RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2005
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 3

OutKast「Aquemini」
Outkast-aquemini.jpg

その革新的なサウンドと奇抜な世界観で聴き手を魅了し続けるOutKastの通算三作目となる『Aquemini』を御紹介。この“Aquemini”という単語は、Big Boiの“Aquarius(水瓶座)”とAndre 3000の“Gemini(双子座)”を掛け合わせた彼らの造語で御座います。彼らの音楽は確かに、どこか宇宙学的な要素を含んでいるから納得のネーミングではあります。
それでは内容について触れてゆきますが……まずはやはりOutKast自身の製作による楽曲から御紹介、いつもながらかなり先進的なサウンドを魅せつけてくれています。まずは冒頭の“あーはっ♪べーいべ♪”なる女性の歌フックとギュイギュイ鳴るスクラッチで鼓膜を鷲掴みされる「Rosa Parks」、御存知ヒットシングル曲で御座います。軽快に跳ねながら進むライトな感触のビート、少しタイミングをずらす斜に構えたAndre 3000のラップ、途中で転調するいかにも南部っぽいハーモニカとハンドクラップの応酬、どれを取ってもOutKastらしいゴチャ混ぜトラックは見事。宇宙空間を心地良く浮遊している様な遊泳感に浸ってしまう「Aquemini」、そんな中でも超クールに早口でツイストラップを撃ち放つBig Boiの格好良さ。こういう感じの曲はThe Neptunesの専売特許って感じがするけれど、意外と本家はOutKastの二人なんでしょうねぇ(感嘆)。引き続きそういう宇宙的な空気を感じる「Synthesizer」はGeorge Clintonが参加、平坦でヒンヤリと冷たい電子音の完璧なまでの構築具合がいかにもOutKast。近未来的でどこかロボット的、聴けば聴くほど不思議な魅力を持っている一曲。と思えば「Slump」ではハミング効かせた泥臭いビートを用意、Cool BreezeにBackboneとファミリーも参加。ドラムロールから一気にユル~とまったりな異空間に放り出される「SpottieOttieDopaliscious」なんか面白い、冒頭で囁くようなハイトーンボイスで歌っているのはPat BrownことSleepy Brown。このラップなのかポエトリーリーディングか際どいラインを上手~く突くAndre 3000の曲者っぷりが今は好き(溺愛)。「Liberation」ではCee-LoにErykah Badu、Big Rubeが参加。これもまたピアノ旋律にパーカッションが鳴り響く内省的な世界観にグッと引き込まれる一曲で、ここではCee-Loがあの特異な響きを持つ喉でじっくり歌ってくれてます(痺)。Erykah BaduとOutKast(というよりAndre 3000)との絡みは聴いてて鳥肌立つほど色鮮やかで興奮する、是非二人でアルバムを一枚作って頂きたい(熱望)。最後を締め括る「Chonkyfire」はロック調のナンバー、Andre 3000とBig Boiのラップを存分に堪能できる一曲。その他にはOrganized Noizeが製作している楽曲も勿論収録、まずはダークでギャングスタなビートがMobb Deepっぽい東海岸寄りの「Return of the 'G'」。こういうシリアスでストイックなビートでも、OutKastのラップは凄まじく格好良く炸裂するのです。Wu-Tang ClanよりRaekwonが参加した「Skew It On The Bar-B」もOrganized Noize、ジャキジャキと鋭く尖ったビートに合わせて三人の攻撃的なラップが散弾する激カッコイイ一曲。Raekwonとの相性も良くて(Organized Noize製作のこのビート、やはり東海岸っぽさもちょっとあるのかも)素敵。Big Boiのソロ曲「West Savannah」もOrganized Noize製作、これもまたホーンの音が遠くで聞こえる楽器トラックで、OutKast製作曲とは違います。MasadaとWitchdoctorが参加した「Mamacita」もOrganized Noize製作、これもまた煙たいロックテイストの楽曲で雰囲気がちょっと違って良い。

