RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2005
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
217位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fugees「The Score」
fug-sco.jpg

Wyclef Jean、Pras、Lauryn Hillの三人で結成されたFugeesの通算二作目となる『The Score』を御紹介。当時本当に売れに売れた衝撃の一枚、600万枚ものセールスを記録したそうですよ(驚愕)。僕はまずLauryn HillでBlack Musicに触れたので、この一枚を購入したのはそれから間もなく経ってから。高校一年生の時の行きと帰り道は、自転車こぎながらMDウォークマンでこの一枚を擦り切れる程に聴いてましたよ(懐)。
そんな歴史的大作をほんのちょっぴり御紹介しますと……まずはFugeesの頭脳であり、いまだその製作能力で楽曲を提供し続けるWyclef JeanとLauryn Hillが殆どの曲を共同製作しており、まずはそんな楽曲群から御紹介したいと思います。幕開けを飾る「How Many Mics」からして、路地裏を思わせる不穏でダークなトラックでもうガッツリやられます。Lauryn Hillの男顔負けなクールでインテリなラップが冴えていて、そこに絡むWyclef Jeanのゆるっとリラックスした歌フックも良い味付け。次の「Ready Or Not」はFugeesの最大のヒット曲で代表曲、あのEnyaの「Boadicea」を無断(?)でネタ使いして訴訟問題にまで発展した問題曲でもありますね(苦)。しかしそのEnyaの歌声がバックで絶えず揺らめくこのトラックはやはり今聴き返しても痺れる素晴らしさ、もう一曲The Delfonics「Ready Or Not, Here I Come(Can't Hide From Love)」も拝借しています。このトラックの持つ蜃気楼のような魅力と硬質なドラムパターンの融合、Lauryn Hillの歌声混じったフロウ、もうどれをとっても傑作で御座います。「Zealots」ではThe Flamingos「I Only Have Eyes For You」のドゥーワップ部分をべったりとサンプリング、これがまた不思議なグルーヴ感を生み出していて凄く面白い。細かいスクラッチに“あーあぁっあーあ♪”なる奇声が面白い「The Beast」、プツプツとレコードっぽい音にこれぞHip Hopな燻し銀な殺伐トラックがあまりにストイックな「Family Business」、どこかWu-Tang Clanっぽいアプローチを感じるアジアンテイストな「Cowboys」、完璧にWyclef Jean味な南国の風吹く「No Woman, No Cry」と、どれもが素晴らしい楽曲ばかり。しかしその中でも僕が特に好きな曲がありまして、それはRoberta Flackの同名曲「Killing Me Softly With His Song」のラインをLauryn Hillがそのまま歌う「Killing Me Softly」ですね(感動)、完璧にLauryn Hillの独壇場のこの曲、もうLauryn Hillのあの表情豊かで温もりある歌声を聴くだけで失神してしまいます。曲こそ有名なれどシンプルなドラムパターンのみなので、Lauryn Hillの歌声がより鮮明に胸に響き渡ります(涙)。あとは外部Producerによる楽曲を二曲紹介、しかしこれも絶対に聴き逃してはなりません(命令)。まずはシングルとしてもヒットした「Fu-Gee-La」、製作はNas作品で御馴染みのSalaam Remiが担当しています。Ramsey Lewis「If Loving You Is Wrong, I Don't Want To Be Right」をサンプリングしたトラックに、Lauryn HillがTeena Marie「Ooh La La La」ラインをそのまま拝借した歌フックがズルイ(反則)。でもこれが凄く良い味出してて、思わずLauryn Hillと一緒に“ふーらーらーらー♪”と口ずさんでしまいます、Salaam Remiはやはり一流ですね(拍手)。あとはあのDiggin InDa CratesのDiamond Dが製作を担当した「The Score」、硬派で緊迫感溢れる黒いトラックは流石で、最後の方ではDiamond Dもラップをかましています。

当時はその奥深さについていけてない部分もありましたが、今こうやって聴き返すと更にカッコイイですねぇ、惚れ直しました。Wyclef JeanもPrasも勿論カッコイイんですが、やはりLauryn Hillが圧倒的に輝いていて、その存在感は凄まじいですね(圧巻)。歌っても良し、ラップしても良し、そのうえ頭も良しなんですから最強です(無敵)。もう一度この三人で一枚作って欲しいですよねぇ、それが無理ならせめてLauryn Hillの作品を届けてほしい(切実)。

スポンサーサイト



Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lauryn Hill「The Miseducation Of Lauryn Hill」
lhmoc.jpg


