RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2005
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nelly「Suit」
Nelly-Suitcov.jpg

St.Louis出身の訛り丸出しMC、Nellyの通算三作目となる『Suit』を御紹介。皆様御存知、本作は『Sweat』ととの二枚同時発売となり、これがHip Hop界初の試みでそれも話題になりましたよね。Nellyのあのメロディアスな歌う様なラップが僕は大好きなので、やはりオシャレでR&B寄りの『Suit』の方が断然気になりました、両作ともジャケットがすごくイカシてますよね。
それでは皆様もう持っているでしょうが内容を御紹介……まずはNellyとの相性抜群のThe Neptunes製作の「Play It Off」でしっとりオシャレに幕開け、ここでがPharrellが客演参加。The Neptunes御得意の煌めく電子鍵盤音に金属音が凛と鳴り響く、深夜系のスムージーチューンでこれはもうトラックがもう最高(痺)。そこに絡むNellyのライトで流れる様なラップと、Pharrellのナヨっとした柔らかなファルセット(通称ファレルセット)がなんともクールでカッコイイ一曲。この曲はNelly曲の中でも、The Neptunes製作曲の中でも一、二を争う好楽曲かと思います(絶賛)。続く「Pretty Toes」はJazze Pha製作、そのJazze Phaと共にT.I.が客演で参加しています。口音から始まりその後はポワワンと電子音を揺らしながら進むトラックがどこか泥臭さもあるオシャレ感でグッド、Jazze Phaの喉を鳴らす歌声も田舎臭いけれどソウルフルで素敵。T.I.の斜に構えた二枚目なラップもキマッてますよね、Nellyが弾けてるのは言うまでもありません。本作からの特大ヒットとなったのが絶世のソウルフルボイスの持ち主Jaheimを客演に起用した激メロウな「My Place」、製作はDohなる人物が担当。もうこの曲はNellyでないと出来ない甘美な歌モノ曲で、サンプリングにTeddy Pendergrass「Come Go With Me」とDeBarge「I Like It」を使用したなんとも美しい一曲に。Nellyはもう殆ど歌っていまして、彼のライトな歌声がキラキラと輝きながら響き、そこにJaheimの渋くも優しい歌声がとろ~り溶ける本当にR&Bファンが喜ぶ一曲となっています。「Paradise」はDoeとAhmのMo' Beatsなるコンビで製作を担当、爪弾くギターが異国情緒漂わせる一曲。「She Don't Know My Name」はBig Boi(あのOutKastの!?)とThe Beat Bulliesが共同で製作、客演にはSnoop DoggとなんとRonald Isleyが参加(驚)。これもまたコンガのビートが鳴る熱帯夜みたいな情熱的なトラックがなんとも熱っぽくて、そこに絡むRonald Isleyのぐっちょり濡れた色っぽい歌声がもうたまらない(興奮)。Nellyの軽快ラップとSnoop Doggのリラックスしたラップも凄く嵌ってます。Jason "Koko" Bridges製作の「N Dey Say」ではなんとSpandau Ballet「True」をべったりサンプリング、これは賛否両論あるかもしれないけれど、僕自身は普通に甘く純白ドリーミーで好きな一曲で、もうNellyにはこれぐらい歌ってもらわなきゃ物足りない気がする(笑)。Earl GaynorとThe Kuya Brothersが共同制作の「In My Life」は爽やか常夏の南国曲で、客演にNelly周辺の実力派シンガーAvery Stormとベテラン牧師MCのMaseが登場。Maseはまぁいつものごとくとして、やはりAvery Stormの蒼く澄んだクリアな歌声がとっても爽快でこの曲では完全にMC二人を喰う存在感を放っています(貫禄)。「Over And Over」は異色のコラボ曲、カントリー音楽よりあのTim McGrawを召還起用。最初この曲はあまり好きになれませんでしたが、聴いているうちにじんわりと心に沁み込んでくるフォーキーなサウンドが心地良い心温まる一曲。「Nobody Knows」はJermaine Dupri製作(Co製作はLRoc)が担当し、Anthony Hamiltonが歌声を貸す温もりある一曲。Anthony Hamiltonのあの緑茶みたいな渋さは彼ならではの味わいで、Nellyの駆け抜けるような早口ラップも良いです。最後を締め括る「Die For You」はなんとあのSoulshock & Karlinが製作を担当、やはりトラックに厚みがあって流麗ながらもドカドカとビートの聴いた行進曲で、Nellyの力強い平坦なラップが彼ならではの流儀曲。

これはもうNellyの真骨頂、彼が得意とするメロウ中心の楽曲で女の子ウケする事は間違いなし。中にはHip Hopとしては邪道なんて声も耳にしますが、こういうHip Hopも僕は断然アリだと思っています。Nellyみたく歌えるMCはこれからも続々と出てくると思うし、出てきて欲しいとも思います。とにかく「Play It Off」と「My Place」狙いで購入して下さい、損はしませんので。

スポンサーサイト