RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2005
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z & R.Kelly「Unfinished Business」
jr-ubc.jpg


Jay-ZとR.Kellyのタッグによるまさかの続編、通算二作目となる『Unfinished Business』を御紹介。まさかもう一度この二人が一緒に作品を作ろうとは驚きだし、何よりもこの時Jay-Zは引退宣言をした直後、こうやってJay-Zのラップをすぐ聴ける日が来るとは予想していませんでした……嘘です、してました(笑)、でも嬉しいですねやっぱり。前作はなんだかんだでどうも物足らない印象を拭えませんでした、次こそはきっちりリベンジして頂きましょう。
それでは気になる内容の御紹介に……本作も全曲をTrack MastersとR.Kellyの組み合わせ(順不同)で製作、前回もそうでしたがあまりピンと来ない出来だったんですよねぇ(不安)。まずは幕開けを飾るのが電子音がヒャラヒャラと舞い踊る「The Return」(Tone製作)、Slick Rick「La Di Da Di」を下敷きに使った軽快な一曲。ポカポカと打楽器が鳴るトラックにR.Kellyらしいフックできめる「Big Chips」(Tone & Poke製作)、おどろおどろしいトラックに気迫こもった攻撃的なパフォーマンスで攻める「We Got Em Goin'」(ToneとR.Kelly製作)はRoc-A-FellaよりMemphis Bleekが援護射撃、ギターを掻き鳴らしスパニッシュでエスニックなトラックで熱を上げる「She's Coming Home With Me」(Tone & Poke製作)は双方共に居心地良さそう、ハンドクラップに合わせて素直にシンプルに跳ねる以外に方法は無い「Stop」(Tone製作)はFoxy Brown参加でより勢い増してますから。前作収録の「Get This Money」のRemix的な位置づけの「Mo' Money」はTwistaが援護射撃に加わりより強力にパワーアップ、元々から早口で捲し立てる曲だっただけにTwistaの起用は間違い無し、しっかしTwsitaのあの竜巻ラップには誰もが飲み込まれて惨敗してしまいますよよね(唯一無二)。The Stylistics「Break Up To Make Up」をサンプリングしたR&Bトラック「Break Up(That's All We Do)」(Tone製作)なんかは好きですね、やっぱりこういうトラックの方が聴き易いし気持ち良くて、なによりR.Kellyの歌声が充分に活かされている気がします。本作で唯一、音のアプローチとしては冒険したかなと感じ取れたのが「Don't Let Me Die」(ToneとR.Kelly製作)、ドンドンと力強く叩きつけられるビートにJay-Zの抑揚効かせたラップがキマッてます。ここでのラップ調のR.Kellyの歌は別に必要ない気がしてなりません、これなら“うぉーうぉーうぉーやいやいやー♪”の合いの手だけで充分と事足りたかなと。最後を締め括る「The Return(Remix)」はSlick RickとDoug E. Freshを引っ張り出すも、原曲にそのまま二人のVerseを差し込むという手抜き感が好きになれない(単調)。僕が本作で最も好きだったのはR.Kellyが製作を担当した「Feelin' You In Stereo」、優しくとろける様なスロウにR.Kellyの真骨頂な極上ボーカルもたまらないし、途中で滑り込むJay-Zのリラックスしたメロディラインを感じさせるフロウも控えめで好きです。

う~ん、やはりまたしても期待を上回る事は出来ませんでした(悔)、リベンジならずで御座います。なんというか、やはりTrack Mastersに頼ったのがそもそもの敗因の様な気もするし(僕はTrack Mastersは好きなんです、それでもやはり冴えていなかった)、何よりこのJay-ZとR.Kellyというタッグ自体が上手く化学反応を起こせない組み合わせなのかなと感じました(悲)。そんな矢先に勃発したJay-ZとR.KellyのBeef(決裂)ですから、あながちハズレでもなかったのかなと感じたり。しかしまた一緒に楽曲ぐらいは作って欲しいですね、このまま終わるのは悔しいです、もっとグッドミュージックを創り上げてもらわないと気が済まない。

