RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Inspectah Deck, 7L & Esoteric「Czarface」
Czarface.png

Wu-Tang Clanの一員であるInspectah Deckと、アンダーグランドで活躍する7L & Esotericがタッグを組んで制作されたコラボ盤『Czarface』を御紹介。Wu-Tang Clanの中では地味め(?)な扱いながらも、Hip Hop好きならば確実に要チェックしているのがInspectah Deck(いや、まあWu-Tang Clan一派のMCは皆が要注意なのですが)。Wu-Tang Clanの面々がごそごそと再び動き出している今、Inspectah Deckがコラボしたのは共演経験もある7L(Producer)とEsoteric(MC)の白人コンビ。最近はこういうコラボ盤が多いですねー、下手に客演の多いアルバムよりはこういうガッツリとタッグを組んだものが良いと思います。あとこのアメコミ全開なジャケットがあまりにも格好良くて痺れ上がる、手掛けたのはLamour Supremeなる人物だそう。
それでは感想を書く前にこれは危険だと警告だけしておきます・・・・・・まず述べておきますと、全曲の制作をDJ 7Lが行っており、数曲で共作となっております。そして肝心のラップではInspectah DeckとEsotericがマイクを回すのが基本。まずはポカスカと叩くジャングルチックな「Czarface Intro」で幕開け、もうここから雰囲気たっぷりで飲み込まれる。SPADA4と共同制作した「Air 'Em Out」は、なんだかM.O.P.っぽい強面な合いの手がホイッスルみたくつんざめく感触が硬派。それに負けず埃っぽくザラザラした硬質なドラムスビートをドカズカと蹴り上げる骨太なビートが最高、前のめりにガツガツと攻める二人の轟々としたラップも最高。Roc Marcianoが客演参加した「Cement 3's」もSPADA4との共同制作、これはバンジョーみたいな弦音をジャガジャガと掻き鳴らしたどこかエスニックなトラックで、ザクザクと単調なだけにラップが引き立つ仕上がり。後半で登場するRoc Marcianoの危険極まりない陰湿なラップもさることながら、やっぱりブリッジに使われているODBのクレイジーでホラーなヴォーカルが一番効くという(一撃必殺)。同じくSPADA4との共同制作である「Czar Refaeli」ではOh Noが客演参加、ズタンズタンと溜めを効かせて放つ銃弾のように鋭いビート、Wu-Tang Clanに通ずるような仄暗くて煙たく不穏なメロディの揺らめきが無骨、地味、拳のような熱さと破壊力。冒頭でちょっぴりカンフー映画の一説を拝借する「Rock Beast」は、電子鍵盤のブアーーーーと伸びやかにジワジワ滲むメロディとバツバツに弾く硬質ビートの掛け合わせが王道、聴いていくと自然と頭をもたげながら上下にカクカクとリズムを取る自分がいます(脈々)。90年代初期を思わせる、一部分カットのループのみで構築するドープなビート(死語)が厳つく鼓膜を揺さぶる「Savagely Attack」も最高で、Ghostface Killahまで参戦してズタボロに鼓膜を叩きのめしてくれる衝撃は神懸かり的な快感です(阿呆)。ブイーーンと伸び切ったゴムみたいな曲線ビートに単発的な鍵盤音が、チープなんだけどれどノコギリ派みたいな鈍い斬れ味を発揮する「Marvel Team-Up」も面白い。再びSPADA4と共同制作した「It's Raw」ではAction Bronsonが援護射撃、これがもう男男男なマイクリレーで荒野のように暑くムサくて荒れていて辛い(笑)。ただ、息つく間もなく韻を踏み繋げるInspectah Deckの力量には感心するばかり、やはり隠れた実力者ですね。ソウルフルな音色をバフバフと吐き出しながらも怒濤のビートに乗せて驀進する「World War 4」もノンストップ、振りかぶって斬りかかるような捨て身なメロディが恐ろし美しく輝く刃ビートな「Dead Zone」とどちらも身構えないと一発でみぞおちに入りそう。もはや旋律はなくひたすらビートを積み重ねて、ライムを吐き捨てて、あっという間にリスナー大殺戮を完遂してしまうダークでヘヴィーな「Poisonous Thoughs」では、まさかのMr. MFN Exquireが援護射撃で登場。この曲は後半でいきなり転調するんですけれど、この作りなんかも昔のアングラな雰囲気が滲んでいて(初期のTupacっぽい)キナ臭さがとってもイイ感じ。Wu-Tang ClanからCappadonna(此奴もかなりの猛者で手強い)とVinnie Pazが客演参加した完璧にカンフー仕様な「Shoguns」は、不協和音的に響くストリングスがいかにもな不気味さを駆り立てる一曲。「Hazmat Rap」なんかはブインブインとぶれた電子音の不穏な響きがKid Cudiが好きそうな空気、最後を飾る「Rock Beats (Death Czar Mix)」はロック仕様に塗り替えられたトラックが新鮮で“一粒で二度美味しい”を実現しています。で、一曲飛ばして書いたのが「Let It Off」で、この曲はなんとDJ Premierが制作しております。ゲバゲバと啼くスクラッチと漆黒図太いビートのループと(声ネタにはNasが引用されているな)、なんら実験性のないトラックでかなり地味なんですが、やっぱり30代の僕にとっては感慨深さが手伝ってしまう一曲かと(笑)。

スルーされている気がするけれど、普通にカッコイイしやはりWu-Tang Clan好きならば確実に入手すべき。最近はこういうHip Hopって本当に無いから、若者の方が逆にとっても新鮮に聴けるでしょうね(羨)。Hip Hopを聴き始めた頃のあの熱さをじんわりと思い出させてくれる一枚、こういう武闘派MCが点々と居る、そう思わせてくれるだけでゾクゾクします。


スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

 Czarfaceいいですよね。最近新譜ばかり聴くようになってお金に困ってますが、Czarfaceはこの半年間に出た作品のベスト5に入りますよ。ベストトラックは『Cement 3's』です。『Air 'Em Out」のPVも面白かった(Deckの演技?が微笑ましい)し、Roc MarcianoやAction Bronson、Vinnie Paz(Jedi Mind Tricks)といった達人芸も見物。Wu-Tang関連モノとしてはGhostfaceやMasta killaよりインパクト大だと思います。U-Godはお金ないのでスルー予定ですが・・・。

 ただ正直なところ、この作品で耳を引くのはDeckよりEsotericでしょう。Esoteric完璧!ディスクユニオンで偶然見かけた7L & Esotericの12年前のアルバム「The Soul Purpose」も思わず買ってしまいましたが、'00年前後の作品にありがちな長すぎる収録時間を除けば、ほぼ満点の素晴らしい内容でした(Deckも参加してます)。

 7L & Esoteric名義だけでなくEsotericのソロ、それにDemigodzなどの大所帯のサイドプロジェクトも合わせるとかなりの量の関連作があるようなので、これからの楽しみが増えました。
J-HOODの伯父さん、コメント有り難う御座います!
僕も本作でEsotericを知ったのですが、俄然気になる存在になりました!というかInspectah Deckに関しても、ソロを一枚持っているぐらいで、ハッキリ言ってよく分かっていません(苦笑)。

最近はWu-Tang一派が暗躍していますねー、本当に嬉しい限りです......ふふふ。

Leave a Comment