RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Guru「Jazzmatazz/Streetsoul」
guru-strsoucovs.jpg


Hip Hop界の重要デュオであるGang StarrのMCであるGuruのソロプロジェクト“Jazzmatazz”シリーズ第三弾『Jazzmatazz/Streetsoul』を御紹介。“Jazzmatazz”シリーズなんですが、Jazz色ってのはちょっと薄めかなぁと。がしか~し、そこはGuru様ですから高水準な楽曲群をずらりと並べてくれましたよ。
そんな訳で早速内容にほんのちょっと触れて……かなり豪華なゲスト陣が参加しているんで覚悟して頂きたいです(期待)。まずは「Keep Your Worries」なんですがここではAngie Stoneがゲスト参加、そのソウルフル過ぎる熱い歌声をばっちり聴かせてくれています。製作はDJ Scratchが担当、ちょっとレコードの埃っぽさを感じさせる情緒あるトラックに、ひたすらにラップするGuruと深みのあるAngie Stoneの歌声で完全昇天、これでD'Angeloとか参加してたら失神モノだったんですが(高望)。「Hustlin' Daze」は盟友DJ Premierが製作を担当、しかもゲストにはあのDonell Jonesが参加しているんですら超強力。Primoの作るトラックとのGuruの相性の良さは勿論抜群ですし(ここではThe Blue Notes「Here I Am」とAmerican Cream feat. RaekwonとRZA「It's Not A Game」をサンプリング)、ここでスーッと入るDonell Jonesの甘く青い歌声が清涼感たっぷりでメチャ素敵。スネア(ドラム)の音で始まる硬質で尖ったビートがGuruにピッタリな「All I Said」はThe Neptunesが製作を担当、ゲストにはあのMacy Grayが参加しています。もう文句無しにThe Neptunes印のシンプルなトラックに、Macy Grayのしゃがれた味わい深い歌声が響く事によって相当な化学反応を起こしています。「Certified」はもうイントロからして激しい、ゲスト参加しているBilalの裏声シャウトで幕を開けるんですから(興奮)。製作を担当しているのは今は亡きJay Dee、Klaus Wunderlich「Suger Me」をサンプリングしたシンプルループの面白い一曲。Bilalの歌声もめっちゃファンキーだしソウルフルだしでもうとにかく痺れる(失禁)、Guruは相変わらず冷静にラップかまします(対比)。「Plenty」はそれこそJazz風味で大人な味わい深い夜会曲、製作はあのErykah Badu嬢でゲスト参加してその独特な歌声も存分に披露してくれています。この雰囲気はErykah Badu無しでは絶対に出せなかったですよ、Erykah Baduを引っ張り出したGuruに軍配です。「Lift Your Fist」はこれまた通にはたまらないThe Rootsの面々が参加した強力チューン(拍手)、製作はAhmir Thompson(?uestlove)とJames Poyserという間違いない組み合わせ。いや~~~マジでこの曲はカッコイイっす(Black Thought最高)、コレ聴いて痺れない方は絶対にHip Hopを愛していないと断言できますよ。「Guidance」はGuru自身がEW&F「Keep Your Head To The Sky」を下敷きにメロウ曲を用意、ここにAmel Larrieuxの透き通る様な潤いたっぷりな歌声が響きます(癒)。このAmel Larrieuxは本当に素晴らしい歌声で好き、顔と名前こそ知っているんですがまだ作品は所持していないんです、かなり気になりますよねぇ。「Supa Love」は再びThe Neptunesが製作を担当したこれまた隙間だらけの際どい一曲、トラックだけでも際どいのに其処にKelis嬢の生意気クールな歌声が絡むんだから中毒性高し(危険)。「No More」では英国出身のソウルシンガーCraig Davidが麗しい歌声を披露(製作はGuru)、このCraig Davidもヒット曲沢山だから知っているんですが、英出身ってのでまだ購入していません(しかしここでの仕事は凄まじく良い)。「Where's My Ladies?」はDJ Premierが再び製作を担当、ゲストにBig Shugが参加しています。「Night Vision」はこれまた豪華、Victor Flowersが製作したIsaac Hays「Walk From Regios」使いの不穏トラックに、そのままIsaac Hays御本人を迎えた重さ抜群の一曲。Les Nubiansなる女性デュオをゲストに配した「Who's There?」の完成度の高さも目を見張ります(製作はGuru)、哀愁漂う早回しっぽいトラックに乗っかるLes Nubiansが激しく良いですね~(感心)。「Mashin' Up Da World」では最近よく名前を見かけるJunior Reidがゲスト参加、その灰汁の強い歌声で盛り上げます。最後もGuru自身が製作を担当した「Timeless」なんかも素晴らしく軽やかでメロディアス、あのHerbie Hancockがキーボードで参加しているんだから当然ですよね。

あ~~~~素晴らしいです、最高ですよ~Guru殿は(絶賛)。これだけのゲスト陣を迎えて駄作な訳はないんですが、それでもここまでの水準に仕上げているGuruには頭が下がります(完敗)。普段はDJ Premierの影に隠れがちですが、やはりGuruあってこそのGang Starrなんだなと痛感しました。

スポンサーサイト