RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2005
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Carl Thomas「Let's Talk About It」
carl-lets-talk-about-it.jpg

Bad Boy Recordsの看板シンガー、Carl Thomasの通算二作目の『Let's Talk About It』を御紹介。Carl Thomasも魅力的な歌声をお持ちのシンガーで、通な方なら皆が好きなシンガーの一人だと思います。前作からおよそ四年ぶりとなった本作、Bad Boy RecordsはなんだかんだでR&Bシンガーをきちんと育てているから素晴らしい、その点だとJay-Z率いるRoc-A-FellaはあまりR&Bに力を入れ切れていない気がします(惜)。
それでは本線に話を戻して本作の内容を御紹介……まずは総裁P.Diddyが語りで“The Bad Boy Of Soul!”とCarl Thomasを紹介して入る「Anything」で幕開け、Carl ThomasとVatoが共同制作したジャッキリと程よくスマートなメロウ曲。そして早くも僕が個人的に注目なのが、あのJust Blazeが製作した「My First Love」ですね。Just BlazeはHip Hop曲は多く手掛けていますが、R&B曲というと殆どない、だからこそ貴重な一曲とも言える訳で。ここでは爪弾くアコギにドカドカと鳴る太めのビートが最高のグルーヴを生み出していてグッド。そして本作の先行シングルでキラーボム曲となったのが、Sean "P.Diddy" CombsとMario "Yellow Man" Winansの黄金タッグが手掛けた「She Is」。定番曲であるSurface「Happy」をネタ使いしたキャッチーなトラックが正にBad Boy流儀で痛快、すっきり爽やかなトロピカルメロディに絡むCarl Thomasの艶っぽくも鮮やかな歌声が最高に気持ち良い、夏空の下で車走らせながら絶対に聴きたくなる一曲。程よく甘酸っぱい女性賛歌で、そこにあのLL Cool Jを客演に招いているんだからもう最強、LL Cool Jのとろける甘~くゴツいラップがキマってます(失神寸前)。「Make It Alright」はMike Cityが製作したレイドバックしたゆったりソウル曲、こういう路線がCarl Thomasにはすごくお似合い。「The Baby Maker」はCarl ThomasとDamien Desandiesが共同で製作、これがまた古いレコードを掛けているかのようにまったりと円熟した、オールドソウル回帰な一曲で聴いていて心地が良過ぎ(溜息)。「Dreamer」はCarl ThomasとMilton Thorntonが共同制作、これはとにかくフックでの幾重にも重ねられたCarl Thomasの歌声が美しく、聴いているだけでスーッと異空間に連れて行かれる気持ち良さ。The Hitmen一員のStevie Jが製作した「A Promise」も古き良きソウルマナーを踏襲した、ちょっぴりゴスペルチックな輝きをそなえた一曲。“恋におちていたのは僕だけなんだ♪”と別れを悲しむ男の気持ちを歌った「But Me」、製作はMario WinansとSean Combsの黄金タッグが再び担当。ここではBob James「Over And Over Again」を下敷きにした、少し悲しげなメロディに乾いたパーカッシヴが効いた、なんともMario Winansっぽい作りで好き。「All You've Given」はなんとAndre HarrisとVidal Davisのタッグが製作、どこか土臭い哀愁漂うソウルトラックはフィリーソウルを体現する彼ららしい趣の、大人の色香感じる一曲で素敵。「Rebound」はEric RobersonとTye Tribette、Paris Bowens、Thaddaeus Tribetteなる人物らが製作を担当。最後を締め括るちょぴり切なく物寂しいドラマチックな一曲「Work It Out」は、Stevie Jが製作を担当、これも徐々に高まってゆくフック部分に気持ちの高揚を覚えます。国内盤にはボーナストラックとして、爽やかなミント曲「Crazy」も収録されていますのでこちらも要チェック。

流行を意識したような楽曲こそないけれど、Carl Thomasの持ち味であるアダルトな空気を存分に堪能できる一枚に仕上がっています。Carl Thomasが大いに製作に関わっているので、彼のやりたい音楽がかなり出来ているんじゃないかなと思います。まぁ全曲良いですが、やはりLL Cool Jを援護射撃に迎えた「She Is」でキマリです、絶対に聴いておかないと損です(断言)。

スポンサーサイト