RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
49位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Eminem「Revival」
eminemreviv.jpg

Rap界の永遠の神童にして悪童、Eminemの通算九作目となる『Revival』を御紹介。様々な話題を振りまきながら(良し悪しも愛嬌)ずっと最前線に立ち、ベテランMC達も口を揃えて最高のMCだと賞賛されるのが、この神懸かりなまでにスキルフルなEminem。前作は原点に立ち返るような続編『The Marshall Mathers LP2』だったのですが、次なる本作は『Revival』と来ました。本作の発売前にはトランプ政権を批判するキレキレのサイファーでも話題になり、全員の期待値もガンガンに上げて、かなりサプライズに近い形で発表された覚えがあります。
それではざっくりと感想を書いてみたいなと思います・・・・・・まずは伝説のProducerであるRick Rubinが制作を担当した「Walk On Water」では、Beyonceが客演で参加といういきなり豪華な幕開け。Johnny Cashも手掛けたRick Rubinならでは仕込みな鍵盤音とストリングスが清廉と響き渡るトラックは、どこまでも澄んだ水面のように滑らかに輝きを湛えます。その上を静かに説くよう繰り出すEminemのラップはまるで雫のようだし、Beyonceの神々しく優しい歌フックはまさにオアシスそのもの(潤)。Eminemが制作した「Believe」はやはり彼らしい氷雨のように冷たくチクチクと尖ったシリアスな鍵盤チューンで、その雨の中を弾丸のようにヒュンヒュンと音を立てて突き刺すEminemのラップが超絶とクール。Mr. Porterが制作を担当した「Chloraseptic」では客演にPhresherが客演で参加しており、少しノイジーにのたうつ様に響くダークシンセがEminemの毒々しいラップと共に、聴き手の神経に侵入し蝕み破壊するのが痛快。Phresherの歪で破壊的なラップがフックで骨まで砕いてくるのも最高。EminemにMr. Porter、Mark Batson、Emile Haynieが共同制作した「Untouchable」では、The Cheech & Chong「Earache My Eye」やら何やらをサンプリングしまくった継ぎ接ぎなアッパー。ガリガリにエレキギターを鳴らして電撃の様に鼓膜を感電させて痺れさせるEminemは最高で、かと思えばMasta Ace「Born To Roll」をネタにズルズルと擦ってビートダウンしてEminemもメルトダウンし、終盤ではオカルトみたいな仄暗いガクガクの鍵盤をバックに鋭利なラップで真空斬りしてくる始末。Emile Haynieが制作した「River」ではEd Sheeranが客演参加、ツタツタと叩く降りしきる雨音のようなドラムビートに、冷たく悴む様にヒリヒリと痛いEminemの深く刺さるラップと、横殴りの風のように鼓膜を叩き吹き抜けるEd Sheeranのヴォーカルもグッドで、やがて痛みがうねり大河となり氾濫するのを鼓膜で感じるのみ。大ネタ中の大ネタであるJoan Jett and the Blackhearts「I Love Rock 'n' Roll」を使用した(かつてファンだったBritney Spearsへの目配せか?)「Remind Me」は、やはりこういう王道ロックのブレイクビーツでRun DMCを大成功させたRick Rubin御大が制作を担当。やはりここまでべったりな大ネタサンプリングだとEminemと言えども単調に感じてしまい、自分的にはこれがアルバムを失敗と印象付けた気がしたり(文字通りリバイバルなのだろうけれど)。「Like Home」はまさかのJust Blazeが制作を担当し、客演にはAlicia Keysが参加。やはりこういうキラキラと輝きを加速させる夜明けのようなトラックで、Alicia Keysの品格漂うヴォーカルで高らかと歌い上げると、どこかJay-Z「Empire State Of Mind」の二番煎じみたいになってしまう恐ろしさ(惜)。と文句を付けつつもこの布陣が弱い訳もなく、追い風を受ける様にぐんぐんと上昇して光を裂くEminemの不死鳥のようなラップは燃え盛り美しい。Alex Da Kidが制作を担当した「Bad Husband」ではX Ambassadorsが客演で参加しており、このコンボがなかなか格好良くて本作でもお気に入りの一曲。やはり凍えるように冷たい零下ミッドでのEminemの悲しくて刺々しいラップもシンクロしているし、X Ambassadorsの木枯らしのように寂しげなヴォーカルもナイス。Alex Da Kidが制作し、もはやEminemお抱えになっているSkylar Greyが客演参加した「Tragic Endings」も既定路線で、淡々と行進するようなドラムビートにザクザクとメッタ刺しするようなEminemのラップが悲劇的で美しい。本作でも唯一Eminemが狂人化していてビリビリと鼓膜が痺れるのが、FredWreckが制作した「Framed」で、音程やピッチをくるくると変化させる事で挙動不審で火花めいたラップを体現するサイコなEminemの独壇場。Rock MafiaとHit Boyが共同制作した「Nowhere Fast」では、Kehlaniが客演参加。躍動感溢れるストリングスの金色の波の中で、Eminemの鋭くスピーディなラップで華やかなKehlaniの歌フックが舞い散る様が美しい。Run DMCとThe Beastie Boysをダブルでネタ使いした「Heat」はRick Rubinが制作を担当、これは王道過ぎてチープ寸前に感じてしまう辛さ。Illadaproducerが制作でCharles Bradley「In You (I Found A Love)」をサンプリングした「Offended」は、まるでマシンガンかミシンでバツバツと裁縫するように秒速で撃ち続けるEminemがキレキレ。Alex Da Kid制作でP!nkが客演参加した「Need Me」は、P!nkのラフでざらっとしたヴォーカルがヴィンテージな風合いを出す放浪ミッドで、こういう乾いた大地を踏み割るようなトラックにもEminemは合う。Scram Jonesが制作を担当した「In Your Head」は曇天に雨粒が吹き晒すようなコールドミッドで、ゆっくりと捻れてドリップするようなEminemの濃厚で毒々しいラップが硬いビートと共に侵食する「Castle」はDJ Khalilが制作を担当。最後を飾るのはRick Rubinが制作を担当した「Arose」なんですが、これがここ日本では結婚式なんかで流れやすいBette Midler「The Rose」のサンプリングで、確かに素敵な曲だけれどなんだか拍子抜けしてしまう(Eminemが使うと余計に)一曲。ただ後半に転調するところはいいんだけれど、時すでに遅し。

本作のEminemのラップは喩えるならば、勇者の聖剣といった感触なんです。僕としてはやはりまだどこか、愉快犯の振り回す刃物のような危なかしいラップが聴きたくて、その点が人間として円熟味を増したEminemでは物足らなくなるという僕のワガママ(苦笑)。大ネタ使いするのはEminemならば毎作とそうですが、本作ではその大ネタがあまりにも大ネタ過ぎて、狂人度が薄まったEminemと相まって面白みを下げた気がします。いや、けしてRick Rubinが悪いわけではないのです、けして(頑)。サウンドアプローチ的には僕のお気に入りのアルバム『Recovery』と非常に近い気がするのですが、なぜだか僕も世間様と同じく本作はそこまで聴かなかったという不思議(『Recovery』も世間様の(特にEmihemファンからの)評価は低かった気がする)。先日サプライズでリリースされた『Kamikaze』はいろんなMCを攻撃しまくる事でリスナーも興奮し高評価みたいなので、その点は世間様もそうなのかな。ただ、そうは言ってもEminemですから、本作も余裕でカッコイイのは確か。








スポンサーサイト



テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