やっぱり奇抜で独特のぶっ飛んだその世界観は、思わず冒険したくなる誘惑がたっぷり。でもやっぱろAndre 3000もBig Boiも格好良いんですよ、クールなんですよねぇ。最近ではもうAndre 3000が歌ってばかりでなかなかラップしないから、そういう意味でもこの頃の作品を聴き返すのも良いかもですねぇ(懐古)。

スポンサーサイト



Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

OutKast「Speakerboxx/The Love Below」
okslc.jpg


Atlantaが世界に誇るHip Hop怪物デュオOutKastの通算五作目となる『Speakerboxx/The Love Below』を御紹介。いついかなる時でも聴き手をあっと驚かせる奇抜なアプローチでぶっ飛んだ世界に導いてくれるAndre 3000とBig Boiの二人に脱帽。本作はそれぞれのソロ作品を二枚組にしたこれまた不思議な発表方法、こういう場合普通ならソロ作をそれぞれで出しますもんね。しかしこの二枚組が個々のMCとしての特性を巧く惹き出して大成功、この年の音楽賞を総なめにしていました。
それでは曲目紹介、今回は二手に分かれまして……まずはBig Boi側である『Speakerboxx』から、幕開けは相棒Andre 3000が製作した「Ghetto Musick」、電子音がギュイギュイを猛スピードで駆け抜けながらも途中で歌が入るAndre 3000らしい一曲(サンプリングにPatti LaBelle「Love, Need & Want You」使用)。Big Boiにはこういう歯切れのいいシンセトラックがバッチリ似合います。これまたシンセ音先行ながらも不可思議な世界に気持ち良く連れて行かれる「Unhappy」も良い、製作はMr.DJなる人物が担当。ホーンが鳴り響くダンサブルな一曲「Bowtie」ではJazze PhaとSleepy Brownが客演参加、Big Boi自身による製作で彼の落ち着いた低音ラップがカッコイイっす。そして本作からの大ヒット曲が「The Way You Move」、Carl Mo製作のメリハリ効いた懐かしい香りのするトラックも絶妙ながら、ここでは何より客演のSleepy Brownが素晴らしい歌声でナイスな仕事っぷりでした(そういう配置にしたBig Boiの戦略勝ち)。これはもうOutKastでしか出せない味わい、完敗で御座います。気心知れた仲のKiller Mikeを客演に迎えたロキッシュな「Bust」、Killer Mikeのラップがバシーっとキマッてます。「Church」は再びAndre 3000製作の電子音曲、あちこちの音程を飛び回りながらもきちんとまとまりのある一曲は流石はAndre 3000といった感じ、やはりBig Boiも水を得た魚状態で活き活きしてます。Konkrete、Big Gipp、Ludacrisといずれも癖のあるMCが参加した「Tomb Of The Boom」はBig Boi製作、サウス丸出しの重たいビートに全員が灰汁出し捲くりです。しかしゲスト参加曲で最強なのはやはりBig Boi製作の「Flip Flop Rock」、Killer Mikeに加えてあのJay-Zが援護射撃を放ちます(興奮)。ピュンピュン飛び交う電子音をくぐる様に一気に加速する三者のラップは快感に近いです、そして何よりJay-Zのラップがクールでもうこれだけで御馳走様で御座います。女性の歌声を配したどことなく宇宙空間っぽいトラックが癖になる「Reset」はBig Boi製作、Khujo GoodieとCee-Loというこれまた心強い客演陣が嬉しい、出来ればCee-Loにはあの怪鳥声で歌って欲しかったかな(我侭)。最後を飾る「Last Call」はAndre 3000製作でSlimm CalhounにLil' JonとThe Eastside Boyz、Melloと大所帯参加の一曲。せっかくなら最後にLil JonにCrunk曲作ってもらってお祭り騒ぎしても面白かったかも。
