RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

04 2007
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Monica「The Makings Of Me」
monica.jpg

大ベテランであり、母親にもなったMonicaの通算五作目となる『The Makings Of Me』を御紹介。一見地味な印象を受けるMonicaではありますが、毎回なんだかんだでヒット作となっているのはやはり実力があるから(一流)。皆様と一緒で僕もMonicaは大好きです、Lauryn HillとTLCとMonicaのアルバムを昔はずっと聴いていましたから(懐)。そんなMonicaの最新作って事で、ずっと気になっていてだいぶ経ってから購入しました(遅)。ジャケットの上半身裸に縄ってのはどうゆう意味なのかな、髪の毛もバッチリとイメチェンしてますね。
気になる内容はと言いますと……もう御約束の良質R&Bって感じでもうこれは当たり前、安心して聴けるのは勿論で御座います。まずは先行シングルとなった「Everytime Tha Beat Drop」の登場、この曲を最初聴いた時は本当にMonicaなのかなとちょっと疑いましたね。正統派って感じだから意外だったし、それが功を奏しましたね、歌声はMonicaで安心です。Jermaine Dupri(製作総指揮をL-Roc、ソングライティングにJohnta Austin)が製作したDem Franchize Boyzのヒット曲「Lean Wit It, Rock Wit It」をガッチリ下敷きのパンチあるトラックに、御本人であるDem Franchize Boyzが援護射撃、ガツンとヤラレました。続いては前作からの繋がりでMissy "Misdemeanor" Elliottが製作した激メロウな「A Dozen Roses(You Remind Me)」、この曲はCurtis Mayfield「The Makings Of You」をサンプリングしています。Missy Elliottはこういうの作らせたら上手いなぁ~(感心)、この曲は本作を象徴する一曲ですよね、懐かしさ溢れる温かい45回転トラックがたまらないです(惚)。「Sideline Ho」はR&B作品にはもう欠かせないThe Underdogsが製作を担当、今回は哀愁抑えめで少し軽めのスロウで僕を昇天させてくれました。ピアノ音がどこまでも心地良く響く「Why Her?」はJermaine DupriとManuel Sealのコンビ(久々かな)が製作を担当しています、晴れやかに爽やかなシンプル曲に、Monicaの歌声が綺麗に重なり思わず空を見上げたくなります。「Hell No(Leave Home)」はBryan-Michael Cox(製作総指揮をSean Garrett)が担当した、これまた流れる様なメロディと様々な音が混じった緻密な一曲。ここで力を貸すのはTwista、こういうメロディアスなトラックでのTwistaの仕事は本当に冴えている、雰囲気を全くぶち壊さず味わいを増すんです。「Doin' Me Right」は再びMissy Elliottの製作曲、ここではThe Whispers「Chocolate Girl」を綺麗にサンプリング。途中でギュイギュイとスクラッチとMissy Elliottの奇声が入るまたまた美味しい一曲、やはりMissy Elliottは巧い。「Raw」ではこれまた以外なSwizz Beatzの参加、少し静かな感じではありますがそれでもやはりSwizz Beatzの煽りラップが挟まった可愛く弾けた面白い一曲に仕上がっています。うるさいのか静かなのかどっちかつかない感じが聴いてて癖になる、Swizz Beatzって本当に面白い。「My Everything」はThe Underdogsが正面から真っ向勝負、正統派で王道でこれぞMonicaって曲を用意してくれた安心しきってしまう極上スロウ。最後を締め括る「Getaway」には文句なしに心臓撃ち抜かれましたねぇ(必殺)、ピアノを基調とした柔らかで美しいキラキラトラックにMonicaの潤いに満ちた歌声が響き渡る最高のバラード。製作はJermaine Dupri、PianoとKeyboardsを担当しているP.J. Mortonなる人物がソングライティングもこなしているみたいです、凄い注目しちゃいますね。

全部で10曲ってのはやはり物足りない気もしますが、勿論それでも充分に楽しめる極上の一枚となっております。結婚と出産を経てより素敵な女性へと進化したMonica、いつまで経っても彼女の作品は楽しみで仕方ありませんねぇ(期待)。曲数こそ少ないですがかなりお薦め、是非聴いてみて下さい。

スポンサーサイト