Wyclef Jean率いるThe Fugeesの一員であり、実質のフロントマンだったLauryn Hillのソロデビューアルバム『The Miseducation Of Lauryn Hill』を御紹介。このアルバムも当時大ヒットを飛ばしましたね、日本でもCM曲に使われていたり。僕は彼女をまず映画『Sister Act 2(邦題:天使にラヴソングを 2)』で知りました、その後彼女のソロアルバムが売られているのを見つけて即購入、これが僕のR&Bアルバム第一号なので御座います(祝)。そういう意味では本当に入り口が彼女で良かった、その後こうやってBlack Musicを心底好きになっている自分がいるから。そういう意味でもLauryn Hillのこの一枚は、僕の歴史の中でも重要な一枚なんですよねぇ。
誰もが持っているこのアルバムの曲目をさらり……一応最初に書いておきますが全曲がLauryn Hillによる製作で御座います、まずは期待通りの渋さで口火を切る「Lost Ones」で幕開け。Synth BassであのJames Poyserも参加したこの曲は完全なるHip Hop曲、しかしながらこういう直球Hip Hop曲はこの一曲であとは大半が歌中心のソウルアルバムなんで御座います。傷つきながらの恋愛に囚われる切なさを切々と歌う「Ex-Factor」(Wurlitzer、Organ、RhodesでJames Poyserが参加)、Wu-Tang Clan「Can't It Be So Simple」を下敷きにしたキラキラトラックからはちょっと想像つかない悲恋に胸を締め付けられます。息子の授かった喜びを最上の美しさで優しく表現する「To Zion」は誰でも一度は耳にしたことがある筈、あまりに大きく美しいLauryn Hillの歌声(そして歌詞)に多くの母親が涙して共感できる一曲です。GuiterであのCarlos Santannaが流麗な旋律を奏でているのも素敵なエッセンス、サンプリングには「And The Feeling's Good」なる曲が使われています。跳ねて弾けるビートとコーラスが可愛らしい「Doo Wop(That Thing)」、引用や隠喩を多用したLauryn Hillのインテリ部分が垣間見れる一曲。クリエイティブでもなく一流でもないアーティストに発破をかける挑戦的な「Superstar」(サンプリングにThe Doors「Light My Fire」使用)、雨が降るような物悲しいビートがストリート仕様の殺伐トラック「Final Hour」、出だしのストリングスで一気に惹き付けられる悲恋ソング「When It Hurts So Bad」と、Lauryn Hillならではの説教にも近い深い歌詞世界が素敵なトラックに包まれて胸を打ちます。そしてあのMary J. Bligeとのデュエットとなる「Used To Love Him」の登場、Lauryn HillとMJBの組み合わせというだけでもう興奮と感動が一緒に得られるのに、そのうえ歌詞が失恋から立ち直ろうとする強い女性を描いているというのが憎い、これはMJBの魅力を爆発させる内容だから。Bob Marley「Concrete Jungle」を下敷きにしたReggae風味の強い「Forgive Them Father」なんかは、The Fugees時代に得たノウハウをフルに活かした一曲でグッド。David Axelrod「Tony Poem」を下敷きにしたGhettoを生きる事の過酷さを謳った「Ever Ghetto, Every City」なんかも、曲の作りが斬新で超お気に入り。「Nothing Even The Matters」ではなんとあのD'Angeloととろけるようなデュエットを披露、Lauryn HillとD'Angeloの相性はもうカチッと音がするほどにピッタリで、ひとつの愛を紡ぎ合うかのような優しい歌声にただただ深く深く堕ちてゆくばかり(溺)。この曲は数あるデュエット曲の中でもかなり上位に入る一曲だと思います、恋人と一緒に聴いたら愛は深まるばかりです(薦)。若者達を力強く励ます応援ソング「Everything Is Everything」では、なんとあのJohn LegendがPianoで参加していたりします(驚)。プツプツと鳴るレコードの様な音とピアノの美しい旋律に涙がこぼれそうになる「The Miseducation Of Lauryn Hill」、トラックがシンプルで控えめなだけにLauryn Hillの伸びやかな歌声を心行くまで堪能できる嬉しい一曲。最後にはBoys Town Gangの名曲「Can't Take My Eyes Off You」のカバー「Can't Take My Eyes Off You」で茶目っ気も魅せるLauryn Hill、原曲とはまた違ったLauryn Hill節なグルーヴで聴かせるこの曲も大好きです。

Lauryn Hill自らの言葉をもってして歌う“教育”に多くの黒人の子供達が学んだんではないでしょうか、僕みたいな黒人文化を解らない人間にとってもひとつの勉強になった気がします。とまぁそんな堅苦しい事はさて置いて、兎にも角にも素晴らしいソウルアルバムなんですよね、素敵な楽曲がいっぱい詰まってます。これを聴かないのは絶対に損ですよね、海に行く時でも、夜の街をドライブする時でも、家で食器を洗う時でも、勉強する時でも、どんな時でもこのアルバムがあれば素敵なひと時にしてくれます(最高)。