続いてはAndre BenjaminことAndre 3000側の『The Love Below』です、こちらは全曲をAndre 3000自身が製作を担当しており、Andre 3000の多彩な才能がギュッと濃縮されています。いきなりエレキギターの激しい音で入る「Love Hater」はすぐに一変、Andre 3000らしいJazz風味が爆発した歌モノで御座います(驚)。けして歌が上手いとは言えないですが味わい深いんです、気付けばもう既に虜になっています。ハンドクラップをあしらった「Happy Valentine's Day」なんかはもう完全にPrince流儀のノリ、これだけごった煮してもゴチャゴチャしない絶妙なバランス感覚がAndre 3000の強みであり魅力だと痛感。速度バッチリのドラムパターンに語り&サビ歌&高速ラップを乗せる「Spread」、ぶっ飛ぶ快感ここに在りです。Andre 3000でなくAndre Benjaminが一人のシンガーとして丁寧に歌い上げる「Prototype」、もうこれはHip Hopじゃないですから(笑)。ここで聴かせるどこまでもハイなファルセットヴォイスは昇天モノ、D'AngeloやBilalも顔負けの世界観にどっぷり浸かります(溺)。Rosario Dawsonをゲストに招いた異空間彷徨うThe Neptunes系統の「She Lives In My Lap」、サンプリングにGeto Boys「Mind Playing Tricks On Me」とVolume 10「Pistologrip Pump」を使用。そして特大ヒットとなった「Hey Ya!」が満を持して登場、もうこれはAndre 3000でしか創り出せないハッピーチューンで最高の一言に尽きます。これは完璧にHip Hop界に一石を投じましたね、いやHip Hopではないんですよ純粋には、でもHip Hopの枠を大きく拡げた歴史的な一曲。聴いた瞬間にいまだに踊りだしてしまいます、Andre魔法の一曲です(賛辞)。そして僕が本作中最も大好きなのが「Roses」、Andre 3000の下手くそな歌声(褒言葉)と癖になるフック、どことなく懐かしいソウル詰まったトラック、学園祭をモチーフにしたPV、どれを取っても最高でこの曲はかなり好きです(激薦)。今は亡きAaliyahの有名曲「Age Ain't Nothing But A Number」(R.Kelly製作曲)を冒頭に挿入した「Pink & Blue」、ここでもAndre 3000の変態な歌声(褒言葉)を惜しげなく披露。夢世界に導かれる「Love In War」、ゆったりとしたグルーヴに身を委ねる「She's Alive」とAndre 3000の世界は無限に広がるばかり。そしてここで初めて外部ゲストを召還、Kelis嬢を迎えての妖しさ満点の「Dracula's Wedding」、うねり宇宙的な電子音にKelisなんか参加するとThe Neptunesっぽさもほんのちょっぴり感じたりします、しかしKelisの超クールな歌声がピッタ合致してグッドです。そしてもう一人あのNorah Jonesをゲストに迎えてブルージーにギターを爪弾く「Take Off Your Cool」もあったか心地よくて素敵な一曲、Andre 3000の泣きのファルセットもここまでくると素敵、もう少し曲が長くても良かったかも。「Vibrate」なんかはもう殆ど演奏でAndre 3000のボーカルはちょっと挟まる程度、最後を飾る「A Life In The Day Of Benjamin Andre」でようやくAndre 3000のラップらしいラップを聴けるんです、それまでは摩訶不思議な癖ある楽曲と添えられた程度のAndre 3000の歌声で彩られています。

OutKast双方の魅力を深く追求した面白い一枚、ゲストを多く招き現代のHip Hop要素を自己流に昇華したBig Boiも素晴らしいし、完全に芸術家肌でHip HopにJazzにSoulにFunkといった様々な要素を融合させたその世界観で独自の音楽を創り出したAndre 3000も素晴らしいですね。それでも個々に活動せずにきちんとOutKastとして作品を発表する二人の絆には感動で御座います。