スポンサーサイト



Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jay-Z & R.Kelly「The Best Of Both Worlds」
jzrk-bbc.jpg


Jay-ZとR.Kellyという二大巨頭がガッチリ手を組んだコラボアルバム『The Best Of Both Worlds』を御紹介。Hip Hop界の頂点に立つJay-Zと、R&B界の頂点に立つR.Kellyのタッグ、という事でそのタイトルもまんまで納得な“The Best Of Both Worlds”これ以外無いでしょう(笑)。この組み合わせはJay-Z feat, R.Kelly「Guilty Until Proven Innocent」とR.Kelly feat. Jay-Z「Fiesta(Remix)」で共演済みなのである意味想像は出来たんですが、しかし丸々一枚となるとやはり驚きでした。
そんな驚きのタッグアルバムの内容はというと……まずは製作陣で言いますと、全13曲中の11曲をTrack MastersことPoke & Toneの二人が手掛けており、そこをR.Kellyがサポートしている(その逆形態もあり)といった所で作られています。そういう意味でも本当にJay-ZとR.Kellyのタッグに重点を置いた(集中できる)一枚で、彼らの魅力のぶつかり合いを感じられる訳です。まずはそのPoke & ToneとR.Kellyによる製作曲から触れます、R.Kellyのライトな歌フックにJiggaの軽快なラップが余裕たっぷりに乗る「Take You Home With Me A.K.A. Body」、爪弾くギターに合わせてR.Kellyの独特の歌い回しが炸裂する「Break Up To Make Up」、The Isley Brothers「Voyage To Atlantis」をネタ使いした哀愁メロウ曲に“これはビジネスだ、友情じゃない♪”なるフックが印象的な「It Ain't Personal」、ハンドクラップを散りばめた笛鳴るトラックに“Queen OfBitch”ことLil' Kimが姉御な貫禄でエロいフックをかます「Shake Ya Body」、完全なるアジアンテイストがR.Kelly好みの妖艶な「Somebody's Girl」、R.KellyがB2Kに提供した「Bump That」的なバウンスで上下する早口トラック「Get This Money」と、どれもそんな冒険するでもなく順当な仕上がりでちょっと一本調子な気も(辛口)。しかし彼らが製作した中で最後を締め括る「Honey」はかなり冴えています、The Bee Gees「Love You Inside Out」をサンプリングしたひんやり冷たい風合いのメロウ曲に乗っかるJay-Zのラップは魅力爆発だし、R.Kellyの美声もキッチリ活かされていて、これぞJay-ZとR.Kellyのタッグの魅力ではないかと。あとはR.Kelly単独の製作曲がありまして、殺伐としたトラックにどこか孤独を抱えた二人の声が耳に残る「The Streets」、Roc-A-FellaよりBeanie Sigelが参加した“ごーごーごごごーごー♪”のフックが隠し味の「Green Light」、Jay-Zは全く登場しないR.Kellyソロの王道エロいラブソングの「Naked」なんかがそう。特に最後の「Naked」なんかはR.Kellyの十八番、これはもうR.Kellyにしか歌えない(作れない)美曲で御馳走様としか言い様がない。あとは幕開けを飾る「The Best Of Both Worlds」がMegahertzによる製作、ドカドカと始まるイントロに電子鍵盤の不揃いな音使いがメッチャ勢いがあって、この曲が本作のベストかもしれませんね(予想)。最後を飾る「P***y」はCharlemagne製作、Lyn Collins「Mama Feelgood」使いのスカったトラックにDevin The Dudeが参加した一曲。

ハッキリ言って面白くはありません、かなり厳しい言い方かもしれませんがJay-ZとR.Kellyという王者が組んだんだからもっと凄い一枚を期待していましたし、当然出来上がるべきでした(残念)。なにも水準が低いとは言いませんが、もっと色んな楽曲に二人でアプローチして欲しかったというのが正直な感想です。相性の良い筈のTrack Mastersですが彼らも冴えなかった気がします、もっと色んなProducerに頼っても良かったのではと。でも普通にしっかりした一枚なんで安心して購入して下さいね、この二人が組んでいる時点で購入する価値は有りかと思います。