RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2005
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

A Tribe Called Quest「The Low End Theory」
ATCQ-TheLowEndTheory.jpg

今なおその輝かしい栄光が衰えることのないA Tribe Called Questの通算二作目となる『The Low End Theory』を御紹介。通算五作のアルバムを発表しているA Tribe Called Quest(以降はATCQと省略)、その中でも本作『The Low End Theory』を最高傑作と位置づける方も多いのではないでしょうか。それほどATCQにとっても重要な一枚ですし、Hip Hopの歴史の中でも重要な一枚です。
それでは早速内容を簡単に御紹介致しましょう……本作を語る上で欠かせないのが、そのJazzっぽいサウンド。これまでにも無かったし、その後にもここまで巧く綺麗にこういう世界を創出できているアーティストはいないのではないでしょうか。ベースにドラムス、時たま鳴るホーン、そういった生楽器を演奏しえいるような生温かさ、荒々しくなく優しく撫でるようなグルーヴ、全てがATCQ流のHip Hopを表現しています。まずは骨太なベース音に思わず背筋がゾクゾクするほど興奮してしまう「Excursions」、The Last Poets「Time」「Tribute to Obabi」を下敷きにしたJazz風味たっぷりの素晴らしい滑り出し。またまたベース音主軸のJazzっぽいタッチの「Buggin' Out」、こういうJazzっぽい空気感こそが本作の最大の魅力のひとつ。硬質なドラムパターンにハイハッとが鳴り、あまりにシンプルなビートが凛としている「Rap Promoter」なんか、本当に無駄がない。「Butter」では前作で感じた空気感が少しだけ蘇り、ちょっぴりメロウなメロディが綺麗で良い。「Verses From The Abstract」はまたまた音を削ぎ落としたシンプル過ぎるほどに飾りのないビートで勝負。ほんの少しピッチを上げて切り込んでゆく「Show Business」では、Lord JamarにSadat XにDiamond DとHip Hop黄金期を創り支えた鉄人MCが集結しています(興奮)。「The Infamous Date Rape」ではQ-Tipのあの鼻にかかった甘い声で“くらぁ~しっく♪くらぁ~しっく”が炸裂、誰かこのフレーズをそのまま声ネタにして一曲作ったら面白いだろうに(惜)。久々の声ネタ使いにちょっぴり嬉しくなる「Everything is Fair」、タイトル通りのJazzテイストにポワワンとメルヘンな音が遠くで鳴る「Jazz」、Paul Humphrey「Uncle Willie's Dream」をサンプリングしたファニーな音使いの「What?」と、どれもがATCQならでは音楽となっています。しかし僕の本作のお気に入り曲はやはり最後を飾る「Scenario」、理由は若かりし頃のBusta Rhymesが参加しているから(単純)。ドカドカと突き進むトラックなもんだから、Busta Rhymesの威力が充分に破棄されていて、Busta Rhymesが登場した途端にもう耳を完全奪取されてしまいます(虜)。

A Tribe Called Quest作品群の中でも、最もJazzのテイストが濃い作品で、そこがATCQの史上最高傑作と名高い所以でしょう。凄くカッコイイし確かに当時の彼らでないと創出しえない質感、でもこれがATCQ作品の中で一番好きかと言われたら僕はちょっと違うかも。それでも好きですけどね、ただ後期の作品の方が好きかもしれません。

スポンサーサイト



Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

A Tribe Called Quest「People's Instinctive Travels And The Paths Of Rhythm」
atcq-ptpr.jpg

90年代を代表するHip HopグループA Tribe Called Questのデビューアルバム『People's Instinctive Travels And The Paths Of Rhythm』を御紹介。Q-Tip、Phife、Ali Shaheed Muhammadの三人で組まれたこのグループ、彼らの曲は最近の曲でもサンプリングに使われていたりして、今でもたまに聴いたりします。という訳で、Hip Hopの歴史で見てもかなり重要な一枚となっています。
その魅力を上手く説明できないのが本当に残念なんですが……当時の空気を存分に堪能できる、もの凄く良いアルバムなんです(訴)。一応ます書いておきますと、全曲の製作をA Tribe Called Quest(以降はATCQと表記)が(というよりQ-TipとAli Shaheed Muhammadだと思うんですが)担当しています。本作で最も重要なのはやはり「Can I Kick It?」でしょう、これはもうクラシック(認定)。太いベースで繰り出される緩めのグルーヴ、そこに衝突かる鋭いスクラッチとドカドカキック、Q-TipとPhifeのシンプルなラップも聴いてて痺れる格好良さ。あの“きゃなぁ~いきっき♪”のフックは耳に残る、一緒に口ずさめば自分もATCQの一員になれた気分に(阿呆)。他の曲もどれもがシンプルなビートが今となっては逆に斬新で、聴いていてとてもクール。Jazzyな雰囲気をばっちり醸し出している「Push It Along」、The Beatles「All You Need Is Love」を下敷きにしているルパン3世っぽいノリが怪しくてカッコイイ「Luck of Lucien」、ギュルギュルと皿を回す音に一気に酩酊気分になってしまって気持ち良くなる「After Hours」はSly Stone「Remember Who You Are」をサンプリング、Stevie Wonderの名曲「Sir Duke」の一節も飛び出すミステリアスな浮遊感がヒンヤリ気持ち良い「Footprints」、Q-Tipのしゃっくりっぽい声音から始まる跳ねたぶっ飛び曲「Pubic Enemy」は楽しいの一言に尽きる、“これぞATCQ!”と思わず唸ってしまう美しくも鮮明な流麗トラックにうっとりの「Bonita Applebum」、ドラムスの音と電子鍵盤の音にQ-Tipの鼻声ラップが撫でるように優しく絡む「Youthful Expression」、Funkadelic「Get Off Your Ass And Jam」をサンプリングしたファンタジーチックでまろやかな電子音に身を委ねる「Rhythm」も最高、同じくFunkadelicの「Nappy Dugout」を下敷きにした真っ黒ソウルフルな「Ham 'n' Eggs」が渋い、Jimi Hendrix「Rain Day, Dream Away」をサンプリングした荒くファンキーな「Go Ahead In The Rain」も聴き応え充分、最後を締め括るSly & the Family Stone「Running Away」使いの「Description Of A Fool」も一筋縄ではいかない四次元グルーヴチューンで摩訶不思議な魅力が爆発しています。どの曲をとっても本当にカッコ良くて大好きなんですが、中でも僕が反応せずにいられないのが「Mr. Muhammad」ですかねぇ。理由は大好きなEarth, Wind & Fireの「Brazilian Rhyme」のあのライン、“ぱぁ~いや♪ぱぁ~いや♪”を拝借して独特のグルーヴを生み出しているから(巧妙)。EW&F使いはやっぱりズルイ、僕は反応せずにいられない(敏感)。でもこの曲ではその使い方が大袈裟じゃなくて、控えめで美しいんですよねぇ(溜息)。

今こうやって聴いても革新性に満ちていて素晴らしいエッセンスが凝縮されています、ATCQ聴いていると最近のHip Hopは似たり寄ったりのクローン曲ばかりだなぁと痛感します。どの楽曲も昔の曲を多数サンプリングしていて、どこか懐かしさを感じるんですが、しかしそこには極めて斬新で独創性に満ちたグルーヴがあるんです(賛辞)。それもこれもQ-Tipの音楽に対する探究心の深さと、感覚の鋭さの賜物なんでしょうねぇ。Ali Shaheed Muhammadも多くの素晴らしい楽曲を他アーティストに提供し続けていますし、やはり後世に残した影響は大きいですね。