RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

J.Holiday「Back Of My Lac」
jhol-bolcovs.jpg


期待の若手R&BシンガーJ.Holidayのデビュー作『Back Of My Lac』の御紹介。僕はMimsのアルバムを聴いてなかったので、本当にこのJ.Holidayに関しては、突然と彗星の如く現れたって感じでした。輸入盤がだいぶ前に出ていましたが、どうしても歌詞対訳が欲しくて、かなり待たされて国内盤をやっと購入しました。がしかし国内盤のジャケットはあまり好きじゃない、どう考えても輸入盤ジャケットの方がカッコイイと思う。
まぁ外見の話はいいとして早速と内容に……まずは「Back Of My Lac」で静かにムードたっぷりに幕開け、製作を担当しているのはQuincy Loweなる人物。Smokey Robinson(?)「Cruisin」とWilliam DeVaughn「Be Thankful For What You've Got」をサンプリングした哀愁たっぷりのトラックで、J.Holidayの歌声が深々と聴こえる一曲。歌詞の内容はかなりストリート向けで驚き、もっと愛のなんたるやを歌っているかと思っていたのに。そんな訳で続く曲もタイトルそのままに「Ghetto」という事でプロジェクト(低所得者用住宅)なんかが描かれた殺伐とした一曲、製作を担当したのはDonnie Scantzなる人物で御座います。「Thug Commandments」でようやくちょっぴり明るく温かい曲調にはなりますが、タイトルには“Thug”なんて付いてます。Thugの生き方をこんな明るく説いて良いものかとも思いますが、アリなんでしょう、製作はThe Co-Starsが担当しています。そしてやっとお目当ての大ヒット曲「Bed」が登場、製作はL.O.S. Da Maestro、ソングライティングはもう皆様御存知のTerius "Dream" Nashで御座います。すみません、僕はまだ素人なのでソングライティングまでは目が回らず、The DreamがRihanna「Umbrella」を手掛けていたなんてのは知りませんでした、当時も結構取り沙汰されていましたが、ノーマークでした(笑)。そのRihanna「Umbrella」同様、歌詞をリフレインさせる手法がまたもや当たり大ヒット、どちらも本当に耳から離れませんもんね(中毒)。しかし曲とかそういう手法よりも、やはりJ.Holidayの歌声に魅力があって、あの甘ったるい歌声で虜になったんですよねぇ。歌詞も単純なんですがこれが素敵、これでベッドに横たわらない女性はロマンスが分からないと思う(阿呆)。Usher辺りが歌いそうなイマドキな音使いにちょっとためらう「Betcha Never Had」はSean "The Pen" Garrettが製作を担当、パーカッシヴな音と高音シンセが絡むトラックはかなり色っぽくて、J.Holidayのあの流し目で歌われたら女性陣はもうメロメロでしょう(溶)。「Laa Laa」はThe Platinum Brothersが製作を担当したスロウダウンした感じが心地良い一曲、歌詞もハッパを吸うのがテーマで、吸った事は無いけど(煙草さえ)コッチまでハイになってしまう。続く「Come Here」も引き続きThe Platinum Brothersが製作を担当、ちょっぴりStarGateなんかがやりそうなポップでキュートなシンセ使いがたまらなく胸を撃ち抜く好楽曲。歌詞の内容も負けじとセクシーで悩ましい、昇天間違いなしの一曲で大好きです(折紙)。「Be With Me」はRodney "Darkchild" Jerkinsが製作を担当したシングル曲、美メロにスクラッチ音をベタ付けした(加えて途中でCrunkっぽいギュイギュイな電子音)トラックがなんとも素晴らしい出来映え、歌詞の内容も率直で共感できるラヴソング、こういう分かり易い歌に弱い僕です(飢)。続く「Suffocate」も秀逸、製作は相変わらず素晴らしい曲を提供してくれるC. "Tricy" Stewartで御座います。これまた熱っぽいラヴソングで悩ましく狂おしい歌詞が素敵で……もう溜息を吐くばかり(刹那)。Korran PaulとGil Smithが共同で製作を担当したキラキラと神秘的な「Fatal」も素敵、失った恋人への未練を切々と歌い上げるJ.Holidayは、もう正に神憑りで後光が射してます(拝)。「Without You」はRodney Jerkinsが再び製作を担当したメロウ曲、Isaac Hayes「(They Long To Be)Close To You」をサンプリングした甘美なトラックにとくと酔い痴れて下さい(誘)。Jasper Cameron製作の寂しげな「Pimp In Me」も、Adonis Shropshier製作の漂流感が艶っぽい「Thank You」も及第点を軽く超えてます。エレキギターが泣くブルージーな装いの「Fallin'」はThe J.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作を担当、最後を湿っぽく飾ります。そして国内盤にはこれらに加えて、ボーナストラックを二曲収録しています。どちらも製作はThe J.U.S.T.I.C.E. Leagueが担当、「City Boy」では8 Ball & MJGが参加ともう無視できない一曲、「Good For Each Other」もThe S.O.S. Band「What's Wrong With Our Love Affair」を早回しした面白い一曲。

良かったです、素晴らしい、文句なしに歌も上手く表現力豊かです。もう「Bed」目当てだけでも十分に楽しめますし、それ以外の曲もどれもしっかりしていて、それでいてJ.Holidayの持ち味が上手く引き出されている感じがして、派手さはないけれど芯が通った一枚に仕上がっていました。あの流し目は反則ですが、この美声も反則です。

スポンサーサイト