RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Charlie Wilson「Charlie, Last Name Wilson」
cwclnc.jpg


Charlie Wilsonのソロ通算三作目『Charlie, Last Name Wilson』の御紹介。御存知、Gap Bandのリードボーカルを務めていたCharlie Wilson氏、最近はSnoop Dogg作品なんかにも客演していて活躍したいました。そんな大ベテランが久々に放つソロ作品という事で、バックアップする面子も彼を敬愛する超豪華な方々が集まって強力サポート。
それではふんわりと内容に触れますと……まずは“アブラカタブラ♪”の呪文で始まる「Magic」でセクシーに幕開け、製作はエロの帝王ことR.Kellyという事で間違いない仕上がり。完全にR.Kellyマナーなトラックながらも、それを完全にCharlie節にしてしまている辺りが流石の腕前。続く「Charlie, Last Name Wilson」も爪弾くギターが哀愁を感じさせるR.Kelly製作のバラード、ひたすら自己紹介しながら女性を口説くCharlie Wilsonおじさんがめっちゃカッコイイ、僕も今度からこれを使いたいなと思います(阿呆)。「So Hot」はThe Platinum Brothers製作のピーヒャラ系のミッド曲、ゲストにTwsitaを迎えてよりスパイシーな仕上がりになっています、やっぱTwistaって味濃いですな。「Let's Chill」はGuyの同名曲にちょっぴりアレンジを加えた甘美なトラック、製作は再びThe Platinum Brothersによるもの。Aaron Hallの歌う熱っぽい原曲も素晴らしかったけれど、渋みの増したCharlie Wilsonの歌うコレもめっちゃ熱い、時代を超えたバラードの継承に目頭が熱くなります。「No Words」はR.Kellyがピアノを引っ張り出してこれまた珠玉のバラードを提供、R.Kelly節の臨場感あるドラマチックな歌詞も本当に素晴らしいし、僕はこの曲のフックの感じがとっても好きで繰り返し聴いてしまいます。「Floatin'」はThe Jaw Breakers(will.i.amとJustin Timberlakeによる製作チーム)による製作曲、ゲストにはwill.i.amとJustin Timberlakeの二人もガッツリ参加しています。タイトル通りに浮遊感ある近未来的ながらもどこか懐かしさも香るトラックでJutin TimberlakeはDrumsとKeyboardsも担当、Charlie Wilsonに負けない黒光りする魂溢れる歌声で魅了してくれます(惚)。will.i.amのラップも相変わらずオシャレにキマってて最高に冴えている、このThe Jaw Breakersの仕事はもっとあっていいですね。「You Got Nerve」では旧知の仲のSnoop Doggがゲスト参加、ジャラジャラと疾走感溢れるトラックはあのT-Painが製作を担当しているから驚き。Snoop Doggだけでも十分物足りますが、どうせならT-Painのボコった歌声も混ぜて欲しかったなぁ。「Asking Questions」はGregg Paganiなる人物が製作を担当した一曲、これまた素晴らしく夢見心地なスロウでCharlie Wilisonを堪能出来ます。「What If I'm The One」では僕の大好きなThe Underdogsが製作を担当、甘美過ぎるトラックに乗って紳士に女性を口説き落とすCharlieの手口に思わずうっとり間違いなし。「Thru It All」はAndre HarrisとVidal Davisの二人が製作を担当した好バラード、こんな風に女性を愛してそう感じられたらめちゃ素敵ですよねぇ、何十年先になる事やら(笑)。「My Guarantee」はベテランのKay Geeが製作を担当したHip Hop風味の強いトラック、こういうトラックにもそつなく乗って聞かせるCharlie Wilsonおじさんは若いなぁと思う(感心)。「Cry No More」は自身による製作曲、普通に綺麗な曲が書けるんだから凄いよなぁ(当然)。最後を締め括る「Here I Am」もR.Kellyが製作を担当、書き忘れてましたが本作のExective ProducerはR.Kellyが務めています。

アダルトな雰囲気プンプンで思わずうっとりする事間違いない一枚、シャンパン片手に黒のドレスで着飾った女性と夜景を見ながら聴いたら……と思わずそんな馬鹿な妄想が膨らんでしまう名盤です。燻し銀とはまさにこの事、是非聴いてみて下さいな。

スポンサーサイト