RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Akon「Konvicted」
akon-konvicovs.jpg


Akonの通算二作目となる『Konvicted』を御紹介。前作もじわりわりとロングヒットを記録したAkon、その後もいくつもの客演をこなしてその地位を築き上げてきました。そんな中での2ndアルバム『Konvicted』は予想通り(いや予想以上)の特大ヒット、街中でAkonを聴かない日はないってぐらいでしたよ。そんなAkonのアルバム、あまり皆が絶賛するから天邪鬼の僕としては購入したくありませんでした(笑)。でも結局気になる一枚はいつまでも気になるもので結局は購入、ここで御紹介します。
それでは気になる内容にふわっと触れておきます……もう皆さん聴き飽きたってぐらいに聴いた後でしょうが(笑)。まずはAkonの“おお~お~♪”で一気にテンションが上がるGiorgio Tuinfort製作の「Shake Down」で幕開け、意外とギャングスタな歌詞で銃声鳴り回す一曲。「Blown Away」では前作から引き続きStayles Pがゲスト参加、ピアノを人差し指でコツコツ叩く様なシンプルなピアノ音のループがなんともシリアスでStyles Pを迎えるに相応しいトラック(Giorgio Tuinfort製作)。そして本作からの先行シングルとなった「Smack That」の登場、Akonの新曲ってだけで充分に話題性○だったのに、加えてあのEminemがゲスト参加しているんだから凄い。ハッキリ言って思った以上の化学反応は起こしていないかなと思ったけれど(Eminemの毒気は少ない)、それでも休業状態にあったEminemを引っ張り出してあのラップを披露させただけでも十分凄い。Eminem製作のちょっぴりSlim ShadyでちょっぴりAkonなエッセンスも含んだトラックもグッドだし、AkonとEminemの相性もなかなかかと。続いての曲もシングルカットされた(そして特大ヒットとなった)「I Wanna Love You」、製作はAliaune "Akon" ThiamでゲストにSnoop Doggが参加した強力チューン。甘いながらもSnoop Doggのユルユルラップも交えてかなり過激な歌詞もAkonの愛嬌(笑)、これだけ過激なエロ歌詞もスウィートに感じさせるAkonの歌声は魔法です。Akonらしいマッタリ歌唱を最大限にまで活かしたトラックも素敵、僕はこの曲狙いで購入しました。Akonの悲壮感漂う「Rain」は暗すぎ、Akonもなんだかんだで大変なんだなぁとただそう感じる一曲。その雨音を引っ張りながらストレートなバラードに転調する「Never Took the Time」、この曲は歌詞も未練たらしうて僕が思わず溺れてしまう失恋ソング(苦笑)。シンセの音が面白くてそれこそアフリカ民族音楽の様な広い温かさを感じる「Mama Africa」は暑い、海沿い走りながら聴いたら最高に爽快な一曲でしょう。Jazz(Blues?)みたいな始まり方がなんとも特殊な「I Can't Wait」、スカスカなシンセと重低音効いたビートがなんともHip Hopテイストな「Gangsta Bop」、昔の悪さしてた頃を回想する静寂の「Tired Of Runnin'」、忘れていた頃に飛び出すAkonのもう一つの得意技、3 Dog Night「I'd Be So Happy」を早回しした「Once In A While」とAkon節が立て続けです。最後に飛び出すのはAkonのルーツであるカリブな香り漂う南国トラック「Don't Matter」、ゆったりとしたリズムで思いっきりAkonの世界に引き込まれる好楽曲、夏の夜に花火しながら聴いたら最高に甘いかもしれません。これらに加えて国内盤にはボーナストラックとして「Struggle Everyday」とSnoop Doggに加えTego Calderonをゲストに迎えた「I Wanna Love You(Remix)」が収録されています。

なんだかんだでやはりAkonの歌声に始終やられた一枚となりました、Akonも本当に他のシンガーとは全く違った持ち味で、これからもずっと需要がありそうな感じですね。AkonとT-Painの快進撃はまだまだ続きそう、これからも誰かしらのラップ曲で“こんびくと♪”での幕開けを聴きそうですな。

スポンサーサイト