RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
263位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Field Mob「Light Poles And Pine Trees」
fm-lpptc.jpg


Field Mobの通算二作目となる『Light Poles And Pine Trees』を御紹介。本作からField MobはLudacris率いるDisturbing Tha Peaceからのリリースという事で、地も固まって最高のタイミングでの発表となりましたね。念のためもう一度メンバーを紹介しますと、SmokeとShawn Jayによるラップデュオで御座います。
それでは気になる内容に触れてゆきますと……本作では最多の8曲をKen Joなる人物が製作しておりまして、ますはそんなKen Jo製作曲から御紹介していきます。まずは幕開けを飾る「1, 2, 3」、サウスらしいスクリュー声にガマ蛙のような低く響く音が気持ち悪いキワモノトラックで登場。これまたスクリュー使いの「My Wheels」は南部のドロっとした曲かと思いきや、フックは甲高く昇天する歌声を披露、ここら辺りがちょっとOutKastと被ったりするんですよねぇ。Nikki "Blackberry" Gadsonなる女性シンガーのボーカルが素敵な「Blacker The Berry」は、2Pac「Keep Ya Hands Up」から2Pacの声をサンプリングした流麗な美曲(涙)。「I Hate You」はKelis「Caught Out There」を拝借、Rockテイストたっぷりながらもどこか大人しい電子音はThe Neptunes名残りなのかな。細かく構築されたシンセサイザーにスクラッチ、どこか小宇宙っぽい空間を泳ぐ「Eat 'Em Up, Beat 'Em Up」は、本作でのKen Jo作品でも最も面白くてしっくりくる一曲。Field Mobの軽いボーカルを良い意味で浮かせていて聴いてて漂ってしまう、こういう感じもどこかOutKastっぽいノリ、爪弾くギターも入っててそこもツボだったり。バチバチドカドカと突き進む「Pistol Grip」も面白い、これなんか50 Centなんかが演るとまた違ったギャングスタ曲になって面白そう。「Sorry Baby」では御仲間であるBobby Valentinoが甘くて切ない歌声を惜しげなく披露、これはもう完全にBobby Valentinoの手柄といいますか、そんなトラックに捻りはないいですがBobby Valentinoが魅了を倍増させています(好物)。最後を飾る「It's Over」は悲哀に満ちたどこか悲劇的なトラックで、トラック自体にはそんな惹かれるものがないんです。がしかしここで喉を奮わせて感情込めて歌い上げるStevie J.が要注目な実力派、名前は聞いた事ある気がするんですが……誰だっけ。これらがKen Jo製作のトラック(一部割愛)、あとはそれ以外のProducerによるトラック。まず「So What」は本作からの先行シングルでJazze Phaが製作を担当、ヒンヤリとしたクールな電子音が浮き沈みするJazze Phaらしいトラックに華を添えるのはCiaraの歌声。いまいちCiaraが歌上手いのかどうかは疑問ですが、こういうヒンヤリした歌声出せるのはCiaraの魅力の一つではないかと思います。Nice & Smooth「Hip Hop Junkies」使いのピコポコトラック「Baby Bend Over」はなかなかの曲者なPolow Da Donが製作を担当、Field MobのYing Yang Twinsばりの囁きと細かく震動して刻むフックがなんとも癖になるトラック(中毒)。Polow Da Donはもう一曲「At the Park」も製作、あのKeri HilsonのBack Vocalも手伝って素敵な疾走感を演出する事に成功、てかこれはKeri Hilsonの手柄かなぁ(流石)。Ole-Eが製作したJames Brown「It's A Man's Man's Man's World」サンプリングの「Smilin'」では首領Ludacrisが満を持しての参戦、ちょっぴりソウルフルでゆったりなトラックにこの三人が絡むと灰汁が強くて飲み込まれる。ここで驚いたのが思った以上にLudacrisが目立ってない事、Ludacirs云々でなく単にField Mobが全く喰われない存在感で対峙しているのが凄い。

前作『From Tha Roota To Tha Toota』が期待してなかった分、凄まじく素晴らしい内容だったので、本作は個人的には不満の残る結果だったかもしれません(残念)。最近の時流からしたらこういうアルバムに必然的になるのかもしれませんねぇ、ただ前作の方がよりメロディアスでライトで聴き易かったしノリ易かったと思います。次回作に期待したいと思います、前作と合わせて聴いて御判断頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

読んでいて楽しかったです!!
初めて拝見させて頂きました!!
Field Mobのこのアルバムが非常に気になっていたので
読んでいて楽しかったです!!

ちなみにですが、このブログの最初の分に
「Field Mobの通算二作目となる『Light Poles And Pine Trees』」と書いてありますが、通算3作目ではないでしょうか??
2000年にスタジオアルバム『613: Ashy to Classy』をリリースしているので、、
でも俺の勘違いかもしれないので
間違ってたらすみません><

これからも色々なアルバムのレビュー見させて頂きます!!!
crowsさん、コメントありがとうございます!
楽しいと言って頂けただけで、光栄です涙。
今読み返すと、やはり稚拙な文章で薄っぺらですが、Field Mobは何も悪くありません(笑)。

本当ですね、僕は2ndを1stだと思っていました!
これはデビュー盤もゲットしなければ……。

また良かったら遊びに来てください★
音楽談義したいです!

Leave a Comment