進んでいるのか分かりませんが、きっとまた凄い面子がバックアップしているんでしょうねぇ。歌は上手いし、元モデルというのもあって容姿端麗、カムバックは有難いですね。まだまだこの歌声が健在だったらいいんだけどなぁ~(熱望)。

スポンサーサイト